中国企業、カルナプリトンネル建設作業の実効力を取得中

中国企業、カルナプリトンネル建設作業の実効力を取得中

中国の通信建設会社はカルナプリ川の下に2車線のトンネル建設を実行できるよう取り決めている。中国の建設業者は、そのサービスにより7.06億タカの収益を獲得する見込みだ。
架橋部門では、今日の内閣委員会の経済情勢会議で、会社との商業契約に署名する案を提案。プロジェクトの総支出は、カナダ、日本、中国でのトンネル構築費用より低い、10億ドルほどになる。
カルナプリトンネルを構築するコストは、3つの独立した専門家によって研究された提案によれば、1億367万ドルに到達するだろうといわれている。ちなみに1キロ当たりの総工費用は、カナダのオタワトンネルは143.50万ドル、日本の東京湾アクアラインは3.61億ドル、中国の煙台-大連間トンネルは1.46億ドルだ。
5月23日に行われたハイレベル会合では、価格を始めとする他の問題についても議論され、価格見積りは合意に達した。2011年以前には、チャイナコミュニケーションとそのパートナー、オベアラップ&パートナーズ香港カルナプリトンネルの実現可能性調査も実施された。
トンネルは4年ほどで完成する。政府の調査によれば、トンネルの完成は大幅に交通を円滑化し、交通圧力の既存の橋梁を緩和し、地域の経済成長を促進する。また、計画中の深海港への快適な輸送も実現されるだろう。
バングラデシュでは初めての試みであるトンネルは、ダッカ – チッタゴン、コックスバザールの高速道路網を改善するだろう。将来的にはミャンマー、インドにも延長され、アジアハイウェイ計画にもリンクされる予定である。

出典:【デイリースター】2015年6月24日付記事

カテゴリ記事