イスラム開発銀行がローコスト住宅向けに94.7百万ユーロを融資

引用元:The financial Express

公開日:201822013:41:30

 

イスラム開発銀行(IDB)は最近開催された取締役会で、バングラデシュ郊外向け融資を承認したと、経済関係部門の関係者がbdnews24.comに語った。

「我々は首相からIDBとの合意を確定するための許可を求めた。合意に至るとすぐに調印される」「この契約は、41日~5日のチュニジアで開催されるIDBの年次会議で署名される可能性がある」と彼は述べた。

17日、IDBはアマ・ムヒス(AMA Muhith)財務大臣に対し、2件のプロジェクトについて約束した17550万ドルの借入金の撤回についての書面を送った。

2件のプロジェクトとは、前払い計量システムプロジェクト15550万ドル、低所得都市コミュニティプロジェクト2,000万ドルである。撤回の理由は、銀行のAAA信用格付けを維持するためであり、各プロジェクトの実施に予想以上の時間がかかっているため、決定が下されたと述べた。

IDBは、ローン撤回を理由に書簡を送った後に開催された第1回理事会で、バングラデシュに融資を付与したとERD関係者は述べた。

この9,470万ユーロのプロジェクトは、郊外や地方の低所得者のための住居施設を建設し、生活水準を向上させることを目的としている。

政府は2%の利率で18年以内に8510万ユーロを返済する必要がある。それには2年間の猶予期間があある。残りの9.33百万ユーロは251.35%の利率で、7年間の猶予期間がある。

カテゴリ記事