バングラデシュ女子クリケットチーム、パプアニューギニアに勝利

バングラデシュ女子クリケットチーム、パプアニューギニアに勝利

タイのバンコクで行われているICC女子ワールド・トゥエンティ20の予選において、バングラデシュ・ティグレースがパプアニューギニアの女子代表チームに勝利した。 パプアニューギニアはコイントスで先攻を選択したが、バングラデシュは優位に試合を進め、勝利を収めた。 この結果バングラデシュはグループステージで勝率100%となり、準決勝トーナメントへの出場を確定させた。この大会のファイナリストは、2016年にインドで開催される同大会のシード権を獲得する。 出典:【The Daily Star】2015年12月1日付記事

記事全文

バングラデシュ代表、SAFFのU-19選手権でベスト4に

バングラデシュ代表、SAFFのU-19選手権でベスト4に

バングラデシュナショナルチームは、ネパールサッカー協会(ANFA)組織下のSAFF(南アジアサッカー連盟)主催・U-19選手権の準決勝でインドに敗退した。 試合はフルタイムの末タイブレークに突入し、双方は最初の5つのPK戦で3ゴールを決めたものの、その後、バングラデシュが得点に失敗し、決着がついた。 バングラデシュのU-16チームは、数週間前にタイブレークの末インドを破って2015年SAFF U-16選手権に優勝したが、今回U-19ではベスト4に留まった。 出典:【The New Nation】2015年8月27日付記事

記事全文

バングラデシュサッカーナショナルチームの動静

バングラデシュサッカーナショナルチームの動静

FIFAランキング165位(2015年1月8日現在)のバングラデシュナショナルチームは、バンガバンドゥ・ナショナル・スタジアムにて、今季の目標を達成するためすでに練習を開始している。 本会場は2011年のワールドカップ予選のときに、レバノンを2-0で打ち負かした彼らの歴史的勝利の舞台になった会場だ。しかしそれ以来、日本のU-21チームとの親善試合を除いて、彼らがこの会場で競った試合をしたことはない、と地元紙は述べている。 彼らはシレットで行われたバンガバンドゥゴールドカップのマレーシア戦で0-1と敗北を期し、難しい局面に立たされたものの、士気を下げることはなく、ビッグボウルに参加した12,000人と全国の数百万人のファンにとっては、満足のいく試合内容となった。また、前半40分のMFのヘマンタ・ヴィンセント・ビスワスによるセンタリングからの素晴らしいボレーは、準決勝進出という結果に大いに貢献した。 残念なことに、バングラデシュのサッカーナショナルチームは十分な練習環境を与えられておらず、FIFAランキングでも下位の状態(公式FIFAランキング:2015年8月6日時点で170位)が続いている。だが、ファンと彼らの努力はいつか必ず報われることだろう。 近い将来、ワールドカップの舞台でも、緑のサムライたちが活躍している姿を見ることができるかもしれない。

記事全文