NBRの動きでオートバイアセンブラへ打撃

バングラデシュ国家歳入庁(NBR)は30%から45%にオートバイ関連部品の補足税を引き上げることを決定した。

バングラデシュホンダ(BHL)の水谷氏は、塗装には高度な能力と技術を必要とするとして、自動二輪車の塗装されていない部品を輸入するための今回の税制引き上げは不当であると述べた。いっぽう当局関係者たちは、この二重対策がオートバイ部品の現地生産を奨励するために課せられたと述べた。

水谷氏は、オートバイの価格は、15,000タカから25,000タカに上昇し、売上減少は避けられないと述べた。

出典:【デイリースター】2015年6月25日付記事

カテゴリ記事