ダッカ郊外でイスラム教徒の集会 140万人が参加

ダッカ郊外でイスラム教徒の集会 140万人が参加

バングラデシュ・ダッカ郊外のトンギで9日からイスラム教徒たちの集会「ビッショ・イジュテマ/エステマ(Biswa Ijtema)」がスタートし、警察当局によれば推定140万人が参加した。

毎年開催されるこの集会は、メッカ(Mecca)のハッジ(Hajj)に次ぐ、世界で2番目に大きなイスラム教の祭典であり、集まった熱心な信者たちが川岸で大規模な礼拝を行う。11日まで3日間行われ、帰路の列車は出席者で上記写真のようなすし詰め状態になった。

カテゴリ記事