UAEへの人材輸出3ヶ月以内に再開

引用元:FEオンラインレポート|公開日:2018年4月23日17:39:54 アラブ首長国連邦(UAE)は、今後3カ月以内にバングラデシュ人労働者を募集すると、月曜日にヌール・イスラム外国福祉大臣が発表した。 彼は、ダッカとアブダビの間で締結された最近の取引について、市のプラバシ・カラン・バンバンでの記者会見の席で述べた。 契約によれば、アラブ首長国連邦(UAE)は19のカテゴリーで国内の補助部門の労働者を雇用する。 カテゴリーとしては、家庭教師、民間船員、警備員、羊飼い、運転手、鷹匠、家政婦、料理人、乳母、家庭労働者、農家、庭師、私的コーチ、農家、私的看護師、駐車場労働者等がある。 ヌール・イスラム氏はまた、湾岸諸国は、資格のある人材採用者を選び、彼らの国に労働者を連れて行くと述べた。 しかし、閣僚は、労働者の送付プロセス、移住費用およびその他の関連問題を確定するために、すぐに共同作業委員会が結成されると述べた。 「政府からの発表の前に、労働者は人材採用担当者と契約を交わすべきではない」と彼は指導者に助言した。 2012年以降、アラブ首長国連邦はバングラデシュの人材派遣を中止したが、政府はアラブ諸国の権威と交渉し、今回再開の運びとなった。 バングラデシュ政府代表として署名した外国福祉長官ノミタ・ハルダーは、一部のバングラデシュ人労働者がUAEの犯罪活動に関与していると報道した。 アラブ首長国連邦(UAE)は、違法行為を理由にバングラデシュから労働者を派遣することを遅らせている、と彼女は言った。 人材雇用訓練局(BMET)によると、230万人以上のバングラデシュ人民が、1976年から2018年3月までの間、石油で潤う国の雇用に恵まれた。 BMETのサリム・レザ(Salim Reza)長官は、ブリーフィング中に他の高官の中にいた。

記事全文

大統領がパドマ橋建設現場を訪問

引用元:The Financial Express 公開日:2018年4月2日20:20:30 |最終更新日:2018年4月2日21時36分56秒 アブドゥル・ハミド大統領は、月曜日にムンシガンジとシャリアットプルのパドマ多目的橋梁プロジェクトの建設現場を訪問した。 UNBによると、大統領は国土交通省のカンドカ アナワル イスラム橋梁部門上級書記からブリーフィングを受け、現在の政府によって資金を調達されたこのメガプロジェクトの様々な活動について知った。 この待望のプロジェクトが、今年3月末までに全体の53%がすでに完了していると聞いて満足している。また、すべての関係者に感謝し、国の感情、夢と可能性が待望のパドマ多目的橋と密接に混合していると述べた。 この橋はまた、地域貿易を促進し、産業および商業活動を促進し、経済的および雇用機会を増やすだろう、と彼は付け加えた。 オバイドル・クアダー大臣、サグフタ・ヤスミン・エミリー議員、クンティ・ダス議長、B.M.アワミ連盟のAKMエナムル・ハケ・シャミムのムザンメル・ハケ、および上級官僚がハミド大統領に同行した。

記事全文

パイロットがネパール空港から「間違った信号」を受け取った:US-Bangla CEO

引用元: FEオンラインデスク|公開日:2018年3月12日21:01:45 | USバングラ航空のイムラン・アシフ最高経営責任者(CEO)は、トリブバン国際空港の航空管制塔からの「間違った信号」が飛行機の墜落につながった可能性があると疑っている。 同氏は、12日の夜、飛行機事故の被害者の身元について、ダッカのメディアに説明をしながら、この声明を出した。 報道によると、約50人が死亡した。 bdnews24.comによると、カトマンズでの治療を受けている16人の生存者を特定できると同氏は述べた。 同氏は、パイロットと空港の航空管制官(ATC)との会話で、ATCがパイロットに「間違った信号」を送ったことが示された。 「今は誰も告訴していない。我々はそれがクラッシュにつながった可能性があると考えている」と彼は言った。同氏はまた、会話はYouTubeで利用可能だと述べ、クラッシュ前に何が起こったのかを聞かせるようメディアに促した。  

記事全文

ネパールでUSバングラ機が墜落、50人が死亡

引用元:The dailyobserver 公開日:2018年3月13日(火曜日)12:00 AM 71人を乗せたUSバングラ航空機がネパール・カトマンズのトリブバン空港で墜落、炎上し、バングラデシュ人とネパール人を中心とする少なくとも50人が死亡した 「我々の情報によると、乗客乗員のうち45人が死亡、10人が行方不明になっていると、外交問題担当国務長官Shahriar Alamがジャーナリストに語った。 しかし、ロイターとAFPは、犠牲者数をそれぞれ50と49とし、Bombardier Dash Q400シリーズ航空機の燃え尽きた残骸から数人が救助されたと伝えた。 「これまでに50名の遺体を回収した」クル・バンダルリ軍報道官はが述べたとロイター通信は伝え、AFPは40人が現地で死亡、9人がカトマンズの2つの病院で死亡し、22人が病院で治療を受けていると伝えた。 ネパール当局は現場での救助活動のために軍隊を派遣したが、彼らの広報担当者は、「飛行機がひどく燃えていたため、救出活動は困難であった」と述べた。 飛行追跡ウェブサイトFlightRadar24は、飛行機が着陸中に滑走路から外れ、トリブバン国際空港の滑走路の東にあるサッカー場に、現地時間2:20(2:50BST)、飛行機が墜落したと伝えた。 The Sweden-based monitorは、この飛行機は機齢17年のBombardier Dash 8 Q400ターボプロップだと伝えた。 テレビでは、黒煙が立ち上る墜落現場へ救急車が向かう映像が流され、ネパールのメディアは、ネパールの唯一の国際空港に出入りするすべての便が事故後何時間も欠航を余儀なくされたと報じた。 一方、ネパールのバングラデシュ大使館は、墜落した飛行機の負傷者17人がネパールの異なる病院で治療を受けており、ホットラインが開設され、いかなる情報でも2人の大使館担当者と連絡ができると付け加えた。 担当者はカウンセラーのMohammad Al Alamul Emamと、第一秘書であるAsit Baran Sarkerであり、携帯電話+9779810100401と+9779861467422を持っている。 ダッカのUSバングラ関係者によると、同機はは67人の乗客と4人の乗組員が乗り、ダッカからカトマンズへ向かっていた。33人がネパール人で、36人がバングラデシュ人であった。残りは一人がモルディブ人で、もう一人が中国人である。 バングラデシュのゼネラルマネージャー、カムルール・イスラム氏によれば、同社は8つの航空機を持ち、7つの国際空港に就航するバングラデシュ最大の民間航空会社であると述べた。 USバングラ航空のイムラン・アシフ最高経営責任者(CEO)は、事故原因を調べる上で最も重要な装備となるフライトレコーダーやブラックボックスが回収されたと述べた。 バングラデシュの民間航空局(CAAB)の副大臣M ナイム ハッサンは、メディアブリーフィングで、医師を含む3人の調査委員会を構成したと報じた。「ネパールの民間航空局と常に連絡を取り合っている」と述べ、バングラデシュの軍隊、海軍および空軍は、カトマンズの救助活動に必要とされる場合、いつでも派遣する用意があると付け加えた。 一方、カトマンズの空港当局は、飛行機が着陸する滑走路の上で、航空管制官とパイロットとの間に混乱が生じた可能性があると述べた 。 トリブバン空港のゼネラルマネージャー、ラジ クマール シェトリは、飛行機が着陸する許可を受けた後、操縦士は北方向に行きたいと言った。コントロールタワーから何か問題があるのかとの問いかけに対し、彼は否定的に答えた。 その後、飛行機は北東方向に2周回していたとシェトリ氏は話した。交通管制官は、状況が良かったかどうかパイロットに再度尋ね、彼は「はい」と答えた。 コントロールタワーはパイロットに位置が正しくないと言ったが、返事はなかった、とシェトリ氏は言った。 しかし、USバングラ航空のCEOは、コントロールタワーからの混乱した指示がクラッシュを引き起こした可能性があると疑っている。 一方、航空事務所のブリーフィングで、災害管理大臣のムハザル ホセイン チョードリー マヤは、パイロットアビド サルタンが危機を乗り切って生き残ったと述べた。 「バングラデシュは、ネパール当局にすべての協力を拡大して調査を実施している。その調査により事故原因が私たちの一部(USバングラ航空会社)かネパールの航空局にあったか分かるだろう」とマヤ氏は言った。 生存者の1人、ネパールの旅行代理店バサンタ ボホラは病院のベッドから、ダッカからの通常の離陸の後に彼が経験したことを述べたが、飛行機はカトマンズに近づくにつれて不思議な行動を起こし始めた。 ボホラはカトマンズポストデイリーに語った。「急に飛行機が激しく揺れ、大きな音がした。窓の近くに座っていたので、窓から飛び出すことができた。 一方、国際メディア報道によれば、近年、ネパールでは数多くの航空災害が発生し、主に不適切なメンテナンス、経験の浅いパイロット、標準以下の管理など、航空安全性の弱さが観光業界に打撃を与えている。 1992年にはタイ航空機がカトマンズで着陸事故を起こし、全員が死亡。その2年後にはツイン・オッターのターボプロップ機がネパールの山岳地帯に墜落し、23人全員が死亡した。 その2日後、小さな旅客機が丘の中腹に墜落し、2人のパイロットが死亡した。

記事全文

イスラム開発銀行がローコスト住宅向けに94.7百万ユーロを融資

引用元:The financial Express 公開日:2018年2月20日13:41:30   イスラム開発銀行(IDB)は最近開催された取締役会で、バングラデシュ郊外向け融資を承認したと、経済関係部門の関係者がbdnews24.comに語った。 「我々は首相からIDBとの合意を確定するための許可を求めた。合意に至るとすぐに調印される」「この契約は、4月1日~5日のチュニジアで開催されるIDBの年次会議で署名される可能性がある」と彼は述べた。 1月7日、IDBはアマ・ムヒス(AMA Muhith)財務大臣に対し、2件のプロジェクトについて約束した1億7550万ドルの借入金の撤回についての書面を送った。 2件のプロジェクトとは、前払い計量システムプロジェクト1億5550万ドル、低所得都市コミュニティプロジェクト2,000万ドルである。撤回の理由は、銀行のAAA信用格付けを維持するためであり、各プロジェクトの実施に予想以上の時間がかかっているため、決定が下されたと述べた。 IDBは、ローン撤回を理由に書簡を送った後に開催された第1回理事会で、バングラデシュに融資を付与したとERD関係者は述べた。 この9,470万ユーロのプロジェクトは、郊外や地方の低所得者のための住居施設を建設し、生活水準を向上させることを目的としている。 政府は2%の利率で18年以内に8510万ユーロを返済する必要がある。それには2年間の猶予期間があある。残りの9.33百万ユーロは25年1.35%の利率で、7年間の猶予期間がある。

記事全文

OIC、2019年の観光都市にダッカを選定

70~80古代ダッカの古いモスクを改装  イスラム協力組織(OIC)加盟国の観光大臣が集まる会議は、ダッカが2019年の「観光都市」として選出した。この宣言は、バングラデシュの首都で行われた第10回イスラム閣僚会議(ICTM)の閉会時に行われ、シャハハハン・カマル民生航空観光相により、火曜日、市内ホテルでの最終セッションの後、記者会見で発表した。大臣は「ダッカがOIC加盟国によって翌年の観光都市になったことを発表することを嬉しく思う」と述べた。  民間航空・観光大臣、グラム・ファルク(Ghulam Farooq)、バングラデシュ観光局(BTB)のナシール・ウッディン(Nasir Uddin)最高経営責任者(CEO)もブリーフィングで語った。  ファルク大臣は、OICのプロジェクトとしての資金援助により、ダッカ市内の70~80世紀の古代モスクを改築すると発表した。大臣は、ダッカの「観光都市」としての宣言は、バングラデシュについてOIC加盟国のムスリム観光客に大きな関心を抱かせると述べ、「ダッカを観光都市の中心として推プロモートする戦略的計画を立てる」と付け加えた。  ナシール氏はダッカが観光都市になることはバングラデシュにとって大きな成果になると語り、 “バングラデシュは、OIC加盟国の4つの他の都市に勝って観光都市に選ばれた。なお最後まで観光都市を争ったアゼルバイジャンのガバラは2020年の観光都市となった”と述べた。  25のOIC加盟国の15人の観光大臣を含む上位レベルの代表者が参加した観光会議では、世界中のイスラム遺産を保存し促進するためのダッカ宣言を採択した。  会議中に、シャハハハン・カマル氏は、バングラデシュはバングラデシュのムスリム遺産の保護と保護のため、13億タカを使うこと提案した。同氏はまた、OICから旅行とホスピタリティ分野のスキル人材を育成するための研究所を設立するための支援を求めた。  前回の第9回会合では、マディーナとイランのタブリーズ市を2017年と2018年にイスラム観光の首都と宣言した。  シェイク・ハシナ首相は今朝の会議で、この会議の議長をニジェールからバングラデシュ観光相が今後2年間の任期で引き継ぐと話した。  この会議は、57の加盟国の間で観光の可能性について話し合い、経済に貢献する方法について話し合うため、イスラム協力機構(OIC)の観光大臣がここに集まった。中核課題はイスラム文化と遺産の開発と促進であった。  会議ではまた、イスラム観光に関する共同協力に沿って実施されている各国の観光プロジェクトの進捗状況をレビューした。  50以上のイスラム教徒国と16億人以上のイスラム教徒が市場に潜在する可能性があるため、イスラム教徒に優しい観光商品やサービスの需要に応えることが望まれる。 引用元:The Financial Express 公開日:2018年2月6日21時31分44秒

記事全文

政府は公害をチェックするために川岸の排水処理場を計画

「政府は、深刻な公害に直面している河岸に排水処理場(ETP)を設置する動きを検討している」「短期間にこうした計画を実行できることを願っている」とアニスル・イスラム・マフムード環境・森林大臣が木曜日に開催されたシティプログラムで述べた。  大臣は、ジャティヤプレスクラブでバングラデシュ国際自然保護連合(IUCN)が策定したセミナーで講演し、「イングランドのテムズ川とドイツのライン川も、深刻な汚染を受けていたが、人々が水を飲むことができるように、これらの川の水質を改善した」と語った。  UNB(UNITED NEWS OF BANGLADESH)は、「汚染を監視するための効果的な措置を取って、河川の水質を改善することも可能であり、時間がかかるかもしれないが、可能だ」と大臣は考えていると報じた。  また大臣は、非政府組織(NGO)が政府と並行して首都周辺の河川や湿地を汚染から救う意識を表明するうえで効果的な役割を果たすよう促し、「政府は、首都周辺の河川や湿地を守ろうと真剣に努力している。政府のイニシアチブと並んで、NGOも効果的な役割を果たすことができると私は考えている」と語った。  また河川と湿地が経済と環境と密接に関連していることを踏まえ、大臣は「環境と経済の発展のために、汚染から解放されなければならない」と述べた。 引用元:The Financial Express 公開日:2018年2月1日21時24分19秒

記事全文

バングラデシュの携帯電話加入者数は現在1億4,511万人

   現在、バングラデシュでは1億4511万人がアクティブな携帯電話加入者であり、8,048万人がインターネットユーザーである。  これはバングラデシュ電気通信規制委員会(BTRC)が2017年12月に更新した統計データを公開したものである。  その中でもグラミンホン(Grameenphone)は65,327,000人のユーザーを持つ最大の事業者である。  UNB(United News Bangladesh)によると、インターネットデータ、音声通話、またはショートメッセージサービス(SMS)を90日以内に使用したユーザーが、アクティブとみなされた。 引用元:The Financial Express 公開日:2018年1月29日21時32分20秒

記事全文

メトロレールの脚部が間もなく現れる

 バングラデシュ初となるメトロレール(モノレール)の建設は、首都ダッカのウットラ第3工区からアガーガアン地区の工事が進んでいる。  公式筋によると、メトロレール6号機(MRT-6)の最初のレール積み上げ作業は、地質調査、試験杭打ち、ボーリング調査が完了し、12月25日に始まり、すでに50本以上の杭工事が完成している。また、ウットラ地区からアガルガオン地区まで、建造物の橋脚部分の場所で工事が始まり、モノレールプロジェクトの全貌が見え始めた。  この工事は昨年5月3日にダッカ・マス・トランジット・カンパニー・リミテッド(DMTCL)が20.1キロメートルのMRT-6の半分をイタリア・タイ開発PLCに与え、8月2日にウットラ第3工区ーアガーガアン間の工事が始まった。情報筋によると、この工事期間に2,000回以上の掘削が完了するとの見通しを示した。さらに、駅舎の建設も数ヶ月以内に始まるとのことである。    DMTCLは残りのモーテヒールまでの10.1kmのMRT-6建設工事をまだ実施する予定ではないが、プロジェクトの第1段階はウェブサイトの情報によると、開始日から1,127日間で完了する予定である。  MRT-6の建設作業は、公式には2015年にウットラ地区の発着点の土地開発作業から始まった。しかし、上部の建設が始まってなかったため、形が見えなかった。DMTCLはこれまでに8つのプロジェクトのうち6つのプロジェクトに着工している。DMTCLによると、MRT-6の橋梁は数ヶ月で見え、インフラ整備作業全体は2019年6月までに終了する予定であるとのこと。  しかし、主な建設工事が始まったことで、路線に沿った道路の交通渋滞は悪化した。このため、ミルプールロードとロケヤサラニにおいては、両方の車線のスペースの半分以上が占有されている。パラビとミルプールから来る通勤者は、ミルプール-アガーガアン地区の数キロの道路は、毎日2時間渋滞に詰まったままでいなければならないと話した。交通警察官が不足しているため、ミルプール12からアガーガアンまで数百の乗り物が交差点や転回点で孤立していると付け加えた。  DMTCLのマネージングディレクターのM N N シディクは、彼らは交通の移動を助けるための自由なスペースを確保しようと努力していると語った。彼は、DMTCLは、通勤者や歩行者が多く苦しんでいたモグバザール–マリバグ–モウチャク 高架道路の建設作業中に学んだ教訓を受けて、人々の苦しみを軽減するためのあらゆる対策を講じていると語った。MDは、MRT-6の杭打ち作業は、作業の第1段階の迅速な完了のために、すべての工事箇所で深夜の作業員の数を増やすとも述べている。 引用元:The Financial Express 公開日:2018年1月25日10:48:28

記事全文

Uberがバングラでの創業1周年を祝う

 世界最大のオンデマンド・ライドシェアリング会社、ウーバー(Uber)は、日曜日、バングラデシュの首都であるダッカでの創業1周年を祝った。  Uberインド・南アジアの運営責任者であるPradeep Parameswaranは、ホテルで記者会見を行い、「ダッカは我々に対して、交通状況を変革する挑戦と、増加する車による都市の負担の代替案を創造することを課題として提示した。我々はバングラデシュ政府、ビジネスパートナー、ライダー、ドライバーパートナーに感謝し、ダッカにおいてこのビジョンを現実のものとするためにサポートし続けたい」と述べた。  また彼は「創業から1年間の実績として、Uberはユーザーからの依頼を確認してから7分以内に乗客を乗せることができた。Uberは11月に150万回の依頼があり、同じ期間に20万人以上の人々がUberを利用した。」と述べた。  Uberは、創立1周年を機に、乗客に移動の自由を与え、ドライバーパートナーにマイクロ起業家チャンスの機会を創出し、ダッカの交通をスムーズにするというビジョンを示すというコミットメントを再確認した。 引用元:The Daily Observer 公開日:12月3日(日)午後8時14分、2017年

記事全文
1 2 3 5