注目すべきアパレル市場の宝庫、バングラデシュ

既製服市場において、中国は各地域の輸入量の約40%を占め、欧米市場を支配した。しかし、最近のマッキンゼー・アンド・カンパニーの調査によると、欧米大手アパレル企業のバイヤーの86%が、利益率と容量の制約の減少が原因で、今後5年間中国からの輸入を減少する計画をしていることが明らかになった。

欧米のバイヤーは極東·東南アジアにおける多くの選択肢を評価しているが、彼らは次の注目すべき場所としてバングラデシュにスポットを当てている。

2010年の輸出額が約150億ドルの既製服市場は、バングラデシュの最も重要な産業部門だ。この輸出額は、GDPと輸出総額の75%以上を占めている。マッキンゼーは、今後10年以内年間7~9パーセントの輸出価値の成長を予測し、その市場は2015年までに倍増し、2020年までに約3倍になると予測している。

  • 出典:地元紙

カテゴリ記事