輸出税収上昇、輸入に弾み

国家委員会の暫定データによると、徴税による収入は輸出入の増加を背景にここ数カ月間増加し、2月に1,138億7,000万タカと、前年比の14%増加となった。

税務当局全体では、前年同期14.42%の成長率を記録し、本会計年度7月〜2月の間で9,135億5千万タカを徴収した。

しかし、当初の「8ヶ月間で10,416億5,660万タカ」という目標には、1,281億タカ及ばなかった。

2月の海外貿易関連活動による収益回収は、372億2千万タカと、前年同期比25%と急増。トータルの収益高としては、10月〜12月の下降傾向からの輸入出の回復のおかげで、7月〜2月の間で2,825億9,100万タカとなり、18%上昇した。

輸出は7月〜2月間で9%上昇。一方輸入は、前年同期に比べて、当連結会計年度7月〜1月に6.73%の増加となった。

しかしNBRのデータによると、国内における直接・間接税徴収高の成長は減速した。

国内企業からの付加価値税を始めとした2月の間接税の徴収高は、前年比10%アップの434億3千万タカに留まった。

国内全体の間接税徴収高の合計は、7月〜2月の間に15%増加した。

「国内からの間接税徴収高の成長の鈍化は、経済活動が当初の期待通りに推移しなかったというサインだろう」。ダッカ制作対話センターのトイクル・イスラム・カーン研究員はこう語る。

同氏は、「NBRは、ギャップを解消する努力を強化する必要がある」と付け加えると共に、「所得税徴収高の低成長が懸念される」とも語っている。

「新しい納税者にもたらすことによって補償されなかった、税率の低下や、商業銀行などの高額納税者の減益を示している」

カテゴリ記事