バングラデシュ政府が31,340の教育機関にIT機器を提供

ヌール・イスラム教徒のナヒード大臣は、31,340の学校とカレッジにIT機器を提供し、マルチメディア教室を開設することを支援すると述べた。
国会でチッタゴン-12選挙区のサムスル ハック チョードリー財務長官からの質問に対し、「マルチメディア教室を設置するための31,340の教育機関には、ノートパソコン、マルチメディアプロジェクター、スピーカー、モデムが供給されるだろう」と答えた。
また、「マルチメディアの普及と近代的な教室を運営のために、5,20820人の教師が多岐にわたる訓練がなされるだろう」と語り、さらに「ICT(Phase-2)プロジェクトにより中等教育以上の教育が教育機関に対し政府の下で供給されるだろう」、「ICTの利用とマルチメディア教室の設立はすべての教育機関で段階的に行われる」、「国家経済審議会(ECNEC)の執行委員会が2017年4月4日にプロジェクトを承認した」と述べた。
さらに政府が今までに23,331の教育機関にインターネット機能を備えたラップトップ、マルチメディアプロジェクター、スピーカー、モデムを提供し、同じプロジェクトの下でマルチメディアクラスのデジタルコンテンツ準備に関する24,122人の教師を訓練したことを下院に伝えた。
参照:https://goo.gl/AYtRUs

カテゴリ記事