インターネットユーザーを2倍にする4Gの展開: Huawei

インターネットユーザーを2倍にする4Gの展開: Huawei

中国有数のICTソリューション·プロバイダー『Huawei』は昨日、モバイルデータ技術の第四世代の展開がバングラデシュでのモバイルインターネットユーザーの数を急速に2倍にする可能性があると述べた。
バングラデシュは、携帯電話やデータ端末用の高速データの無線通信の規格であるLTE、一般的に4GやLTE(ロングタームエボリューション)が浸透するための準備が既に整いつつある。

54の商用LTEのTDDネットワークの中で、Huawei社は、中国、日本、インド、イギリス、イタリア、カナダ、ブラジル、サウジアラビア、南アフリカを含めた、26カ国40箇所をサポートしてきた。アジア太平洋地域は、LTE接続の47%を占めており、これまでで最速のモバイル通信技術開発の現場となっている。
LTE市場の上位国は現在、米国、中国、日本、韓国、イギリスなどである。

業界関係者によると、バングラデシュでは人口の18%しかインターネットを利用していない。しかし、現在活動してるインターネット接続の実数はほぼ倍の数であると示しすデータもある。インターネットデータ消費量は2008年末にわずか2.33Gbpsに過ぎなかったが、2014年12月には毎秒69ギガビット(Gbps)となっています。

ともあれ人口の約82パーセントは、インターネットをまだ体験していない。世界銀行の知識経済指数でのバングラデシュの位置づけは、146カ国中137カ国である。 Huawei社のICT製品は170を超える国と地域で使用され、バングラデシュ国内でも著しい市場シェアを獲得している。
2014年には、Huawei社のキャリア事業の売上高は、モバイルブロードバンドネットワークのロールアウトからの強い貢献により、310億ドルで、全体で16.4%増加した。

出典:【デイリースター】2015年6月26日付記事

カテゴリ記事

関連カテゴリ IT