バングラデシュ、ヨーロッパの自転車輸入の11%を供給

バングラデシュは、2016年においてEUの全輸入自転車の11%を供給した。

EU統計局で入手可能なデータによると、EU加盟国が輸入した自転車のうち、42%はEU外からのものであった。

 

主な輸入先は、台湾(24%)、カンボジア(18 %)、バングラデシュ(11%)、フィリピン(10%)となっている。

EU統計局はさらに、28カ国のEU加盟国が2016年に1,700万台の自転車を輸入し、そのうちの58はEU内から輸入していることを示した。他方、EU加盟国は過去1年間に1,100万台の自転車を輸出しているが、そのうちの92%はEU内に輸出された。

引用元:Financial Express Mon,24 2017

カテゴリ記事