バングラデシュのGDP成長率、7%に

バングラデシュのGDP成長率、7%に

独立以来破れなかった「GDP成長率6%」の壁を、バングラデシュが突破した。本会計年度の最初の9ヶ月目でついに7%を超えた。

「我々は、この国が初めてGDP成長率7%を達成したことを誇りに思う」
AHM ムスタファ・カマル計画相は、国家経済会議(NEC)でハシナ首相と会談後このように語った。

より高い成長の背後にある理由について尋ねられ、カマル計画相は、国内の政治的安定をその主な理由に挙げている。

バングラデシュ統計局(BBS)の試算どおり、GDP成長率は、昨年度までの6.55%から、2015-16年度に7.05%に達した。

「当連結会計年度のGDP成長率はすでに7%の財政目標を超えている。グローバルな舞台で活躍するための大きな一歩だ」

カマル計画相は、バングラデシュが「6%成長の罠」に長い間呪縛されてきたと述べた。

「私の知る限り、これは独立後、バングラデシュが達成した最高のGDP成長率だ」

バングラデシュは、ここ10年以上一貫して6%以上のGDP成長率を記録している。

2015-16年度のBBS暫定データによると、バングラデシュはほとんどの産業分野で成長を示した。

農業部門は前年同期の3.33%から、本年度で2.60%の成長を遂げた。同様に、産業部門は5.80%から9.67%、サービス業6.70%から10.10%に増加している。

他のセクターに目を転じると、鉱業は12.06%、採石が10.30%、電気、ガス、水道供給が11.15%、及び建設8.87%、製造6.19%の増加となった。

世界銀行標準*によると、もし3年間連続で平均収入が1,045ドル前後で推移するならば、バングラデシュは中間所得層の国家として認められる。一人当たりのバングラデシュの平均収入は、2014年で1,190ドル、2013年は1,154ドルであった。

*2012年の世界銀行の分類に従うと、収入格差は下記の通り。
低収入:1,035ドル以下/下〜中間所得層:1,036ドル

カテゴリ記事