OIC、2019年の観光都市にダッカを選定

70~80古代ダッカの古いモスクを改装  イスラム協力組織(OIC)加盟国の観光大臣が集まる会議は、ダッカが2019年の「観光都市」として選出した。この宣言は、バングラデシュの首都で行われた第10回イスラム閣僚会議(ICTM)の閉会時に行われ、シャハハハン・カマル民生航空観光相により、火曜日、市内ホテルでの最終セッションの後、記者会見で発表した。大臣は「ダッカがOIC加盟国によって翌年の観光都市になったことを発表することを嬉しく思う」と述べた。  民間航空・観光大臣、グラム・ファルク(Ghulam Farooq)、バングラデシュ観光局(BTB)のナシール・ウッディン(Nasir Uddin)最高経営責任者(CEO)もブリーフィングで語った。  ファルク大臣は、OICのプロジェクトとしての資金援助により、ダッカ市内の70~80世紀の古代モスクを改築すると発表した。大臣は、ダッカの「観光都市」としての宣言は、バングラデシュについてOIC加盟国のムスリム観光客に大きな関心を抱かせると述べ、「ダッカを観光都市の中心として推プロモートする戦略的計画を立てる」と付け加えた。  ナシール氏はダッカが観光都市になることはバングラデシュにとって大きな成果になると語り、 “バングラデシュは、OIC加盟国の4つの他の都市に勝って観光都市に選ばれた。なお最後まで観光都市を争ったアゼルバイジャンのガバラは2020年の観光都市となった”と述べた。  25のOIC加盟国の15人の観光大臣を含む上位レベルの代表者が参加した観光会議では、世界中のイスラム遺産を保存し促進するためのダッカ宣言を採択した。  会議中に、シャハハハン・カマル氏は、バングラデシュはバングラデシュのムスリム遺産の保護と保護のため、13億タカを使うこと提案した。同氏はまた、OICから旅行とホスピタリティ分野のスキル人材を育成するための研究所を設立するための支援を求めた。  前回の第9回会合では、マディーナとイランのタブリーズ市を2017年と2018年にイスラム観光の首都と宣言した。  シェイク・ハシナ首相は今朝の会議で、この会議の議長をニジェールからバングラデシュ観光相が今後2年間の任期で引き継ぐと話した。  この会議は、57の加盟国の間で観光の可能性について話し合い、経済に貢献する方法について話し合うため、イスラム協力機構(OIC)の観光大臣がここに集まった。中核課題はイスラム文化と遺産の開発と促進であった。  会議ではまた、イスラム観光に関する共同協力に沿って実施されている各国の観光プロジェクトの進捗状況をレビューした。  50以上のイスラム教徒国と16億人以上のイスラム教徒が市場に潜在する可能性があるため、イスラム教徒に優しい観光商品やサービスの需要に応えることが望まれる。 引用元:The Financial Express 公開日:2018年2月6日21時31分44秒

記事全文

12月1日からダッカで新しいライドシェアリングサービス

 モバイルアプリをつかったライドシェアリングサービスの普及がすすんでいるが、地元のIT企業であるイノバデウス社はダッカ市内の通勤者向けに12月1日から「Ezzyr」と呼ばれるサービスを開始する。 「イノバデウス社は、車とバイク両方の乗り物サービスを提供し、ダッカ市内の通勤者は、Google Playストアからダウンロードできるモバイルアプリ「Ezzyr」を通じて、車とバイク両方の乗車サービスを利用できるようになる。来年1月にはナラヤンガニ、ガジプール、サバールにサービスを拡大する予定である。」と同社役員であるマム カムラル ハサン エモン氏は、日曜日に市内ホテルでの記者会見でこれを発表した。 「12月1日にEzzyrサービスを開始するつもりだ。そのサービスは、ウットラ、ダンモンディ、バリダラ、グルシャン、バナ二の少なくと も5つの地域で利用できるようになるだろう。既に1,050台の自家用車と1,200台のバイクをサービスに登録しており、ドライバーも登録され、訓練されている」と付け加えた。  同氏は2018年1月までにナラヤンガニ、ガジプール、サバールでもEzzyrサービスを開始する予定であると述べ、すでにサービスを展開するための基礎作業を開始したとのこと。同社はまた、2018年中頃までにチッタゴンとシレットに車とバイクの乗り物を組み合わせる計画をしているとも述べた。  さらに、長距離ツアーのために、このアプリを通して自動車を事前予約することができる予定であり、来年早々に利用可能になるもよう。    エモン氏は、アプリベースのライドシェアリングサービスにCNGオートリキシャの所有者の反対意見について、車両所有者が興味を示すならば、CNGオートリキシャをこのライドシェアリングに参加させる用意があるとも述べた。  イノバデウス社のもう一人の役員、ラナ アメド氏は、「Ezzyrアプリは非常にユーザーフレンドリーなものであり、ユーザーがアプリケーションを快適に使用できるようになることを願っています。」と述べた。 引用元:The Financial Express 公開日:2017年11月27日13:44:06

記事全文

ダッカに「ロボットレストラン」が開業

 バングラデシュ初となる「ロボットレストラン」がダッカでオープンした。  このレストランはミルプール・ロードのアサド・ゲートにあるファミリー・ワールド・コンベンション・センターの中にあり、ロボットが料理を配膳する。15日水曜日に記者会見があり、16日木曜日から一般顧客へのサービスが開始される。  ロボットは、中国のロボット制作組織HZX Electronic Technology Companyが技術サポートを行う。  「沢山の人がロボットレストランにご来店いただき、ロボットサービスを体験してもらいたい」と店長のラヒン・レイヤンさんは話した。  同氏によると「ウェイターは仕事のあと疲れますが、ロボットがお客様にサービスを提供することでウェイターの負担を減らすことができ、より良いサービスを提供できます。またこのような環境は、様々な世代の人の楽しみになるだろう。特に子供たちにとっては、キッズメニューがユニークなアトラクションになるため、大きな楽しみになるだろう」と話した。  なお料理の価格はリーズナブルな水準になるそうだ。  レストランには、顧客に食べ物を提供するために2台の人間型ロボットが設置されており、「ロボットで食べ物を注文するオプションを徐々に公開する」そうだ。 HZX Electronic Technology CompanyのCEOであるMax Schwarz氏は、「バングラデシュでロボットのデジタル化にあらゆる種類の支援と協力を行うことを約束し、準備しています」と述べた。 ちなみに、このレストランの各ロボットの価格は$ 8,000~$ 10,000である。 引用元:The Daily Observer 公開日:2017年11月15日水曜日、10:35 PM

記事全文

バングラデシュに南アジア最大規模の空港建設計画

バングラデシュは南アジア最大の新空港の建設を検討している。 この国際空港は、新たな国際空港を建設する取り組みの一環として、首都ダッカ郊外に建設される予定だと、計画担当部が新華社通信に語った。 新空港はパドマ川の西岸に空港を建設し、エアバスA380に相当するワイドボディの航空機を着陸させることができる規模であり、AHMムスタファ・カマル計画大臣は「南アジア地域の主要空港の1つとして機能するように空港を建設したい」と述べた。ただし、まだ計画段階にあるため、プロジェクトについての詳細説明はなかった。 バングラデシュは最大のパドマ橋を中心とした多くの巨大インフラプロジェクトが進行中である。パドマ橋はバングラデシュの3大河川の一つであり、幅25メートル、長さ10キロの橋が建設中である。 引用:http://www.thefinancialexpress-bd.com/2017/05/18/70775/Bangladesh-wants-to-have-S-Asia’s-largest-airport Published : 18 May 2017 写真:The Daily Star

記事全文

チッタゴンで大規模観光開発プロジェクト

ラシュド・カーン・メノン(Rashed Khan Menon)民間航空・観光大臣は、バングラデシュ政府が、景色が美しいパテンガ海とコックスバザールのビーチを中心とした巨大観光開発プロジェクトに乗り出すと発表した。 「シェイク・ハシナ首相は全ての人々が雇用されることを夢見ており、この夢が観光産業を通じて実現することができる」と同氏はハサンヌ・ハク・インュ情報大臣との共同記者会見で語った。 記者会見は、国連世界貿易機関(UNWTO)の港湾都市会議の開幕前夜にチッタゴン・サーキット・ハウスで行われた。 観光大臣は、バングラデシュのParjatan Corporation(BPC)が、Anowara upazila地区のParky Beachに5つ星のホテルを建設するためのイニシアチブを取ったと語った。 バングラデシュの14の5つ星ホテルと多くの国際チェーンホテルが、バングラデシュの観光を促進するためにサービスとビジネスを拡張するために登録され、外国人観光客向けの観光村がコックスバザールに建設されると付け加えた。 第29回UNWTO東アジア委員会とUNWTO南アジア委員会(CAP-CSA)UNWTO危機管理地域フォーラムは、都市のHotel Radisson Bluで開催されている。 観光産業はどの国の経済にとっても主要な牽引力であり、109の産業に影響を与えていることから、この観光産業の重要性を鑑みると、バングラデシュ銀行はCSR方針に観光産業を含むべきであると観光大臣は述べた。 さらに国際的な報告書を引用して、2015年にバングラデシュにおいて、直接雇用機会が113万8,500人、間接雇用機会が234万6,000人であり、これは総雇用の4.1%であると述べた。 記者会見で、ハサヌル・ハク・インュ(Hasanul Haq Inu)情報大臣は、武装勢力とテロが観光部門の最大の敵であるが、この2つのハードルにもかかわらず、政府がバングラデシュを観光友好国とすることを決心することで、バングラデシュは観光分野で多くの進歩を遂げるだろうと大臣は語った。 閣僚は、その後、BPCと映画庁(DFP)が共同で発表したチッタゴンの観光本をBPCと映画庁(DFP)が共同で出版することを発表した。 この会合は、2017年の持続可能な開発のため、国連総会の宣言に合わせて開催されており、バングラデシュ観光局長ナシール・ウディン(Nasir Uddin)最高執行責任者(SM Golam Faruk)民間航空観光幹事、Aktaruzzaman Khan Kabir会長、ムハンマド・イムラン(Mohammad Imran)副長官が出席した。バングラデシュで初めて開催された世界レベルの観光会合であることから、同国の観光産業のランドマークとなるであろう。 引用 BSS / NS – 詳細はhttp://www.observerbd.com/details.php?id=73686#sthash.kd4Slfjb.dpufをご覧ください。

記事全文

【日本レストラン紹介】KOBE Japanese Restaurant

【日本レストラン紹介】KOBE Japanese Restaurant

ボナニ地区はダッカの主要エリアの一つ。ファーストリテイリングがグラミン銀行と合弁で運営する「グラミンユニクロ」を始め、ハイエンドの衣料品店、飲食店、雑貨屋などが立ち並ぶ、バングラデシュでも指折りの高級ショッピングエリアだ。特にロード11は、バングラデシュの表参道とも呼ばれている。 そんなボナニのロード11に2014年にオープンしたのが、日本料理・シーフード料理・ステーキ専門のレストラン、『KOBE Japanese Restaurant』だ。 ダッカにも日本食のレストランは複数あるが、この店では日本人シェフ考案・指導の下作られた、美味しいハンバーグやステーキ、神戸牛が食べられる。 種類豊富なサラダバーは、スープ、ご飯、パン、デザートやアイスまで揃うビュッフェ形式が人気。 また、バングラデシュでは希少な日本式サービスを実践しており、スタッフが非常にフレキシブルかつフレンドリーに対応してくれるのも魅力だ。 一番人気はビュッフェ+デザート付きの「Special Platter」で、499タカ。「KOBE Spicy Kebab Bento Box」は700タカ。 ボナニ地区にお立ち寄りの際は、是非足を運んでみてはいかがだろうか。 【KOBE Japanese Restaurant】 Banani Model Town 4th Floor, Point 11, House #25, block #H, Road #11 TEL: +880 1791 406 080 12:00〜16:00、18:00〜23:00 出典:【KOBE Japanese Restaurant】公式FBページ

記事全文

Novoair(ノボエア)、ダッカ−ヤンゴン便をスタート

Novoair(ノボエア)、ダッカ−ヤンゴン便をスタート

バングラデシュのNovoair(ノボエア)が、12月1日からダッカ〜ヤンゴン便を就航する。 これは同社初の国際線となり、運航は火・金・日の週3便。予定されているフライトスケジュールは下記の通り。 ダッカ⇔ヤンゴン(2015年12月1日~) VQ711 11:30 13:45 火・金・日 VQ712 14:45 16:00 火・金・日 所要時間は計2時間15分、チケット価格は25,220タカ(税込)の予定。 フライトとともに、2泊3日のパッケージツアーも売り出す。基本料金は32,300タカ(※ツイン)、航空券・宿泊及びビザ申請代行費用が含まれる。ツアーでは、シュエダゴン・パゴダ、イギリス植民地時代の歴史的建造物等の観光スポットを巡り、またカンドージー湖、インヤー湖などの自然も楽しめる。 出典:【The Daily Star】2015年10月29日付記事

記事全文

バングラデシュの五つ星ホテル

バングラデシュの5つ星ホテルのご紹介をいたします。出張・ご旅行の際にご検討されてみてはいかがでしょうか。 ■ルポシバングラホテル(ダッカ) ダッカ市内の老舗ホテル。24時間対応ルームサービス、空港送迎、託児施設、バー、ナイトクラブ他設備は充実。Wi-Fiあり。 http://www.ruposhibanglahotel.com/ ■パンパシフィックショナルガオンホテル ビジネスセンター、ヘルスクラブ、プール、理美容サロン有り。 http://www.panpacific.com/ja/hotels-resorts/bangladesh/dhaka.html ■ラディソンウォーターガーデンホテル 洗練された客室、敷地内レストラン・ラウンジ、無料の高速インターネット、テニスコート、国際的に管理されたヘルスクラブとスパ完備。 8つのミーティングルーム有り。企業イベント等にもご利用いただけます。 http://www.radissonblu.com/hotel-dhaka ■シーガルホテルバングラデシュ(コックスバザール) ビーチ正面の立地。水泳プール、緑の芝生、子供用遊技場あり。 http://www.seagullhotelbd.com/

記事全文

バングラデシュの観光スポット

庭園と公園 庭園や公園は、観光客のことを考慮しています。観光客は庭園や公園の自然の美しさを楽しむことができます。 Suhrawardy Uddayan:以前はダッカ大学、国立詩人Kazi Nazrulイスラム廟、国立博物館、ダッカShishuパーク、高等裁判所と最高裁判所、バングラデシュShishuアカデミー、カーゾンホールの技術者協会に囲まれたとして知られていますまた、街の魅力的な観光アトラクションであるバングラアカデミーなど。 国立公園:Bhawal国立公園は40キロ離れたダッカの北に土地の16,000エーカーの面積でGazipur地区に位置しています。公園内釣りやボート競技施設を持つ1000メートル長い蛇行人造湖があります。この休養林の主な植物はGarjan(アッサムサル)や動物は小さいトラ、ヒョウ、小さなクマ、サル、ヤマアラシ、キツネやニシキヘビ、トカゲ、多くの地元の鳥を含んでいます。開発されたサービスやレクリエーション設備を備えた環境共生として有望なものが開発されるように、首都から公園の近さは公園にもたらします。 Modhupur国立公園: 1962年に設立され8436ヘクタールの面積の土地を有しタンガイル地区に位置しています。むかし公園は象、水牛、トラ、ヒョウ、クジャクなど哺乳動物の21種、鳥類140種と29爬虫類の残りの部分と今、絶滅危惧種の野生動物が非常に豊富でした。公園は、そのユニークな生物多様性、地元の部族社会の文化遺産や公園の荒野があることで将来の環境共生に対する観光客に非常に適した目標地点のようです。 Kaptai国立公園:ランガマティヒル地区に位置しており、土地の5464ヘクタールの総面積で1999年に設立。緑の丘、広大なKaptai湖、部族文化博物館、Rajbonビハール州、観光複合体の橋が隣接吊るす、Soubolng、Kaptai水力発電プロジェクト、多数のバネならびに部族の人々のユニークなライフスタイル、鹿、象、ジャングルのような野生生物猫、公園でサルなどは、バングラデシュの観光地の一つとして、それを作ったことで、観光客の膨大な数を集めています。 Ramnaパーク:ダッカ最大の公園でレクリエーションする人たちのための木、花、庭園、ウォーキング、ボート、レストラン施設をRamnaグリーンとして知られていて人気があります。植物や樹木の先住民族と外国品種の多くは公園でご利用いただけます。 Himchari国立公園:Himchariに位置していて、コックスバザールの土地の1729ヘクタールの面積で1980年に設立。エバーグリーン、半常に緑の熱帯林は生物種の数が多いと、この地域で発見されています。緑の丘、巨大な海の青波の景色の美しさを備えたユニークな場所と一緒に大きな滝は観光客の膨大な数を引き付ける観光客の天国であると考えられます。 Ramsagar国立公園:約8キロ離れディナージプルの南に、土地の200169.16エーカー以上に拡張されたTejpurでの土地の27.76ヘクタールの面積を持つ有名な観光スポット。それは基本的に国家遺産のいくつかの例外的な歴史的なイベントを負うバングラデシュの最大の人工の水タンクです。タンクはPalashiの戦いの前夜に、それを発掘ラジャラムナスの名にちなんで名付けられました。冬の間の渡り鳥の膨大な数は、訪問者のいくつかのレクリエーションの魅力を追加したこの湖を訪れます。 Baldhaガーデン:ダッカのワリで1909年にザーミンダールナレンドラナラヤンロイチョードリー氏によって設立されたインド亜大陸の部分で最古の植物園の一つ。これは約1500先住民や庭のなかに672種と87科のエキゾチックな植物があります。これらの植物のいくつかは、最後の1世紀の間に、さまざまな国から収集されました。庭は、その植物相や珍しい、エキゾチックな植物種の膨大なコレクションのために有名です。 国立植物園:1961年に設立され、84ヘクタールの総面積でMirpurの国立動物園の東側に位置しています。庭には、ローカルおよび外国の植物約100種のコレクションがあります。約100品種のバラは、100品種にもおよぶ竹の竹藪のなかにあり、ビャクダン(白檀)の品種が異なる希少でエキゾチックな植物の約60種と一緒に庭のいくつかの注目すべきアトラクションがあります。 Sitakunda植物園とエコパーク:808ヘクタールの総面積でチッタゴンのSitakunda、で歴史的に有名なChandranath丘のふもとに1998年に設立、ユニークな自然の美しさ保安林地帯。これは、野生動植物の生息地の開発エコツーリズムを開花し、国内外の科学者のための研究と教育を開発するための有望な敷地です。 Madhabkundaエコ公園: 265.68ヘクタールの総面積で2001年に設立し、MoulavibazarのMadhabkundaにあります。公園はMadhabkundaの滝と地域におけるエコツーリズム、生物多様性の保全と教育と研究の発展を開発する新しいファセット(ハッキリした面)を広げていく周辺の生物多様性を保全するためのエコ公園として宣言されています。 Dulahazraサファリパーク:600ヘクタールの総面積で1999年に設立され、Chakaria近くに位置するエコツーリズムのための有望な公園。訪問者が大きな領域で自由に移動する自然状態の動物を見ることができる素晴らしい公園。 出典:【ASSIGNMENT POINT】

記事全文

歴史的な場所、ショナルガオン

南アジアにおける歴史的に重要であり、多くの観光客がこれらの場所に魅了され、バングラデシュのいくつかの場所があります。ショナルガオンはそのうちの一つです。これは、ベンガルの最古の首都の一つです。この場所はまた、民俗芸術と工芸美術館、Panjpirsとシャーアリアの神社やスルタンGiasuddin(1399から1499 AD)その領域の無傷のまま古代のモニュメントの一つの墓のために有名です。バングラ文学の最初の近代的な詩人 – もう一つはNatore、Dighapatiya、Sagordari、ジェッソールのマハラジャの古いシート、および詩人マイケルModhusudan Duttaさんの出生地です。 Mujibnagar記念、Meherpur – バングラデシュの解放戦争の間に、ここで1971年4月14日に宣言されたバングラデシュの最初の革命政府に捧げ美しい記念。 Trishal、マイメンシン – 私たちの国民詩人カジNazrulイスラムの無数の少年時代の思い出が周りに発見された場所。ノアーカーリでJayagでガンジーASRAMは1946から47のその場所にマハトマ·ガンジーの歴史的訪問のメモリ内に構築され、偉大な魂のユニークな思い出に彼の思想と深い敬意を捧げました。 出典:【ASSIGNMENT POINT】

記事全文
1 2