ジャガーランドローバー、ハイテクベンチャー立ち上げ

ジャガーランドローバー(JLR)が、このたび新たなハイテクベンチャーを立ち上げた。地球に優しい燃料を研究し、カーシェアリングサービスのためのアプリを開発するテクノロジーサービス、InMotionだ。

InMotionは、公開テストの前に、来月から北アメリカ、ヨーロッパ、そしてアジアでカーシェアリングのための製品のテストを始める。

自動車メーカーは、車を購入する可能性が低く、Zipcarなどのカーシェアリングサービスに魅力を感じている、世界の主要都市の若い消費者にアピールしようとしている。

英国ベースのJLR(インドのタタ・モーターズが所有〉は、この新しい完全子会社が、新しい顧客を引き入れることを期待している。

グループ戦略ディレクター、エイドリアン・ホールマーク氏は、「新しいアプリとオンデマンドサービスの開発によって、InMotionは、新規・既存顧客の双方に、魅力的な、そして測り知れないほど貴重な経験を、グローバルな範囲で提供するだろう」と語っている。

カテゴリ記事