ダッカに「ロボットレストラン」が開業

 バングラデシュ初となる「ロボットレストラン」がダッカでオープンした。

 このレストランはミルプール・ロードのアサド・ゲートにあるファミリー・ワールド・コンベンション・センターの中にあり、ロボットが料理を配膳する。15日水曜日に記者会見があり、16日木曜日から一般顧客へのサービスが開始される。

 ロボットは、中国のロボット制作組織HZX Electronic Technology Companyが技術サポートを行う。

 「沢山の人がロボットレストランにご来店いただき、ロボットサービスを体験してもらいたい」と店長のラヒン・レイヤンさんは話した。

 同氏によると「ウェイターは仕事のあと疲れますが、ロボットがお客様にサービスを提供することでウェイターの負担を減らすことができ、より良いサービスを提供できます。またこのような環境は、様々な世代の人の楽しみになるだろう。特に子供たちにとっては、キッズメニューがユニークなアトラクションになるため、大きな楽しみになるだろう」と話した。

 なお料理の価格はリーズナブルな水準になるそうだ。

 レストランには、顧客に食べ物を提供するために2台の人間型ロボットが設置されており、「ロボットで食べ物を注文するオプションを徐々に公開する」そうだ。

HZX Electronic Technology CompanyCEOであるMax Schwarz氏は、「バングラデシュでロボットのデジタル化にあらゆる種類の支援と協力を行うことを約束し、準備しています」と述べた。

ちなみに、このレストランの各ロボットの価格は$ 8,000$ 10,000である。

引用元:The Daily Observer

公開日:20171115日水曜日、10:35 PM

カテゴリ記事