バングラデシュの輸出売上高、かろうじて目標値に到達

バングラデシュの輸出売上高、かろうじて目標値に到達

バングラデシュの輸出売上高は、衣料品、皮革及び皮革製品、ジュート及びジュート製品、エンジニアリング製品の出荷量の増加を背景に、先月4月に26億8,000万ドルに達し、前年比で11.82%上昇した。

バングラデシュ輸出振興局(EPB)のデータによると、4月の輸出売上高は約26億8,000万ドルと、3月の28億3,000万ドルに比べてやや低下した。

先月4月の売上利益を合計すると、2016年度(FY16)の10ヶ月間の輸出売上高は、前年度より9.25%アップして276億4,000万ドルに達した。2015年7月から2016年4月の輸出目標は、271億1,000万ドルであった。

バングラデシュの昨年度の輸出額は31億2,000万ドル。2015年-16年では、33億5,000万ドルに達する勢いだ。

国の輸出収入の約8割を占める衣料品は、先月で2億2,300万ドル、前年比で14.95%となった。

「バングラデシュの衣料品輸出は成長し続ける」。バングラデシュ縫製品製造業・輸出業協会の副会長、ファルク・ハッサン氏は語る。

「我々の成長見通しは計り知れないが、機会を最大限に活用するためには、生産能力を更に向上させる必要がある」とハッサン氏は付け加えた。

衣料品以外の分野では、皮革及び皮革製品が、本会計年度の7月〜4月の間に9,203万ドルと前年比で0.7%増。

とある業界関係者によると、ジュート材及びジュート製品の輸出は、中東諸国のビジネス環境の改善による天然繊維の新たな需要を背景に、福兆の兆しを見せている。

2015年7月〜2016年4月の期間中、ジュート及びジュート製品は、7億2,987万ドルとなった。

テリータオルの輸出は$ 459.01百万128.09パーセント$ 116.28百万エンジニアリング製品17.19パーセントに$ 40.79百万頭装備やキャップに20.18パーセント増加しました。

家具の輸出は19.35%増加して6,824万ドル、医薬品は15.33%増加の3,843万ドルとなった。

カテゴリ記事