「バングラデシュは正しい方向に向かって進んでいる」、64%

「バングラデシュは正しい方向に向かって進んでいる」、64%

国際共和研究所(IRI)の調査によれば、バングラデシュ国民の大半は、「自分たちの国は、正しい方向に向かって進んでいる」と考えている。

回答者のうち64%が、政情不安や生活必需品の値上げ等があったものの、この回答を選んだ。2013年11月の調査では、同回答を選択したのは33%だった。逆に、「国が間違った方向に進んでいる」と答えた人の割合は、2013年11月の64%から、昨年11月の時点で32%に半減している。

調査研究の分析を行うIRIの調査は、昨年10月30日〜11月19日の間に実施された。調査結果は昨日公開されたばかり。

今回の調査結果は、軍隊、メディア、地方自治体、バングラデシュ緊急行動部隊(RAB)*などに対する、回答者の支持率が非常に高いことを示している。

いっぽう、「国が間違った方向に進んでいる」と回答した人の多くは、政情不安や生活必需品の値上げに言及している。「正しい方向に向かっている」と回答した人も、教育・輸送システムの改善等、より良い経済の発展を望んでいる。

バングラデシュ国内の現在の治安状況について、回答者のうち80%が「安定している」と答えている。このうち18歳以上2,550人を対象にした聞き取り調査によると、「非常に良い」が29%、「やや良い」が51%となった。
また、政治的安定度について、70%は「ある」と回答し、このうち半数が「年内に改善の見込みがある」と答えた。

*バングラデシュ緊急行動部隊(Rapid Action Battalion, RAB)……バングラデシュ警察による、犯罪抑止・反テロを目的とした精鋭特殊部隊。バングラデシュ警察、バングラデシュ陸・海・空軍、バングラデシュ国境警備隊、バングラデシュアンサール(警察予備隊)のメンバーによって構成される。2004年3月26日結成、同年4月14日始動。これまでに3,149個の違法な武器、36,000個の弾薬を押収しており、500件以上の逮捕を行っている。(Wikipediaより一部)

カテゴリ記事