ダッカに「ロボットレストラン」が開業

 バングラデシュ初となる「ロボットレストラン」がダッカでオープンした。  このレストランはミルプール・ロードのアサド・ゲートにあるファミリー・ワールド・コンベンション・センターの中にあり、ロボットが料理を配膳する。15日水曜日に記者会見があり、16日木曜日から一般顧客へのサービスが開始される。  ロボットは、中国のロボット制作組織HZX Electronic Technology Companyが技術サポートを行う。  「沢山の人がロボットレストランにご来店いただき、ロボットサービスを体験してもらいたい」と店長のラヒン・レイヤンさんは話した。  同氏によると「ウェイターは仕事のあと疲れますが、ロボットがお客様にサービスを提供することでウェイターの負担を減らすことができ、より良いサービスを提供できます。またこのような環境は、様々な世代の人の楽しみになるだろう。特に子供たちにとっては、キッズメニューがユニークなアトラクションになるため、大きな楽しみになるだろう」と話した。  なお料理の価格はリーズナブルな水準になるそうだ。  レストランには、顧客に食べ物を提供するために2台の人間型ロボットが設置されており、「ロボットで食べ物を注文するオプションを徐々に公開する」そうだ。 HZX Electronic Technology CompanyのCEOであるMax Schwarz氏は、「バングラデシュでロボットのデジタル化にあらゆる種類の支援と協力を行うことを約束し、準備しています」と述べた。 ちなみに、このレストランの各ロボットの価格は$ 8,000~$ 10,000である。 引用元:The Daily Observer 公開日:2017年11月15日水曜日、10:35 PM

記事全文

バングラデシュに南アジア最大規模の空港建設計画

バングラデシュは南アジア最大の新空港の建設を検討している。 この国際空港は、新たな国際空港を建設する取り組みの一環として、首都ダッカ郊外に建設される予定だと、計画担当部が新華社通信に語った。 新空港はパドマ川の西岸に空港を建設し、エアバスA380に相当するワイドボディの航空機を着陸させることができる規模であり、AHMムスタファ・カマル計画大臣は「南アジア地域の主要空港の1つとして機能するように空港を建設したい」と述べた。ただし、まだ計画段階にあるため、プロジェクトについての詳細説明はなかった。 バングラデシュは最大のパドマ橋を中心とした多くの巨大インフラプロジェクトが進行中である。パドマ橋はバングラデシュの3大河川の一つであり、幅25メートル、長さ10キロの橋が建設中である。 引用:http://www.thefinancialexpress-bd.com/2017/05/18/70775/Bangladesh-wants-to-have-S-Asia’s-largest-airport Published : 18 May 2017 写真:The Daily Star

記事全文

チッタゴンで大規模観光開発プロジェクト

ラシュド・カーン・メノン(Rashed Khan Menon)民間航空・観光大臣は、バングラデシュ政府が、景色が美しいパテンガ海とコックスバザールのビーチを中心とした巨大観光開発プロジェクトに乗り出すと発表した。 「シェイク・ハシナ首相は全ての人々が雇用されることを夢見ており、この夢が観光産業を通じて実現することができる」と同氏はハサンヌ・ハク・インュ情報大臣との共同記者会見で語った。 記者会見は、国連世界貿易機関(UNWTO)の港湾都市会議の開幕前夜にチッタゴン・サーキット・ハウスで行われた。 観光大臣は、バングラデシュのParjatan Corporation(BPC)が、Anowara upazila地区のParky Beachに5つ星のホテルを建設するためのイニシアチブを取ったと語った。 バングラデシュの14の5つ星ホテルと多くの国際チェーンホテルが、バングラデシュの観光を促進するためにサービスとビジネスを拡張するために登録され、外国人観光客向けの観光村がコックスバザールに建設されると付け加えた。 第29回UNWTO東アジア委員会とUNWTO南アジア委員会(CAP-CSA)UNWTO危機管理地域フォーラムは、都市のHotel Radisson Bluで開催されている。 観光産業はどの国の経済にとっても主要な牽引力であり、109の産業に影響を与えていることから、この観光産業の重要性を鑑みると、バングラデシュ銀行はCSR方針に観光産業を含むべきであると観光大臣は述べた。 さらに国際的な報告書を引用して、2015年にバングラデシュにおいて、直接雇用機会が113万8,500人、間接雇用機会が234万6,000人であり、これは総雇用の4.1%であると述べた。 記者会見で、ハサヌル・ハク・インュ(Hasanul Haq Inu)情報大臣は、武装勢力とテロが観光部門の最大の敵であるが、この2つのハードルにもかかわらず、政府がバングラデシュを観光友好国とすることを決心することで、バングラデシュは観光分野で多くの進歩を遂げるだろうと大臣は語った。 閣僚は、その後、BPCと映画庁(DFP)が共同で発表したチッタゴンの観光本をBPCと映画庁(DFP)が共同で出版することを発表した。 この会合は、2017年の持続可能な開発のため、国連総会の宣言に合わせて開催されており、バングラデシュ観光局長ナシール・ウディン(Nasir Uddin)最高執行責任者(SM Golam Faruk)民間航空観光幹事、Aktaruzzaman Khan Kabir会長、ムハンマド・イムラン(Mohammad Imran)副長官が出席した。バングラデシュで初めて開催された世界レベルの観光会合であることから、同国の観光産業のランドマークとなるであろう。 引用 BSS / NS – 詳細はhttp://www.observerbd.com/details.php?id=73686#sthash.kd4Slfjb.dpufをご覧ください。

記事全文

【日本レストラン紹介】KOBE Japanese Restaurant

【日本レストラン紹介】KOBE Japanese Restaurant

ボナニ地区はダッカの主要エリアの一つ。ファーストリテイリングがグラミン銀行と合弁で運営する「グラミンユニクロ」を始め、ハイエンドの衣料品店、飲食店、雑貨屋などが立ち並ぶ、バングラデシュでも指折りの高級ショッピングエリアだ。特にロード11は、バングラデシュの表参道とも呼ばれている。 そんなボナニのロード11に2014年にオープンしたのが、日本料理・シーフード料理・ステーキ専門のレストラン、『KOBE Japanese Restaurant』だ。 ダッカにも日本食のレストランは複数あるが、この店では日本人シェフ考案・指導の下作られた、美味しいハンバーグやステーキ、神戸牛が食べられる。 種類豊富なサラダバーは、スープ、ご飯、パン、デザートやアイスまで揃うビュッフェ形式が人気。 また、バングラデシュでは希少な日本式サービスを実践しており、スタッフが非常にフレキシブルかつフレンドリーに対応してくれるのも魅力だ。 一番人気はビュッフェ+デザート付きの「Special Platter」で、499タカ。「KOBE Spicy Kebab Bento Box」は700タカ。 ボナニ地区にお立ち寄りの際は、是非足を運んでみてはいかがだろうか。 【KOBE Japanese Restaurant】 Banani Model Town 4th Floor, Point 11, House #25, block #H, Road #11 TEL: +880 1791 406 080 12:00〜16:00、18:00〜23:00 出典:【KOBE Japanese Restaurant】公式FBページ

記事全文

Novoair(ノボエア)、ダッカ−ヤンゴン便をスタート

Novoair(ノボエア)、ダッカ−ヤンゴン便をスタート

バングラデシュのNovoair(ノボエア)が、12月1日からダッカ〜ヤンゴン便を就航する。 これは同社初の国際線となり、運航は火・金・日の週3便。予定されているフライトスケジュールは下記の通り。 ダッカ⇔ヤンゴン(2015年12月1日~) VQ711 11:30 13:45 火・金・日 VQ712 14:45 16:00 火・金・日 所要時間は計2時間15分、チケット価格は25,220タカ(税込)の予定。 フライトとともに、2泊3日のパッケージツアーも売り出す。基本料金は32,300タカ(※ツイン)、航空券・宿泊及びビザ申請代行費用が含まれる。ツアーでは、シュエダゴン・パゴダ、イギリス植民地時代の歴史的建造物等の観光スポットを巡り、またカンドージー湖、インヤー湖などの自然も楽しめる。 出典:【The Daily Star】2015年10月29日付記事

記事全文

バングラデシュの五つ星ホテル

バングラデシュの5つ星ホテルのご紹介をいたします。出張・ご旅行の際にご検討されてみてはいかがでしょうか。 ■ルポシバングラホテル(ダッカ) ダッカ市内の老舗ホテル。24時間対応ルームサービス、空港送迎、託児施設、バー、ナイトクラブ他設備は充実。Wi-Fiあり。 http://www.ruposhibanglahotel.com/ ■パンパシフィックショナルガオンホテル ビジネスセンター、ヘルスクラブ、プール、理美容サロン有り。 http://www.panpacific.com/ja/hotels-resorts/bangladesh/dhaka.html ■ラディソンウォーターガーデンホテル 洗練された客室、敷地内レストラン・ラウンジ、無料の高速インターネット、テニスコート、国際的に管理されたヘルスクラブとスパ完備。 8つのミーティングルーム有り。企業イベント等にもご利用いただけます。 http://www.radissonblu.com/hotel-dhaka ■シーガルホテルバングラデシュ(コックスバザール) ビーチ正面の立地。水泳プール、緑の芝生、子供用遊技場あり。 http://www.seagullhotelbd.com/

記事全文

バングラデシュの観光スポット

庭園と公園 庭園や公園は、観光客のことを考慮しています。観光客は庭園や公園の自然の美しさを楽しむことができます。 Suhrawardy Uddayan:以前はダッカ大学、国立詩人Kazi Nazrulイスラム廟、国立博物館、ダッカShishuパーク、高等裁判所と最高裁判所、バングラデシュShishuアカデミー、カーゾンホールの技術者協会に囲まれたとして知られていますまた、街の魅力的な観光アトラクションであるバングラアカデミーなど。 国立公園:Bhawal国立公園は40キロ離れたダッカの北に土地の16,000エーカーの面積でGazipur地区に位置しています。公園内釣りやボート競技施設を持つ1000メートル長い蛇行人造湖があります。この休養林の主な植物はGarjan(アッサムサル)や動物は小さいトラ、ヒョウ、小さなクマ、サル、ヤマアラシ、キツネやニシキヘビ、トカゲ、多くの地元の鳥を含んでいます。開発されたサービスやレクリエーション設備を備えた環境共生として有望なものが開発されるように、首都から公園の近さは公園にもたらします。 Modhupur国立公園: 1962年に設立され8436ヘクタールの面積の土地を有しタンガイル地区に位置しています。むかし公園は象、水牛、トラ、ヒョウ、クジャクなど哺乳動物の21種、鳥類140種と29爬虫類の残りの部分と今、絶滅危惧種の野生動物が非常に豊富でした。公園は、そのユニークな生物多様性、地元の部族社会の文化遺産や公園の荒野があることで将来の環境共生に対する観光客に非常に適した目標地点のようです。 Kaptai国立公園:ランガマティヒル地区に位置しており、土地の5464ヘクタールの総面積で1999年に設立。緑の丘、広大なKaptai湖、部族文化博物館、Rajbonビハール州、観光複合体の橋が隣接吊るす、Soubolng、Kaptai水力発電プロジェクト、多数のバネならびに部族の人々のユニークなライフスタイル、鹿、象、ジャングルのような野生生物猫、公園でサルなどは、バングラデシュの観光地の一つとして、それを作ったことで、観光客の膨大な数を集めています。 Ramnaパーク:ダッカ最大の公園でレクリエーションする人たちのための木、花、庭園、ウォーキング、ボート、レストラン施設をRamnaグリーンとして知られていて人気があります。植物や樹木の先住民族と外国品種の多くは公園でご利用いただけます。 Himchari国立公園:Himchariに位置していて、コックスバザールの土地の1729ヘクタールの面積で1980年に設立。エバーグリーン、半常に緑の熱帯林は生物種の数が多いと、この地域で発見されています。緑の丘、巨大な海の青波の景色の美しさを備えたユニークな場所と一緒に大きな滝は観光客の膨大な数を引き付ける観光客の天国であると考えられます。 Ramsagar国立公園:約8キロ離れディナージプルの南に、土地の200169.16エーカー以上に拡張されたTejpurでの土地の27.76ヘクタールの面積を持つ有名な観光スポット。それは基本的に国家遺産のいくつかの例外的な歴史的なイベントを負うバングラデシュの最大の人工の水タンクです。タンクはPalashiの戦いの前夜に、それを発掘ラジャラムナスの名にちなんで名付けられました。冬の間の渡り鳥の膨大な数は、訪問者のいくつかのレクリエーションの魅力を追加したこの湖を訪れます。 Baldhaガーデン:ダッカのワリで1909年にザーミンダールナレンドラナラヤンロイチョードリー氏によって設立されたインド亜大陸の部分で最古の植物園の一つ。これは約1500先住民や庭のなかに672種と87科のエキゾチックな植物があります。これらの植物のいくつかは、最後の1世紀の間に、さまざまな国から収集されました。庭は、その植物相や珍しい、エキゾチックな植物種の膨大なコレクションのために有名です。 国立植物園:1961年に設立され、84ヘクタールの総面積でMirpurの国立動物園の東側に位置しています。庭には、ローカルおよび外国の植物約100種のコレクションがあります。約100品種のバラは、100品種にもおよぶ竹の竹藪のなかにあり、ビャクダン(白檀)の品種が異なる希少でエキゾチックな植物の約60種と一緒に庭のいくつかの注目すべきアトラクションがあります。 Sitakunda植物園とエコパーク:808ヘクタールの総面積でチッタゴンのSitakunda、で歴史的に有名なChandranath丘のふもとに1998年に設立、ユニークな自然の美しさ保安林地帯。これは、野生動植物の生息地の開発エコツーリズムを開花し、国内外の科学者のための研究と教育を開発するための有望な敷地です。 Madhabkundaエコ公園: 265.68ヘクタールの総面積で2001年に設立し、MoulavibazarのMadhabkundaにあります。公園はMadhabkundaの滝と地域におけるエコツーリズム、生物多様性の保全と教育と研究の発展を開発する新しいファセット(ハッキリした面)を広げていく周辺の生物多様性を保全するためのエコ公園として宣言されています。 Dulahazraサファリパーク:600ヘクタールの総面積で1999年に設立され、Chakaria近くに位置するエコツーリズムのための有望な公園。訪問者が大きな領域で自由に移動する自然状態の動物を見ることができる素晴らしい公園。 出典:【ASSIGNMENT POINT】

記事全文

歴史的な場所、ショナルガオン

南アジアにおける歴史的に重要であり、多くの観光客がこれらの場所に魅了され、バングラデシュのいくつかの場所があります。ショナルガオンはそのうちの一つです。これは、ベンガルの最古の首都の一つです。この場所はまた、民俗芸術と工芸美術館、Panjpirsとシャーアリアの神社やスルタンGiasuddin(1399から1499 AD)その領域の無傷のまま古代のモニュメントの一つの墓のために有名です。バングラ文学の最初の近代的な詩人 – もう一つはNatore、Dighapatiya、Sagordari、ジェッソールのマハラジャの古いシート、および詩人マイケルModhusudan Duttaさんの出生地です。 Mujibnagar記念、Meherpur – バングラデシュの解放戦争の間に、ここで1971年4月14日に宣言されたバングラデシュの最初の革命政府に捧げ美しい記念。 Trishal、マイメンシン – 私たちの国民詩人カジNazrulイスラムの無数の少年時代の思い出が周りに発見された場所。ノアーカーリでJayagでガンジーASRAMは1946から47のその場所にマハトマ·ガンジーの歴史的訪問のメモリ内に構築され、偉大な魂のユニークな思い出に彼の思想と深い敬意を捧げました。 出典:【ASSIGNMENT POINT】

記事全文

エアアジア、7月からダッカ〜クアラルンプール便を再開

マレーシアの低コスト航空会社エアアジアは、過去4年間、バングラデシュで停止されていたが、7月11日にダッカからクアラルンプールへの直行便を再開した。 エアアジアは、2010年4月にバングラデシュでの直行便を開始したが、2011年6月からは運航停止となっていた。 「私たちは格安航空会社であるが、真剣に定期的なキャリアのサービスを提供する方法を検討している」と、バングラデシュのエアアジアの販売代理店・全航空サービスのマネージングディレクター、サディ アブドラ氏は述べる。ダッカ〜クアラルンプール間の運賃価格はすべて22,499タカ(税込)に設定されており、オンライン予約も可能だ。 アブドゥラ氏は、「全乗客には30キロの手荷物許容量があり、航空料金にはフードサービスも含まれる」と語った。全ての便で、ダッカ~シンガポール及び、ダッカ〜シドニーの往復便サービスが提供される。チケットは現在、ボナニ、ダンモンディ、モーテヒール、グルシャン、ウットラの5店舗で販売されている。 出典:【The Dailly Star】2015年6月30日付記事

記事全文

バングラデシュの観光スポットについて

バングラデシュの観光スポットについて

はじめに、バングラデシュを観光しよう! と考えている方々のために、大きく二つのアドバイスを。   ●バングラデシュは、世界で最も人口密度の高い国です。 →タイムスケジュールには余裕を持ち、目的地を絞りましょう。 特に首都ダッカではいたるところで渋滞が発生しており、何処へ行くにも移動時間が掛かります。   ●ベンガル語ガイドを雇いましょう。 現地の言葉(ベンガル語)がある程度話せる方なら大丈夫だと思いますが、不安の方などは現地のバングラ人ガイドをつけることをオススメします。 現地の街中にいるバングラデシュ人は、英語がまともに話せる方が少ないうえに、外国人だからとお金を多く言ってくる可能性が高いからです。 店の人だけではなく、バングラデシュの主な移動手段リキシャでも同じことが言えます。 勿論治安に深刻な問題のある国ではありませんが、より良い旅行にしていただくためにも、出発する前にじっくりと考えましょう。       ココだけは訪れておきたいバングラデシュの人気のスポット ダッカ(+Old Dhaka)エリア: スター・モスジッド Star Masjid ムガール朝時代に建てられたモスジッド。百近くの星や月の装飾をもつ5つのドームがあり、その美しさは見ての通り。 白いセメントに陶磁器が埋め込まれています。外観も美しいですが、中はもっと美しい寺院です。 スターモスクは、旧ダッカ、アルメニア教会の約350メートル北にArmanitolaに位置しています。オールドダッカの中で最も有名な観光スポットのひとつです。 モスクは、内側と外側の両方、モザイクで飾られていまる。ドアの間の外壁がガラス張りのタイル上の富士山をモチーフにした装飾が施されており、三日月と星のデザインは、ファサードの上部を飾っています。 青い星の数百人は、白い大理石のドーム上に作成された。すべてのモスクの上に星のモチーフが装飾を支配し、そのようにモスクはスターモスク(ベンガル語でタラマスジド)と呼ばれています。 モスクは、任意の碑文によって日付されていません。それは、その祖先ダッカに来て、Mohallaエールアブサイード(現代Armanitola)に定住していた1ミルザゴラムPirをは、建立することが知られている。 ミルザゴラムPIRが1860年に亡くなったため、モスクの建設の日付は、便利に、19世紀の前半に配置することができます。 もともとは4隅の塔で、典型的なムガール様式で建てられました。 1926年に地元のビジネスマンは、ほぼその当初の計画を変更せずにモスクの幅を倍に、日本語と英語の中国のタイル、及び新たなベランダを追加して、その改装資金を提供。 ファイブアーチはベランダの東のファサードに4つの柱に建立された。 1987年には3-ドーム型のモスクは、5-ドーム型のモスクに形質転換した。   アサン・モンジール Ahsan Manzil Museum     [ショダルガット Sadarghat] ブルゴンガ川の岸にたたずむ 1869年 ダッカの領主だったナワブ家の住宅として 建てられた宮殿。博物館として公開。 ショドル・ガット  Sadar Ghat ダッカ市内を流れるブリゴンガ川に面した船着き場。クルナ、ボリシャルへいく船はここから乗船します。 船に乗るとわかりますが、海は黒く濁っており、底は見えません。魚さえいるのかもわからないぐらい濁っているのですが、現地人の話では、魚はいるが前が見えないのでよく魚同士でぶつかっているらしいですよ。 工場廃棄物やら色々なものが混じっているようで、異臭もするので絶対に手で触れたりしないようにしてください。 ショドル・ガットではバングラデシュで有名な、ロケットスチーマーが定期的に停泊しますので、タイミングが合えば、その姿をみることができます。 船着場に入るのに入場料 5 タカを払う必要があり、大型の船を利用するには中のカウンターでお金を払う必要があります。手漕ぎボートに乗ることもできるけれども、価格の交渉が必要。 小型のボートに乗る場合は現地人で10~20タカ、外国人で 100 タカ程請求されますが交渉次第で安くなります。 ダッカ中央駅(コムラプール駅) Kamalapur Railway Station [モテジール  Motijheel] 駅はダッカ国内最大であり、バングラデシュの輸送のための最も重要な端末である。 また、アメリカの建築家が設計したダッカの中で最も近代的で印象的な建物の一つであるロバート·ボーイーの北東側に位置し、鉄道駅モテジール Motijheelは 、1960年代初頭に設立され、1969年から営業を開始した。 47ローカル列車、28急行列車と駅を通過する24都市間電車、通常は約50列車の日があります。 毎日、何千人もの人々が駅を通ってくる。 電車は除き、バングラデシュの任意の部分に行くボリサル Borisalとポチュアカリ Potuakhali 。 また駅からインドへの直接行きの列車もあります。 プラットフォームには常に混雑が考えられます。 そのため、制御するために駅の内外に警察や警備員がたくさんあり​​ます。 なんと時々、ホームレスの人々のための睡眠の場所としても使用されている 。 :外側              :内側                :プラットホーム…

記事全文
1 2