ロボット市民ソフィア、バングラデシュを訪問

 最近サウジアラビアの市民権を取得した世界初のロボット市民であるソフィアが、125日にバングラデシュに製作者とともに到着する。

 彼女は、126日からダッカのバンガバンドー国際会議場(BICC)で開催される南アジア最大のテクニカルショー「デジタルワールド2017」に参加する予定であり、その初日に登場する。

 ソフィアは、理解や怒りなどの感情を表現することができ、誰かが彼女に話しかけると、彼女はそれを理解しようとする。彼女は世界、文化、哲学について考えることができ、人工知能、ビジュアルデータ、架空の機能、機械学習を駆使して、自分で意思決定し人々の質問に対応することができる。外見は女優のオードリー・ヘップバーンのようである。

ソフィアは2015419日に誕生し、今年の1011日、彼女は相互交流のために一般公開された。

引用元:The Daily Observer

公開日:1128日(火曜日)、1024 PM

カテゴリ記事