政府は公害をチェックするために川岸の排水処理場を計画

「政府は、深刻な公害に直面している河岸に排水処理場(ETP)を設置する動きを検討している」「短期間にこうした計画を実行できることを願っている」とアニスル・イスラム・マフムード環境・森林大臣が木曜日に開催されたシティプログラムで述べた。

 大臣は、ジャティヤプレスクラブでバングラデシュ国際自然保護連合(IUCN)が策定したセミナーで講演し、「イングランドのテムズ川とドイツのライン川も、深刻な汚染を受けていたが、人々が水を飲むことができるように、これらの川の水質を改善した」と語った。

 UNBUNITED NEWS OF BANGLADESH)は、「汚染を監視するための効果的な措置を取って、河川の水質を改善することも可能であり、時間がかかるかもしれないが、可能だ」と大臣は考えていると報じた。

 また大臣は、非政府組織(NGO)が政府と並行して首都周辺の河川や湿地を汚染から救う意識を表明するうえで効果的な役割を果たすよう促し、「政府は、首都周辺の河川や湿地を守ろうと真剣に努力している。政府のイニシアチブと並んで、NGOも効果的な役割を果たすことができると私は考えている」と語った。

 また河川と湿地が経済と環境と密接に関連していることを踏まえ、大臣は「環境と経済の発展のために、汚染から解放されなければならない」と述べた。

引用元:The Financial Express

公開日:201821212419

カテゴリ記事