ハシナ首相、バングラデシュの貧困問題について語る

1日、シェイク・ハシナ首相は、バングラデシュの貧困問題について、官公庁をはじめあらゆる団体の努力で目標を達成することを誓った。

ハシナ首相は、「私たちは飢餓と貧困のないバングラデシュを作る必要があります。国の現在の最低貧困率は7.9%である一方、貧困率は22.7%に下がっています。バングラデシュにおいて、貧困からの解放の過去が長すぎたとは思いません。我々は適切に職務を果たしており、またこの問題の解決は私の信念でもあります。我々はすぐに目標を達成することができるようになるでしょう」とバングラデシュのユナイテッドニュースに語った。

ハシナ首相はまた、「私たちがかつてパキスタン共和国の支配下に置かれていたことを忘れてはなりません。我々は国と国民の利益を維持し、その義務を履行しなければならないのです」と述べる一方、現政権の主要な公約の一つは民主化と地方分権の確立であることに言及し、「公務員がさらに改善された市民サービスの提供を通じ、人々の信頼を強化するために誠実に作業を続けることを望んでいる」と述べた。

カテゴリ記事