バングラデシュ観光業界の可能性

バングラデシュは現在、観光事業からの収益が非常に少ない国です。バングラデシュの観光旅行部門の最新データの不足は、同国の観光旅行の需要状況と可能性の見通しを困難なものにしていますが、次の3つの市場で成長の可能性を見ることはできます。即ち①外国人旅行者の誘致、②自国の中間〜富裕層、そして③海外駐在員です。

2013年の旅行・観光がGDPに占める総額は4,603億タカ(GDPの4.4%)であり、年間6.5%ずつ上昇した場合、2024年には9,355億タカ(GDPの4.7%)に達する見込みです。

2013年の報告書によると、バングラデシュの旅行·観光部門は13あり、28,500の雇用を創出しました。これは総雇用の1.8%で、2015年には4%上昇すると予想されます。

バングラデシュでは、 2013年の旅行·観光部門への投資は1.5%(405億タカ)でした。2014年には更に3.4%上昇する必要があります。

また報告書は、外国人観光客による支出は2014年には7%の成長が期待されていると述べました。2024年は155億タカ、即ち年間5.7%(8.9億タカ)ずつの上昇が見込めるとのことです。

報告書は、ビジネス旅行支出が110.7タカに、2014年には8.6%の成長が予想されると述べ、2024年には1,884億タカ(年間5.5%)の上昇との見通しもあります。

2013年の観光事業のGDPは、外国人観光客の2.2%と比較して、国内旅行が97.8%を占めています。国内旅行の支出は、2014年には7%(3967億タカ)の成長により5.8%上昇し、2024年には更に年間6999億タカに達する見込みです。

カテゴリ記事