バングラデシュのGDP成長率、7%に

バングラデシュのGDP成長率、7%に

独立以来破れなかった「GDP成長率6%」の壁を、バングラデシュが突破した。本会計年度の最初の9ヶ月目でついに7%を超えた。 「我々は、この国が初めてGDP成長率7%を達成したことを誇りに思う」 AHM ムスタファ・カマル計画相は、国家経済会議(NEC)でハシナ首相と会談後このように語った。 より高い成長の背後にある理由について尋ねられ、カマル計画相は、国内の政治的安定をその主な理由に挙げている。 バングラデシュ統計局(BBS)の試算どおり、GDP成長率は、昨年度までの6.55%から、2015-16年度に7.05%に達した。 「当連結会計年度のGDP成長率はすでに7%の財政目標を超えている。グローバルな舞台で活躍するための大きな一歩だ」 カマル計画相は、バングラデシュが「6%成長の罠」に長い間呪縛されてきたと述べた。 「私の知る限り、これは独立後、バングラデシュが達成した最高のGDP成長率だ」 バングラデシュは、ここ10年以上一貫して6%以上のGDP成長率を記録している。 2015-16年度のBBS暫定データによると、バングラデシュはほとんどの産業分野で成長を示した。 農業部門は前年同期の3.33%から、本年度で2.60%の成長を遂げた。同様に、産業部門は5.80%から9.67%、サービス業6.70%から10.10%に増加している。 他のセクターに目を転じると、鉱業は12.06%、採石が10.30%、電気、ガス、水道供給が11.15%、及び建設8.87%、製造6.19%の増加となった。 世界銀行標準*によると、もし3年間連続で平均収入が1,045ドル前後で推移するならば、バングラデシュは中間所得層の国家として認められる。一人当たりのバングラデシュの平均収入は、2014年で1,190ドル、2013年は1,154ドルであった。 *2012年の世界銀行の分類に従うと、収入格差は下記の通り。 低収入:1,035ドル以下/下〜中間所得層:1,036ドル 出典:【Dhaka Tribune】2016年4月6日付記事

記事全文

「バングラデシュは良い方向に向かっている」──IRI調査報告

「バングラデシュは良い方向に向かっている」──IRI調査報告

アメリカに拠点を構える国際共和党研究所(IRI)の調査によると、バングラデシュ国民の約73%は、「バングラデシュは良い方向に向かっている」と感じている。 これは2015年11月以来、9%の増加であり、直近2年間では38ポイントの増加である、とIRIの調査報告書は述べている。 水曜日に公表された投票結果によると、回答者の83%は「バングラデシュが政治的に安定していると感じている」と答え、また国内の治安状況については、77%が「非常に良い」または「やや良い」、といった評価を下している。 回答者は、この国の将来について楽観的だ。回答者の72%は、彼らの個人的な経済状況が来年には改善されると考えており、また65%は、国が政治的により安定した方向へ進むと考えている。 「しかし同時に、バングラデシュ国民は、彼らの国が抱える最も大きな問題として、経済・治安問題を挙げている」と指摘するのは、2月4日〜21日の間に行われた、ニールセン・バングラデシュの調査報告書である。 「特に治安情勢について、『不安』と回答したのは21%に上り、2015年11月以来8%の増加を記録した。これは今バングラデシュが直面している最も重要な問題であり、経済とも密接に結びついている」 「バングラデシュ国内の最も深刻な問題」で「汚職、政治腐敗」を挙げた回答者の割合は、2015年11月以来、18%から9%に低下した。 バングラデシュにおける汚職の最もポピュラーな例は、雇用確保のための賄賂の横行である。回答者の45%がこれを挙げた、と調査は言及している。 また、回答者の53%は非常に大きな問題として政治的過激主義を挙げ、44%は宗教的な過激主義について言及した。 調査によれば、過激派が横行する主な原因は、「政治的対立」である、という回答が、全体の38%を占めた。 その他47%は未回答、また、宗教的な過激主義が原因であるとした回答者は6%に留まった。 今回のサンプルは、8つの管区、地区、都市、および地方から抽出された。2,550人の回答者(回答率:43%)の構成は、18歳以上の、投票年齢に達した全国の成人である。 出典:【The Daily Star】2016年4月1日付記事

記事全文

伝統工芸を主体にした女性用ブランド「リディア・メイ」、ダッカ上陸

伝統工芸を主体にした女性用ブランド「リディア・メイ」、ダッカ上陸

「リディア・メイ」は、アメリカ人デザイナーであり社会起業家でもあるメイ・ヤンによって作成された、デザイナーブランドだ。彼女は代表作はバッグで、作品モチーフとして南アジアの豊かな文化や、伝統工芸品の遺産を組み込んでいる。 メイ・ヤンの受注体制の基本はオーダーメード。そこに使用されている技術は、伝統的な高級工芸品への広範な研究の成果だ。 「リディア・メイ」は、原材料のサプライヤーと協力して、生態学的に中性のなめし革技術を開発するなど、環境への影響に配慮している。また同ブランドは、ダッカのスラム街において、70人あまりの学生および未熟練女性を対象、市場性のある職業スキルの教育を行っている、非営利団体「リディア・ホープ・センター・トラスト」をサポートしている。 「リディア・メイ」は、リディア・ホープセンター・トラストの支援のため、その収益の一部を還元することを誓約している。 出典:【The Daily Star】2016年3月29日付記事

記事全文

中国コンソーシアム、パイラ発電所のため15億6千万ドルの契約を承認

バングラデシュ・中国電力株式会社(Bangladesh-China Power Company Ltd、BCPCL)は昨日、パイラ及びパトゥアカリの1,320Mwの石炭火力発電所のためのエンジニアリング、調達及び建設資金のため、中国のコンソーシアムと15億6,000万ドルの契約を締結した。 BCPCLは、バングラデシュ北西部発電会社(North-West Power Generation Company of Bangladesh)と中国机械进出口(集団)有限公司(China National Machinery Imp. & EXP. Corp)による、出資比率50:50のジョイントベンチャーだ。 唯一の入札者としての契約を獲得したEPC契約者は、東北電力エンジニアリングカンパニー(NEPC)、及び中国国家エネルギー工学・建設株式会社(CECC)のコンソーシアムだ。 2019年4月までに、この発電所の660Mwの発電能力を持つ最初のユニットが、電気供給を開始することが期待されている。 「同じ能力を有する第2のユニットも、6ヶ月後には生成を開始する予定だ」と、BCPCLのマネージングディレクター、AM クァールシャデル・アラム氏は述べている。 契約者には、中国の銀行システムから、15億6,000万ドルの資金がクレジットされる。 出典:【The Daily Star】2016年3月30日付記事

記事全文

バングラデシュ、ハイエンドデニムの生産へと移行

バングラデシュ、ハイエンドデニムの生産へと移行

バングラデシュが主にデニム分野で、ハイエンドアイテムのグローバルバイヤーの注目を集めている。グローバルブランドは、天然藍染めの手織りデニム生地をバングラデシュから調達する方法を模索し始めているようだ。ある統計データによれば、バングラデシュは既に、EU市場へのデニム輸出量においては、アメリカを抑え世界第2位である。 BGMEAのデータによると、バングラデシュ製デニム製品の輸出は、2014年の同時期と比較して25.35%の成長を示し、 2015年1月〜11月の間で10億7,000万ユーロに達した。2014年のEU向け輸出高は9億3286万ユーロだったので、成長率は15.53%をマークしたことになる。 バングラデシュは2009年に、EUにおける当時のデニム製アイテムのトップ輸出国だったトルコと中国を抜き、輸出高が3億7,608万ユーロに達した。 出典:【BANGLA APPAREL.COM】2016年3月27日付記事

記事全文
1 4 5 6