世界銀行がチッタゴン港に民間部門の参加を勧告

世界銀行は、バングラデシュと南アジアの近隣諸国が港湾運営に民間参加を促すべきだと提言している。 日曜日に発行されたプレスリリースによると、民間の参加がガバナンスを改善し、国際貿易のより大きなシェアを獲得し、より多くの雇用を創出するために競争を促進すると述べた。 南アジアのコンテナ港の競争力に関する世界銀行の新しい報告書には、地域の港湾の非効率性が進展を妨げ、東アジアのような他の地域との競争に勝てないと警告している。 なお報告書によると、インド亜大陸の中でバングラデシュだけがコンテナ港湾部門において民間部門が機能していない唯一の国であるとしている。 チッタゴン港はバングラデシュのコンテナ輸送量の90%以上を占めているが、設備投資の不足により、アパレル製品以外に活用する余力は少ない。このため同港は貨物の積み卸しや燃料補給の効率が悪く、再出港までに非常に長い時間がかかることが問題となっていると、同報告書は伝えている。 なお世界銀行の報告によると、インド、パキスタン、スリランカのコンテナ港は、改革や民間投資を通じて比較的高い水準の運営・経済パフォーマンスを達成している。 バングラデシュはアパレルなどの労働集約型産業が中国からシフトしているため、成長する世界市場を獲得できる可能性があるほか、バングラデシュのコンテナ港の効率を改善することは、貿易を増やし、増加する労働力のための新たな雇用を創出するための重要な一歩となるだろう、と世界銀行のQimiao Fan氏は述べている。   バングラデシュ NEWAGE Buissiness Apr 30,2017 http://www.newagebd.net/article/14642/world-bank-recommends-private-sector-participation-in-ctg-port#sthash.9qdogDlS.dpuf

記事全文

中国がダッカに4000台の電気バスを提供

banglanews24.com更新:2017-04-27 中国の上海テクノロジーは、ダッカ市内に4,000台の電気バスを提供することを提案した。 この提案は、木曜日(4月27日)のモチェイエル地区のFBCCI講堂で、バングラデシュ商工会議所連盟(FBCCI)と全中華商工連盟(ACFIC)のビジネスミーティングで提起された。 ACFICの公式華李氏は、「まず実験的にいくつかのバスを提供する。それがうまくいけば、合計4000台のバスを提供する」と語った。 FBCCIのAbdul Matlub Ahmed大統領は、同社がバングラデシュとの合弁企業で最新設備を備えたバス運行に関心を示していると述べた。

記事全文

2015年のEU向けアパレル輸出

バングラデシュ、中国、インド、モロッコ、ミャンマー、トルコの6つの縫製国の生産原価指数(PCI)に基づいて、小売業界を対象とした世界有数の戦略コンサルティング会社であるKurt Salmonが2005年から2015年の間に6か国の衣料品輸入データを分析した。 この調査によると、バングラデシュは、価格競争力および高品質の製品を供給する能力があるため、欧州の小売業者にとって6カ国の中で最も評価が高かった。 なお中国は生産コストの高さと熟練労働者の不足のために第2位となった。 インドは第3位、モロッコは4位、ミャンマーは5位、トルコは6位。 欧州の衣料品購買者グループの調達コンサルタントによれば、現時点でバングラデシュに替わる世界的な縫製業の受け皿はなく、バングラデシュのビジネスは成長し続けるだろう。しかし基本衣料品から高付加価値品に生産を移す必要がある、とのこと。 なおバングラデシュの2016年の輸出額に占めるアパレル製品の割合はほぼ85%。世界のアパレル市場でのシェアは約6%となった。 ソース:http://www.thedailystar.net/business/watch-out-myanmar-1397599

記事全文

バングラデシュ、10件のメガプロジェクト発動

バングラデシュ政府は10件のメガプロジェクトについて、個別のロードマップを間もなく発表する。近く発表される予算案において、BDT18,700クローレが割り当てられる予定。 この10件のプロジェクトに投じられる推定総コストは約43.61億ドルであり、来年度予算​​案とほぼ同額。 全80ページに及ぶこの「the Mega-Project – New Roadmap」には、プロジェクトの開始日と終了日、各プロジェクトの経済的影響と資金源を含めた、各プロジェクトの詳細が記されている。 「次の3事業年度までに、メガプロジェクトにはBDT20万クローレが割り当てられる予定だ」とバングラデシュ財務省の担当者は語る。また、メガプロジェクトの数は年々増加する可能性があり、既存のプロジェクトの実施状況は来年度提示されるという。 バングラデシュ政府の迅速なプロジェクトのほとんどが、この10件のメガプロジェクトに含まれている。 パドマ多目的橋建設事業を除く他の9件のプロジェクトは、中国、日本、アジア開発銀行など、2国間もしくは多国間でパートナーが資本を提供している。 パドマ橋建設事業については、汚職騒動を受け世界銀行が1.2億ドルの資金調達の公約を撤回した後*1、バングラデシュ政府の資金で建設されています。 「これらのプロジェクトすべてが経済に大きな影響を与えることになる」と財務省当局者は語る。 例えばパドマ橋とパドマ鉄道の連結プロジェクトは、実現すれば国の経済成長を1.5〜1.75%程度押し上げるだろうと予想されている。 また、液化天然ガス(LNG)受入基地の建設プロジェクトは、国の一次エネルギー源の多様化だけでなく、ガスベースの産業が近い将来直面する、エネルギー資源の枯渇問題の解消に繋がると期待されている。ただしこのプロジェクトは、直近6年間で進展がない。 主要なインフラプロジェクトは、コスト超過、遅延は、調達不能、民間資金の利用不能等といった、バングラデシュの政府プロジェクトで起こりがちな問題を抱えている。 世界銀行によれば、ほとんどのコスト超過は予見可能かつ回避可能であり、問​​題の多くはプロフェッショナルかつ前向きなリスク管理の欠如に由来している。 大規模なインフラプロジェクトは、バリューチェーンの全ての段階において、リスク管理に苦しめられる。 しかし財務省当局者は、「遅延が発生しないよう、各メガプロジェクトの進捗状況は厳密に監視されるだろう」と語っている。先月行われたプレ予算会議において、AMA ムヒト財務相は、「政府は来年度新たなメガプロジェクトのために個別予算を策定する予定だ」と明かしている。 ムヒト財務相は、バングラデシュ政府がこのプロジェクトのために数十億ドルを投資する必要があることを述べている。 「我々はこの新たなプロジェクトのための譲許的融資には依存しない」。ムヒト財務相はまた、中国を含む4カ国が、このプロジェクトの資金調達に興味を持っていることを付け加えると共に、資本の予算額には譲歩が見られないものの、その契約条件自体はかなり合理的であると述べている。 経済研究グループ、シンクタンクのワヒドゥディン・マハムド会長は、この事前予算会議で講演する間、変革プロジェクトの政府の重点箇所をサポートした。 メガプロジェクトの全体像は良いとして、プロジェクトの設計、品質、優先度の設定、プロジェクトの社会的な目標などについては、より詳細に見ていく必要がある、とワヒドゥディン氏は指摘している。 「大規模なプロジェクトは、一度実施されてしまうと、修正するのは難しい」 *1パドマ多目的橋建設事業を巡る汚職問題……パドマ橋の建設はいったん、世界銀行、アジア開発銀行、JICA等の資金援助が決まっていたが、2012年にカナダのコンサルタント会社とバングラデシュ政府高官の間に汚職疑惑が浮上したのを理由に、世界銀行が12億ドルの融資契約を破棄し、計画は白紙に戻った。その後、ハシナ首相は「自前の資金でパドマ橋を建設する」と宣言し、マレーシア、中国、インドの会社などが関心を示していた。 出典:【The Daily Star】2016年5月30日付記事

記事全文

【記事紹介】バングラデシュ、先進国入り目指し直接投資誘致強化

【記事紹介】バングラデシュ、先進国入り目指し直接投資誘致強化

バングラデシュは、国外直接投資(FDI)の誘致活動を強化する方針だ。バングラデシュ中央銀行によると、2015年のFDI流入額は27億ドル(約2,941億円)で、前年比31%増となった。政府は2041年までの先進国入りを目指し、規制緩和などを推進して投資の呼び込みに注力する。現地紙デイリー・スターなどが報じた。 15年のFDIの内訳は、再投資が同15%増の11億4,000万ドル、企業・グループ内融資が倍増の7億9,500万ドルだった。一方、新規投資は7億5,800万ドルで1.2%減少した。分野別ではアパレルが5億8,900万ドルでトップ、以下、銀行が3億7,700万ドル、エネルギーが3億5,000万ドルで続いた。 バングラデシュはここ6年の年間平均成長率が6.4%、1人当たり国民総所得(GNI)増加率が9.4%を記録するなど、堅調な経済成長が続いている。アブドル財務相は、国として41年までに先進国入りを目指すとの意向を表明し、「野心的な目標なのは承知しているが、過去6年の成長を振り返れば不可能ではない」と述べた。 全文:【SankeiBiz】2016年5月16日付記事

記事全文

バングラデシュ、労働環境の安全性の向上を強調

バングラデシュ、労働環境の安全性の向上を強調

バングラデシュは13日、EU内で初めて開催される予定のバングラデシュ共同事業協議会において、ラナ・プラザ崩落事故以降、国内アパレル産業でどのように労働環境の安全性の向上が図られてきたかを発表する。 「ヨーロッパの顧客は、バングラデシュ火災・建物安全組合(The ACCORD*1)、バングラデシュ労働者安全組合(ALLIANCE*2)、及びバングラデシュ政府による工場査察後の労働条件について知りたがっています。我々は、労働環境の安全性の向上を説明する予定です」と商業省上級秘書官のヘーダエートゥラ・アル・マムーン氏は述べる。 3つの関連機関(The ACCORD、ALLIANCE、そしてバングラデシュ政府によるナショナル・アクション・プラン)は、建屋構造、電気・火災の安全性の欠陥調査のため、3,800の工場査察を既に完了している。 The ACCORDはヨーロッパの200小売業者のプラットフォームを中心に約1,600の工場の検査を行った。ALLIANCEは北米の27の小売業者による700の工場を、ナショナル・アクション・プランはその他1,549工場をそれぞれ検査済みだ。 検査によって、37の工場が完全に閉鎖され、40におよぶ建物の構造的な欠陥が発見された。 バングラデシュは、ラナ・プラザ崩落事故を受けて、2013年7月にEUが国際労働機関(ILO)とコミットした、EUサステナビリティ・コンパクト*3に署名している。 現在バングラデシュは、このコンパクトの定める条件をほぼ満たしている。 マムーン秘書官は、「バングラデシュとヨーロッパ諸国の官民双方が、互いの貿易に関わる問題と展望を議論するために、今回の協議会は非常に重要である」と語っている。 双方の代表はまた、二国間貿易を阻んできた障害について議論する。 「EUは、我々にとって最も重要な貿易相手国である」とマムーン秘書官は付け加える。 バングラデシュ商業省のデータによると、2014〜15年度のバングラデシュからEUへの輸出の実に90%は衣料品であり、総輸出額は17.04億ドルにも及んだ。 協議会は、ダッカの事務局で開催される。バングラデシュ側の代表はトファル・アハメッド商務相、EU側の代表は駐バングラデシュ大使館のピエール・マヤウドゥン大使だ。両者はそれぞれの立場から、会議をリードする。 コマース長官によると、28ヶ国の欧州諸国から海外直接投資を誘致することは今回の会議のもう一つの目標であるという。 マムーン秘書官は、バングラデシュ政府は既に、国内外の投資家のために約40地区を開発しており、ヨーロッパの起業家が経済特区に投資する環境が整いつつあるとアピールしている。 バングラデシュ縫製品製造業・輸出業協会(BGMEA)、バングラデシュニット製品製造業・輸出業協会(BKMEA)、バングラデシュ商工会議所連合会(FBCCI)、ダッカ商工産業、及びチッタゴン商工会議所の各代表も、会議に出席する。 25のメンバーで構成された評議会には、在バングラデシュの8ヶ国のEU大使館関係者を含む、異なる組織の代表者が含まれ、関税の課税・非課税をめぐる解決策について議論を行う予定である。 *1 The ACCORD……The Accord on Fire and Building Safety in Bangladesh / バングラデシュ火災・建物安全組合。2013年5月15日設立。[公式サイト] *2 ALLIANCE……The Alliance for Bangladesh Worker Safety / バングラデシュ労働者安全協会。[公式サイト] *3 サステナビリティ・コンパクト……The EU Sustainability Compact [全文] 出典:【The Daily Star】2016年5月12日付記事

記事全文

日本、バングラデシュのIT分野への投資に意欲

日本、バングラデシュのIT分野への投資に意欲

日本が、各分野の独自の伝統的な技術事業の推進に役立てるため、バングラデシュの情報通信技術部門への投資に関心を示している。 松下新平総務副大臣は、5月11日東京ビックサイトで開催された「クラウドコンピューティングEXPO 春」の関連ミーティングを行い、バングラデシュ郵便電気通信情報技術省ICT担当大臣のパラク氏と、バングラデシュのIT分野の改善点を議論した。 「近い将来、日本から巨額の投資がバングラデシュ市場に上陸する」と、ナイムザマン・ムクタ氏(バングラデシュ総理府傘下、a2iプログラムのパースペクティブ専門家)は、Facebookに投稿した。 ムクタ氏は現在、ICTビジネスに関連した政府高官、企業代表者等とともに、3日間にわたって開催される同イベントのために日本に滞在中。日本はバングラデシュのソフトウェアのトップ輸入国のひとつである。 パレクITC担当相は昨日、12のバングラデシュICT関連企業が自社製品を初めとする様々なソリューションを展示しているトレードショー内で、バングラデシュ・パビリオンをオープンした。 バングラデシュ・パビリオンでは、バングラデシュIT企業DataSoftが開発し、現在日産社の乗用車に搭載中のモバイルアプリケーションなどが展示中である。 出典:【The Daily Star】2016年5月12日付記事

記事全文

“Business meet on ICT”、5月21日よりダッカで開催

“Business meet on ICT”、5月21日よりダッカで開催

バングラデシュ政府は、バングラデシュにおけるソフトウェアおよびICTサービスの利用を後押しするため、5月21日より首都ダッカで2日間のB2B会議を開催する。 バングラデシュICT省とバングラデシュ・ソフトウェア情報サービス協会(BASIS)は共同でこのイベントを開催する。会場はダッカのパンパシフィック・ショナルガオンホテルだ。 「銀行・金融・教育・健康の4つの分野の各専門家が論文を発表し、各分野のデジタル化がこれらの産業の成長をどのように促進することができるかについての視点を提供する」。バングラデシュ郵便電気通信情報技術省ICT担当相、ズナイド・アーメド・パラク氏は、ダッカのバンガバンドゥ国際会議センターで開かれた記者会見で声明を発表した。 バングラデシュ政府は、ICT及びソフトウェアの地場産業が、2021年には50億ドルに市場収益を増大することを目標として、展示会を手配する、と同氏は語る。 「政府の主要なステークホルダーと民間セクタが​​、異なる観点からICT部門に関連するさまざまな問題を議論する予定だ」とパラク氏は述べている。 BASIS会長のシャミーム・アサン氏は、「企業のソリューション・プロバイダーの展示会では、訪問者に最先端のICTサービスについて知ってもらうため、サービスプロバイダーとの1対1のミーティングを行う場も設ける」と語っている。 バングラデシュ・コンピューター・カウンシルのエクゼクティブ・ダイレクター、S.M.アシュラフル・イスラム氏、および総理府情報プロジェクトの専門家、ナイムズマン・ムクタ氏も会見に参加した。 出典:【The Daily Star】2016年5月9日付記事

記事全文

バングラデシュ、本格的な夏到来に備えたスキンケアTips

バングラデシュ、本格的な夏到来に備えたスキンケアTips

日本では新緑の季節ですが、バングラデシュはこの一週間の平均気温が32.5度と、既に本格的な真夏の季節です。 今年のラマダンは6月初旬開始。また、モンスーンの到来も6月頃からです。 バングラデシュの女性たちは、この厳しい時期をどうやって乗り越えているのでしょう? 彼女たちの美容ケアについて、『The Daily Star』に興味深い記事を発見しましたので、ご紹介いたします。 【The Daily Star】 ベンガル暦新年から一ヶ月。冷蔵庫の中の冷えたミネラルウォーターや、夏のフルーツがありがたい季節になりました。同時に厳しい季節の到来でもあります。私たちは、肌という、私たちの身体の中で最も重要のケアを忘れてしまいがちです。漂白剤やエステといった手っ取り早い解決策は、素早いフィックスアップを可能にしてくれますが、こういったケアを長期に継続して行うのは、中々難しいものです。しかしここでは、あなたの家にあるもので簡単に行えるスキンケアを紹介いたします。 ■出来る限りお肌をカバーしましょう 灼熱の太陽光は美肌の大敵です。私たちの肌は、表面積が大きく、塵やホコリががすぐ蓄積してしまいます。長時間外出する際は、長袖を着用してください。首をカバーすることも非常に重要です。つま先まで隠れる靴は、長時間の外出には不可欠です。日焼け止めの使用も有効ですが、長時間の使用は毛穴をブロックし、にきびにつながることがあるので注意しましょう。 ■ダイエット 夏は、身体が乾燥し、多くの水分を失って、肌荒れの原因になります。失われた水分を取り戻すために、スイカ、レモン、梨、マンゴーといったジューシーな果実を積極的に摂取しましょう。母なる自然からの贈り物の果物は、消化によく、体内の循環をよくし、カロリーも少なめです。食べる前には、化学物質を取り除くために、きれいな水に浸けて5分間ほど待ちましょう。着色料の多く含まれた飲み物を避け、ココナッツジュースに切り替えてはいかがでしょうか。また、油っぽい食品や、皮革製品など、肌の表面に油性のものが接するのは避けましょう。吹き出物の発生を防ぐためです。最後に、一時間ごとに規則的に水を飲むよう心がけてください。忘れないよう、アラームを設定しておくのもよいでしょう。 ■日焼けした肌のケア 夏の間、日焼けはどうしても避けることができません。特に顔、首、足には、ハッキリとした日焼け跡が残ってしまいがちです。氷水を使って日焼けした部分を冷やすと同時に、キュウリやレモンといった、天然由来の漂白成分を含む食品を併用すると効果が高まるでしょう。ウコンやトマトペーストも含まれます。ハチミツを継続的に患部に塗ると、日焼け跡(ヨーグルトとミルクには、高い保湿効果が期待できます)を自然に、効果的に取り除くことができるでしょう。 ■シャワーを浴びましょう お肌の新陳代謝を高めるために、古い角質を除去するケアを行いましょう。シャワーの後、清潔なタオルでお肌の乾燥した部分を軽くなでてください。肌がまだ湿っている間に、保湿剤をまんべんなく塗りましょう。水虫防止のため、足の指の間をよく拭くことも忘れないようにしましょう。 ■バッグの中の持ち物を確認! 財布ではなく、バッグです。過酷な夏をあなたのお肌が乗り切るためには、デイリーユースなアイテムを今一度チェックしてください。ミネラルウォーターのボトル、木綿のハンカチ、リップクリームは、どこに行くにも必須アイテムです。この他、フェイスパウダー、洗顔料、そして日傘も必要でしょう。フェイスパウダーにタルカムパウダーを混ぜると、長時間効果が持続します。あなたはしばらくの間日本の舞妓のように見えるかもしれませんが、日中何度も行う必要があるメイク直しの手間を大幅に節約し、あなたの顔に吹き出物が発生するのを防ぎます。 私たちバングラデシュ人は、太陽の恵みの下、繁栄するために生まれてきたと、Nanijaan氏は言っています。肌の状態は見た目の印象を大きく左右します。暑い夏も適切なケアを行うよう、心がけたいですね。 出典:【The Daily Star】2016年5月3日付記事

記事全文

米国裁判所、ラナ・プラザ崩落事故の被害男性の訴訟を退ける

米国裁判所、ラナ・プラザ崩落事故の被害男性の訴訟を退ける

アメリカ・デラウェア州の裁判所は、2013年に1,100人を超える人々が死亡したバングラデシュのラナ・プラザ崩落事故後、アメリカのアパレル小売企業3社に対して起こされていた訴訟を退けた。 事故で妻を亡くし、労働者として自らも負傷したこの原告男性は昨年、ウォルマート、JCペニー*1、チルドレンズプレイス*2の大手アパレル企業に対して訴訟を行い、ラナ・プラザビルでの安全な作業環境を、3社が確保することができなかった、と主張していた。 裁判官は、適用可能なバングラデシュ住民の法律の有効期限が失効した後、訴訟が起こされたことを指摘し、今週原告と合意。「3社が直接縫製工場に雇用された労働者に対してではなく、小売業者への注意義務を負っていたという原告側の主張は、立証が叶わなかった」と今回の判決について説明した。 *1 J. C. Penney / J.C.ペニー……アメリカ発の大手デパートメントストアチェーン。1902年創業の老舗企業で、シアーズ、ウォルマート等と並ぶアメリカの代表的なゼネラルマーチャンダイズストア。 *2 The Children’s Place / チルドレンズプレイス……アメリカ発の、リーズナブルな子供服に特化した、アパレルファストブランド。1989年設立。 出典:【The Bangla Apparel.com】2016年5月8日付記事

記事全文
1 3 4 5 6 7 8