中国からの主要FDI、増加傾向に

中国からの主要FDI、増加傾向に

直接投資(FDI)により、中国の投資家たちが多数バングラデシュに事業を移転した場合、数年間にわたる好景気が見込まれる。中国南西部の州は、現在、投資家たちに事業を再配置するよう勧めている。

「中国の投資家たちは、協議を通じて、最近のバングラデシュの経済的な安定と進歩が、同地へのビジネス移転に有利であることを知りました。おまけに、バングラデシュの人件費は成都の人件費より遥かに安いのです。現在、成都の平均賃金はバングラデシュの3倍の高さです。
投資プロモーションの主なターゲットは、数年間で1,600の産業ユニットが開発されるFBCCIの64区の計画投資ゾーンに、事業移転が見込める中国の起業家たちだ。

すでに、とある中国のバス会社は、バングラデシュと中国のための最新のバスの車体、また関連材料を製造するために、バングラデシュの民間会社と契約書を交わしている。担当者のアハメッド氏は、さらに中国の投資家を得、生産が開始されれば、国がバスの車体の規格を得るだろうと述べた。

関連記事:【the independent】Major FDI boost from China on the way: FBCCI president

カテゴリ記事