ランガマティ県で8歳少女が暴行

ランガマティ県で8歳少女が暴行

ランガマティ県で8歳少女が暴行される事件が発生した。加害者は逮捕され、被害者の少女は一命をとりとめたものの、医療費の負担が大きく、彼女の医療費をサポートするための寄付サイトが立ち上がっている。
※なお各メディアでは10歳と報道されているが、寄付サイトの関係者によると実際には8歳とのこと。

1月14日(水)、8歳のジュマの少女がランガマティ県のカオハリで暴行を受けた。
警察はアユーブ・アリ(40)をこの事件に関係しているとして逮捕した。
情報源によれば、被害者はカオハリ公立小学校の2年生で、地元の店から帰宅途中にアユーブにジャングルに連れ込まれ、暴行されたという。
被害者の父親は、「私の娘は学校から帰ってすぐ、制服を着替えて日用品を買いに出かけました。彼女が帰る途中で、田んぼで働いていたベンガル人入植者のアユーブは娘を襲ったのです。」
被害者は重傷を負ってカオハリ医療総合施設に運ばれ、より良い治療のためチッタゴン医療大学病院に移された。
カオハリ警察署の責任者であるニル・カンティ・ボルアは、被害者の父の訴えを受けてすぐにアユーブ・アリを逮捕した。被害者は加害者の顔を覚えており、警察は「被害者の治療が終われば適切な措置をとることになるだろう」と述べた。

Help 8 year old rape victim survive in Bangladesh

カテゴリ記事