PwCバングラデシュ、約500名のバングラデシュ人の雇用を計画

PwCバングラデシュ、約500名のバングラデシュ人の雇用を計画

多国籍プロフェッショナルサービスネットワーク、プライスウォーターハウスクーパース(以下PwC)は、4月21日(木)、アドバイザリー・税務関連サービスを提供するダッ​​カ事務所をグルシャンI地区に開設した。

AMA ムヒト財務相は、ロンドンに拠点を持つこの国際的企業の新オフィスのオープニング・セレモニーに出席。在ダッカのイギリス高等弁務官アリソン・ブレイク氏、在バ米国大使館首席公使デビッド・ミール氏も参加した。

PwCバングラデシュは、税務、法医、サイバー・セキュリティ、デジタル及びインフラについてのアドバイス、及び関連サービスを提供する予定だ。

PwCバングラデシュのディーパック・カプール会長は、就任の挨拶に寄せて、「バングラデシュ経済は力強く成長し続けている」と述べ、「我々は、今が様々な業界・業種にまたがる全てのPwCサービスを本格的に提供する、最も適切な時期であると判断した」と語った。

カプール会長は、多国籍企業、民間団体及び政府機関と密接に連携することを明言。「特に税務、法医、サイバー・セキュリティ、デジタル及びインフラの分野には、計り知れないポテンシャルを感じている」と付け加えた。

PwCバングラデシュのディレクター、アビジット・ムカージ氏は、「現在我々がフォーカスしているのは、我々のクライアントが時代を先取りできるよう、迅速に規模を拡大すると共に、現地市場とグローバルトレンド双方において、適切な理解に基づいたソリューションを提供することである」と語った。

PwCバングラデシュは今後5年間で、様々な学歴を有する、エンジニア・マネージャー・公認会計士を含む約500人の専門家を募集し、育成する計画だ。同社はまた、各業界対応の専門家をグルーミングするため、バングラデシュ公認会計士協会(ICAB)などの地元専門機関とも連携していることを明かされた。

PwCバングラデシュのマネージングディレクター、マームン・ラシッド氏は、「PwCは、この新しいダッカオフィスを通じて、バングラデシュの顧客、現地の人々、及びコミュニティと長期的な関係を構築することを望んでいる」と述べた。

「我々の計画は、バングラデシュの優秀な人材を登用し、プロフェッショナルな専門家チーム構築することです」と同氏は語った。

PwCは、世界最大のプロフェッショナルサービス企業であり、世界157カ国にネットワークを持っている。

カテゴリ記事