ホルタル取り止めを発表

ホルタル取り止めを発表

今週水曜日に予定されていたホルタルは、主催者の一人、ブラーマンバリア*県のマドラサの教師によって撤回された。

ジャミア・イスラミア・ユヌシアの教師セジドゥール・ラフマン氏は、チッタゴン管区警察との会談後に声明を発表。ムハンマド・モシャラフ・ホサイン副長官​​代理として、MA マサド警視もこの会合に出席していた。

報道機関によると、今回のホルタルはマドラサの学生・ビジネスマン・バングラデシュチャトラリーグ(与党アワミ連盟学生団体/​​BCL)間の対立を巡って、今週月曜日に発表されたばかりだった。

*ブラーマンバリア……ダッカ東部の県。行政区はチッタゴン管区に属する。面積17.58km²、人口約17万人(2011年)。県道220号線が南北に走る。

カテゴリ記事