バングラデシュ中央銀行、Bitcoin問題に警告

バングラデシュ中央銀行は、Bitcoinを始めとする仮想通貨の取引について警告を出した。

BitcoinEthereumRippleまたはLitecoinのような仮想通貨について、世界中の国において法的枠組みがないと言って、そのようなオンラインベースの通貨または暗号通貨の取引を控えるように関係者全員に要請した。

水曜日、バングラデシュ銀行(BB)は、Bitcoinのようなバーチャル暗号化通貨をウェブサイトに公開することで、注意と取引抑制を求めた。通知は、バーチャル通貨はどの国でも合法ではないため、誰も通貨による取引に対していかなる権力に対しても財政的要求をすることはできない。という内容だった。

バングラデシュ中央銀行は、外貨規制法(1947年)、反テロリズム法(2009年)、マネーロンダリング防止法(2012年)において、そのような通貨は許可されておらず、サポートされていないと述べた。したがって、そのような通貨の取引は、既存のマネーロンダリング防止法またはテロ資金規制の意図しない違反に抵触する可能性があるので注意が必要だ。

引用元:The Financial Express

Published:  December 27, 2017 20:44:59

カテゴリ記事