銀行利益、わずかに上昇

今年上半期、政情不安や貸出金利の引き下げにもかかわらず、バングラデシュのほとんどの民間銀行の売上利益は増加傾向を記録。政情が安定していけば、年末には更なる利益の増加が望める。
統計途中のデータではあるが、民間銀行の最大手イスラム銀行の利益は1〜6月でTk840ルピー(前年比1.45%)に増加。 Pubali銀行は2.94%増加した。
銀行関係者によると、1〜3月間の政情不安が貿易取引に影響を与えたと述べた。大手信託銀行マネージングディレクター、アニス・A·カーン氏は、「銀行は損失の回復に努めており、売上利益は今後6ヶ月で更に上昇する可能性がある」と述べた。

カテゴリ記事