UAEへの人材輸出3ヶ月以内に再開

引用元:FEオンラインレポート|公開日:201842317:39:54

アラブ首長国連邦(UAE)は、今後3カ月以内にバングラデシュ人労働者を募集すると、月曜日にヌール・イスラム外国福祉大臣が発表した。

彼は、ダッカとアブダビの間で締結された最近の取引について、市のプラバシ・カラン・バンバンでの記者会見の席で述べた。

契約によれば、アラブ首長国連邦(UAE)は19のカテゴリーで国内の補助部門の労働者を雇用する。

カテゴリーとしては、家庭教師、民間船員、警備員、羊飼い、運転手、鷹匠、家政婦、料理人、乳母、家庭労働者、農家、庭師、私的コーチ、農家、私的看護師、駐車場労働者等がある。

ヌール・イスラム氏はまた、湾岸諸国は、資格のある人材採用者を選び、彼らの国に労働者を連れて行くと述べた。

しかし、閣僚は、労働者の送付プロセス、移住費用およびその他の関連問題を確定するために、すぐに共同作業委員会が結成されると述べた。

「政府からの発表の前に、労働者は人材採用担当者と契約を交わすべきではない」と彼は指導者に助言した。

2012年以降、アラブ首長国連邦はバングラデシュの人材派遣を中止したが、政府はアラブ諸国の権威と交渉し、今回再開の運びとなった。

バングラデシュ政府代表として署名した外国福祉長官ノミタ・ハルダーは、一部のバングラデシュ人労働者がUAEの犯罪活動に関与していると報道した。

アラブ首長国連邦(UAE)は、違法行為を理由にバングラデシュから労働者を派遣することを遅らせている、と彼女は言った。

人材雇用訓練局(BMET)によると、230万人以上のバングラデシュ人民が、1976年から20183月までの間、石油で潤う国の雇用に恵まれた。

BMETのサリム・レザ(Salim Reza)長官は、ブリーフィング中に他の高官の中にいた。

カテゴリ記事