バングラデシュは現在、職場安全のモデル:ILO(国際労働機関)

外遊中のILOのカントリーディレクターSrinivas B Reddy氏は、多くの国々がバングラデシュの職場安全モデルを再現しようとしていると述べた。

彼は水曜日にILOダッカ事務所で選ばれたグループのジャーナリストと話をしながら発言した。

「アコード、アライアンス、国家イニシアチブによる衣服工場検査の完了と、これらの取り組みの作業を調和させる努力は大きなマイルストーンだった」と彼は語った。

バングラデシュの衣服産業は、アコード、アライアンス、地方自治体による職場の安全向上を活用すべきだと、彼は述べた。

これまで既製服飾部門の問題を解決するための大きな努力が進められており、「バングラデシュのRMG産業は、他のセクターや輸出国の模範と見なされるべきだ」と述べた。

しかし、彼は、これまでの進展が継続されるように、残りの修復活動の完了と政府の強力なモニタリングを行うべきだと強調した。

これに関連して、彼は、修復協調室(RCC)を政府により信頼できる規制当局に格上げすることを主張した。世界のアパレル購入者に自信をもたらすためにこれが必要だと述べた。

引用元:The Financial Express

公開日:20171213

カテゴリ記事