エアアジア、7月からダッカ〜クアラルンプール便を再開

マレーシアの低コスト航空会社エアアジアは、過去4年間、バングラデシュで停止されていたが、7月11日にダッカからクアラルンプールへの直行便を再開した。
エアアジアは、2010年4月にバングラデシュでの直行便を開始したが、2011年6月からは運航停止となっていた。

「私たちは格安航空会社であるが、真剣に定期的なキャリアのサービスを提供する方法を検討している」と、バングラデシュのエアアジアの販売代理店・全航空サービスのマネージングディレクター、サディ アブドラ氏は述べる。ダッカ〜クアラルンプール間の運賃価格はすべて22,499タカ(税込)に設定されており、オンライン予約も可能だ。

アブドゥラ氏は、「全乗客には30キロの手荷物許容量があり、航空料金にはフードサービスも含まれる」と語った。全ての便で、ダッカ~シンガポール及び、ダッカ〜シドニーの往復便サービスが提供される。チケットは現在、ボナニ、ダンモンディ、モーテヒール、グルシャン、ウットラの5店舗で販売されている。

出典:【The Dailly Star】2015年6月30日付記事

カテゴリ記事