ホンダ、今年バングラデシュでバイクを製造

引用元:The Financial Express

公開日:201821318:43:03

ホンダ・モーター・カンパニー(Honda Motor Company)は、国営バングラデシュ・スチールアンドエンジニアリング・コーポレーション(BSEC)とのジョイント・ベンチャーで、今年オートバイを生産する予定である。

合弁会社「バングラデシュホンダプライベートリミテッド」は、同国にオートバイの組立工場と製造工場を設立している。

アミール・ホセイン・アム(Amir Hossain Amu)産業大臣は、「オートバイのスペアパーツは、共同出資や産業省の工場で生産される」と述べた。大臣はダッカの省庁事務所でバングラデシュのホンダプライベートリミテッドの代表団と会談し、火曜日にプレスリリースした。

「政府は、特に現代の技術を基盤とした工業を中心に、製造業を育成するためのあらゆる種類の政策支援を拡大する」「それゆえにバイク業界に対しても、税制優遇措置を含むすべての便宜を受けることができる」と述べた。

この会談にはホンダ・モーター・カンパニー・リミテッドのムハマド・アブドラ最高経営責任者(CEO)、ホンダ執行役員安部典明氏、アジア・大洋州本部地域事業企画部長村山氏、バングラデシュホンダ社長石井祐一朗氏らが出席した。

会談では、オートバイ業界の発展のための政策支援や二輪車のスペアパーツ生産を含む多くの問題について話し合われた。計画では、初年度に100万台のオートバイを生産する予定であり、 5年目には、生産を300万台に増やしたいと考えている。

カテゴリ記事