バングラデシュの観光スポットについて

バングラデシュの観光スポットについて

はじめに、バングラデシュを観光しよう! と考えている方々のために、大きく二つのアドバイスを。   ●バングラデシュは、世界で最も人口密度の高い国です。 →タイムスケジュールには余裕を持ち、目的地を絞りましょう。 特に首都ダッカではいたるところで渋滞が発生しており、何処へ行くにも移動時間が掛かります。   ●ベンガル語ガイドを雇いましょう。 現地の言葉(ベンガル語)がある程度話せる方なら大丈夫だと思いますが、不安の方などは現地のバングラ人ガイドをつけることをオススメします。 現地の街中にいるバングラデシュ人は、英語がまともに話せる方が少ないうえに、外国人だからとお金を多く言ってくる可能性が高いからです。 店の人だけではなく、バングラデシュの主な移動手段リキシャでも同じことが言えます。 勿論治安に深刻な問題のある国ではありませんが、より良い旅行にしていただくためにも、出発する前にじっくりと考えましょう。       ココだけは訪れておきたいバングラデシュの人気のスポット ダッカ(+Old Dhaka)エリア: スター・モスジッド Star Masjid ムガール朝時代に建てられたモスジッド。百近くの星や月の装飾をもつ5つのドームがあり、その美しさは見ての通り。 白いセメントに陶磁器が埋め込まれています。外観も美しいですが、中はもっと美しい寺院です。 スターモスクは、旧ダッカ、アルメニア教会の約350メートル北にArmanitolaに位置しています。オールドダッカの中で最も有名な観光スポットのひとつです。 モスクは、内側と外側の両方、モザイクで飾られていまる。ドアの間の外壁がガラス張りのタイル上の富士山をモチーフにした装飾が施されており、三日月と星のデザインは、ファサードの上部を飾っています。 青い星の数百人は、白い大理石のドーム上に作成された。すべてのモスクの上に星のモチーフが装飾を支配し、そのようにモスクはスターモスク(ベンガル語でタラマスジド)と呼ばれています。 モスクは、任意の碑文によって日付されていません。それは、その祖先ダッカに来て、Mohallaエールアブサイード(現代Armanitola)に定住していた1ミルザゴラムPirをは、建立することが知られている。 ミルザゴラムPIRが1860年に亡くなったため、モスクの建設の日付は、便利に、19世紀の前半に配置することができます。 もともとは4隅の塔で、典型的なムガール様式で建てられました。 1926年に地元のビジネスマンは、ほぼその当初の計画を変更せずにモスクの幅を倍に、日本語と英語の中国のタイル、及び新たなベランダを追加して、その改装資金を提供。 ファイブアーチはベランダの東のファサードに4つの柱に建立された。 1987年には3-ドーム型のモスクは、5-ドーム型のモスクに形質転換した。   アサン・モンジール Ahsan Manzil Museum     [ショダルガット Sadarghat] ブルゴンガ川の岸にたたずむ 1869年 ダッカの領主だったナワブ家の住宅として 建てられた宮殿。博物館として公開。 ショドル・ガット  Sadar Ghat ダッカ市内を流れるブリゴンガ川に面した船着き場。クルナ、ボリシャルへいく船はここから乗船します。 船に乗るとわかりますが、海は黒く濁っており、底は見えません。魚さえいるのかもわからないぐらい濁っているのですが、現地人の話では、魚はいるが前が見えないのでよく魚同士でぶつかっているらしいですよ。 工場廃棄物やら色々なものが混じっているようで、異臭もするので絶対に手で触れたりしないようにしてください。 ショドル・ガットではバングラデシュで有名な、ロケットスチーマーが定期的に停泊しますので、タイミングが合えば、その姿をみることができます。 船着場に入るのに入場料 5 タカを払う必要があり、大型の船を利用するには中のカウンターでお金を払う必要があります。手漕ぎボートに乗ることもできるけれども、価格の交渉が必要。 小型のボートに乗る場合は現地人で10~20タカ、外国人で 100 タカ程請求されますが交渉次第で安くなります。 ダッカ中央駅(コムラプール駅) Kamalapur Railway Station [モテジール  Motijheel] 駅はダッカ国内最大であり、バングラデシュの輸送のための最も重要な端末である。 また、アメリカの建築家が設計したダッカの中で最も近代的で印象的な建物の一つであるロバート·ボーイーの北東側に位置し、鉄道駅モテジール Motijheelは 、1960年代初頭に設立され、1969年から営業を開始した。 47ローカル列車、28急行列車と駅を通過する24都市間電車、通常は約50列車の日があります。 毎日、何千人もの人々が駅を通ってくる。 電車は除き、バングラデシュの任意の部分に行くボリサル Borisalとポチュアカリ Potuakhali 。 また駅からインドへの直接行きの列車もあります。 プラットフォームには常に混雑が考えられます。 そのため、制御するために駅の内外に警察や警備員がたくさんあり​​ます。 なんと時々、ホームレスの人々のための睡眠の場所としても使用されている 。 :外側              :内側                :プラットホーム…

記事全文

バングラデシュ観光業界の可能性

バングラデシュは現在、観光事業からの収益が非常に少ない国です。バングラデシュの観光旅行部門の最新データの不足は、同国の観光旅行の需要状況と可能性の見通しを困難なものにしていますが、次の3つの市場で成長の可能性を見ることはできます。即ち①外国人旅行者の誘致、②自国の中間〜富裕層、そして③海外駐在員です。 2013年の旅行・観光がGDPに占める総額は4,603億タカ(GDPの4.4%)であり、年間6.5%ずつ上昇した場合、2024年には9,355億タカ(GDPの4.7%)に達する見込みです。 2013年の報告書によると、バングラデシュの旅行·観光部門は13あり、28,500の雇用を創出しました。これは総雇用の1.8%で、2015年には4%上昇すると予想されます。 バングラデシュでは、 2013年の旅行·観光部門への投資は1.5%(405億タカ)でした。2014年には更に3.4%上昇する必要があります。 また報告書は、外国人観光客による支出は2014年には7%の成長が期待されていると述べました。2024年は155億タカ、即ち年間5.7%(8.9億タカ)ずつの上昇が見込めるとのことです。 報告書は、ビジネス旅行支出が110.7タカに、2014年には8.6%の成長が予想されると述べ、2024年には1,884億タカ(年間5.5%)の上昇との見通しもあります。 2013年の観光事業のGDPは、外国人観光客の2.2%と比較して、国内旅行が97.8%を占めています。国内旅行の支出は、2014年には7%(3967億タカ)の成長により5.8%上昇し、2024年には更に年間6999億タカに達する見込みです。

記事全文
1 2