バングラデシュ、10件のメガプロジェクト発動

バングラデシュ政府は10件のメガプロジェクトについて、個別のロードマップを間もなく発表する。近く発表される予算案において、BDT18,700クローレが割り当てられる予定。

この10件のプロジェクトに投じられる推定総コストは約43.61億ドルであり、来年度予算​​案とほぼ同額。

全80ページに及ぶこの「the Mega-Project – New Roadmap」には、プロジェクトの開始日と終了日、各プロジェクトの経済的影響と資金源を含めた、各プロジェクトの詳細が記されている。

「次の3事業年度までに、メガプロジェクトにはBDT20万クローレが割り当てられる予定だ」とバングラデシュ財務省の担当者は語る。また、メガプロジェクトの数は年々増加する可能性があり、既存のプロジェクトの実施状況は来年度提示されるという。

バングラデシュ政府の迅速なプロジェクトのほとんどが、この10件のメガプロジェクトに含まれている。

パドマ多目的橋建設事業を除く他の9件のプロジェクトは、中国、日本、アジア開発銀行など、2国間もしくは多国間でパートナーが資本を提供している。

パドマ橋建設事業については、汚職騒動を受け世界銀行が1.2億ドルの資金調達の公約を撤回した後*1、バングラデシュ政府の資金で建設されています。

「これらのプロジェクトすべてが経済に大きな影響を与えることになる」と財務省当局者は語る。

例えばパドマ橋とパドマ鉄道の連結プロジェクトは、実現すれば国の経済成長を1.5〜1.75%程度押し上げるだろうと予想されている。

また、液化天然ガス(LNG)受入基地の建設プロジェクトは、国の一次エネルギー源の多様化だけでなく、ガスベースの産業が近い将来直面する、エネルギー資源の枯渇問題の解消に繋がると期待されている。ただしこのプロジェクトは、直近6年間で進展がない。

主要なインフラプロジェクトは、コスト超過、遅延は、調達不能、民間資金の利用不能等といった、バングラデシュの政府プロジェクトで起こりがちな問題を抱えている。

世界銀行によれば、ほとんどのコスト超過は予見可能かつ回避可能であり、問​​題の多くはプロフェッショナルかつ前向きなリスク管理の欠如に由来している。

大規模なインフラプロジェクトは、バリューチェーンの全ての段階において、リスク管理に苦しめられる。

しかし財務省当局者は、「遅延が発生しないよう、各メガプロジェクトの進捗状況は厳密に監視されるだろう」と語っている。先月行われたプレ予算会議において、AMA ムヒト財務相は、「政府は来年度新たなメガプロジェクトのために個別予算を策定する予定だ」と明かしている。

ムヒト財務相は、バングラデシュ政府がこのプロジェクトのために数十億ドルを投資する必要があることを述べている。

「我々はこの新たなプロジェクトのための譲許的融資には依存しない」。ムヒト財務相はまた、中国を含む4カ国が、このプロジェクトの資金調達に興味を持っていることを付け加えると共に、資本の予算額には譲歩が見られないものの、その契約条件自体はかなり合理的であると述べている。

経済研究グループ、シンクタンクのワヒドゥディン・マハムド会長は、この事前予算会議で講演する間、変革プロジェクトの政府の重点箇所をサポートした。

メガプロジェクトの全体像は良いとして、プロジェクトの設計、品質、優先度の設定、プロジェクトの社会的な目標などについては、より詳細に見ていく必要がある、とワヒドゥディン氏は指摘している。

「大規模なプロジェクトは、一度実施されてしまうと、修正するのは難しい」

*1パドマ多目的橋建設事業を巡る汚職問題……パドマ橋の建設はいったん、世界銀行、アジア開発銀行、JICA等の資金援助が決まっていたが、2012年にカナダのコンサルタント会社とバングラデシュ政府高官の間に汚職疑惑が浮上したのを理由に、世界銀行が12億ドルの融資契約を破棄し、計画は白紙に戻った。その後、ハシナ首相は「自前の資金でパドマ橋を建設する」と宣言し、マレーシア、中国、インドの会社などが関心を示していた。

カテゴリ記事