熟練労働者の輸出、縮小傾向

周辺国が高賃金の仕事の恩恵を受けている中、バングラデシュの熟練労働者の数は、ここ十年間で低下している。2014年の45%から、2015年は36%に落ちた。

国の送り出した労働力数は2014年が42万5,000人で、そのうち14万8,000人は業者であると、BMETデータが示している。 BMETデータは、専門家の数は2005年に送りだされた労働力数は1.0パーセントであり、2014年には0.4パーセントに落ちていることを明らかにした。

アジア最大の労働輸出国のフィリピンでは、ネパールで22%なのに対し、送金の流入はGDPの12.2%を占めた。バングラデシュではわずか7パーセントである。フィリピンは10年前は年間労働力40パーセント未満だったが、現在では熟練業者の60%以上を排出している。駐在員福祉や海外就業メリーランド州のハズラットアリ省の事務官は、「熟練労働者の数は2013年まで減少していたが、昨年は増加し始め、この傾向は継続されるだろう」とFEに語った。また、「政府はバングラデシュ海洋技術研究所(BIMT)を含む38の訓練機関を通じて8万人を訓練している」と述べた。BMETによると、毎年、推定40〜50万人が移民する一方、国民の約900万人が海外で居住している。

カテゴリ記事