バングラデシュは4G時代に

引用元:the dailyobserver 公開日:2018年2月19日(月曜日)午後10時17分         3つの携帯電話事業者が2月19日の夜から同国で4G携帯電話サービスを展開したため、バングラデシュはデジタル接続の時代に入った。  彼らはバングラデシュの電気通信規制委員会(BTRC)からライセンスを取得した直後に、ダッカ、チッタゴン、クルナ、シルデットの都市で4Gサービスを開始した。シャジャハン・マフムド(Shahjahan Mahmood)BTRC会長から、携帯電話事業社4社(グラミンフォン、ロビ、バングラリンク、テレトーク)の最高経営責任者に対して、ダッカ・クラブのバングラデシュ移動体通信事業者協会(AMTOB)で、ライセンスが渡された。4事業者はまた、技術中立性と無線通信装置のライセンスも受け取った。携帯電話会社は、他の主要都市や都市でも高速インターネットサービスを開始する。  ムスタファ・ジャバル(Mustafa Jabbar)氏は、4Gサービスの立ち上げがこの国にとって画期的なものであると指摘し、政府のサービスは携帯電話を通じて人々の玄関口になると語った。また人々が4Gサービスで恩恵を受けることができるように携帯電話事業者にサービスを改善するよう促し、彼はBTRCに4G SIM交換のためのTk 110の課金が妥当であるかどうかを調べるよう指示した。BTRCの会長は、4Gサービスの立ち上げは画期的なステップであり、インターネットのスピードが大きく向上すると述べた。  BTRCは2月13日より、移動通信事業者に新しい周波数帯域を割り当てるための入札を実施した。この入札により政府は526億タカの収入を得た。バングラリンクは、異なる2つのバンド(2100と1800)から10.6 MHz帯域を獲得し、255億タカで購入、グラミンフォンは1800バンドから5MHzを128億タカで購入した。ロビはそれと同じ帯域を購入せず、エアテルを統合した。テレトークはすでに4Gサービスを開始するのに十分な帯域を持っていた。  政府はまた、グラミンフォン、バングラリンクとロビの3つの事業者から技術中立料金として別に85億タカを徴収した。そして全体の付加価値税として 528億タカの収入があった。  なお入札にはテレトーク、シティセル、バングラリンク、グラミンフォン、ロビが参加したが、 シティセルはオペレータライセンスを失ったため許可されなかった。 UNB / SU

記事全文

バングラデシュの携帯電話加入者数は現在1億4,511万人

   現在、バングラデシュでは1億4511万人がアクティブな携帯電話加入者であり、8,048万人がインターネットユーザーである。  これはバングラデシュ電気通信規制委員会(BTRC)が2017年12月に更新した統計データを公開したものである。  その中でもグラミンホン(Grameenphone)は65,327,000人のユーザーを持つ最大の事業者である。  UNB(United News Bangladesh)によると、インターネットデータ、音声通話、またはショートメッセージサービス(SMS)を90日以内に使用したユーザーが、アクティブとみなされた。 引用元:The Financial Express 公開日:2018年1月29日21時32分20秒

記事全文

バングラデシュ政府、女性起業家30,000人を創出

 バングラデシュ政府は、バングラデシュの国連アジア太平洋開発拠点(UN-APCICT)研修センターの主力プログラムである「女性ICTフロンティア・イニシアチブ(WIFI)」を立ち上げ、ITトレーニングを提供して3万人の女性起業家を創造する。  バングラデシュ議会のシャリンシャーミンチョードリー議長は、ダッカのホテルで7月3日から4日まで、2日間のトレーナー訓練(ToT)ワークショップを開催した後、7月5日に開催されるWIFIの立ち上げ担当に就任する。同式には女性と子供問題担当大臣であるメア・アフローズ・シュク氏、国連APCICT理事であるハイヨンソクリー氏、その他国内および国際機関の代表、関係省庁、学界、女性起業家協会等の利害関係者が出席予定であり、ICT担当大臣図ネイド・アムド・パラク氏が議長を務める。  ICT部門の長官であるバナマリー・バックミック氏は「政府は国の発展に果たす役割の確保を目指し、バングラデシュ全体で女性起業家を育成するための支援とIT訓練を提供し、国連の持続可能な発展目標(SDGs)に沿って、政府がITを活用して女性の能力強化を支援するなど、さまざまな取り組みを行うことで女性の社会進出を促すことをを主要課題の1つとして議題に盛り込んだ」と述べた。またToTワークショップを通じて作成されるマスタートレーナーは、経営管理、マーケティング、製品販売、事業計画立案のためにICTを最適に使用するためのITトレーニングを女性に提供するとバナマリー氏は付け加えた。  スーザンタ・クマール・サハ副長官は、女性起業家のIT活用能力を高める訓練は、事業計画の策定とビジネスの促進と拡大に役立つとBSSに述べた。 引用元:The Financial Express Dhaka,  Mon,  03 July 2017

記事全文

バングラデシュ、WSIS賞を受賞

 バングラデシュは、革新的な情報へのアクセス(a2i)プログラムに送られるIT分野において世界で最も権威ある賞の一つである世界首脳会議(WSIS)賞 を4年連続で受賞した。A2iの革新プロジェクトである「マルチメディア・トーキング・ブック」は、すべての人、特に視覚障害のある学生に教育を提供することで、顕著な影響を与えているということが評価された。  その他「Nothi(e-filing system)」、「公共サービス配信におけるソーシャルメディアの利用」、「農村起業モデルによる遠隔医療プロジェクト」など3つのプロジェクトが、WSISチャンピオンズ2017賞を受賞した。  首相官邸のカビール・ビン・アンワール局長とa2iプログラムのプロジェクトディレクターは6月13日、ジュネーブ国際電気通信連合(International Telecommunication Union)本部で賞を授賞式があり、Manik Mahmud教授、Anir Chowdhury教授、Khondkar Siddique-E-Rabbani教授、Mohammad Shafiul Alam議員らが出席した。  情報へのアクセス(A2I)プログラムは、デジタルバングラデシュの首相官邸で最も重要な活動の1つである。ここ数年、現政府は、農業、教育、保健、市民施設、土地管理、商業、そしてとりわけ政府行政のようなガバナンスのほぼすべての分野において、ICTの画期的な使用を通じてデジタルサービスを開始している。 – 引用元:http://www.observerbd.com/details.php?id=79365#sthash.fEGrvY3h.dpuf Thursday, 15 June, 2017

記事全文

バングラデシュ政府が31,340の教育機関にIT機器を提供

ヌール・イスラム教徒のナヒード大臣は、31,340の学校とカレッジにIT機器を提供し、マルチメディア教室を開設することを支援すると述べた。 国会でチッタゴン-12選挙区のサムスル ハック チョードリー財務長官からの質問に対し、「マルチメディア教室を設置するための31,340の教育機関には、ノートパソコン、マルチメディアプロジェクター、スピーカー、モデムが供給されるだろう」と答えた。 また、「マルチメディアの普及と近代的な教室を運営のために、5,20820人の教師が多岐にわたる訓練がなされるだろう」と語り、さらに「ICT(Phase-2)プロジェクトにより中等教育以上の教育が教育機関に対し政府の下で供給されるだろう」、「ICTの利用とマルチメディア教室の設立はすべての教育機関で段階的に行われる」、「国家経済審議会(ECNEC)の執行委員会が2017年4月4日にプロジェクトを承認した」と述べた。 さらに政府が今までに23,331の教育機関にインターネット機能を備えたラップトップ、マルチメディアプロジェクター、スピーカー、モデムを提供し、同じプロジェクトの下でマルチメディアクラスのデジタルコンテンツ準備に関する24,122人の教師を訓練したことを下院に伝えた。 参照:https://goo.gl/AYtRUs

記事全文

日本、バングラデシュのIT分野への投資に意欲

日本、バングラデシュのIT分野への投資に意欲

日本が、各分野の独自の伝統的な技術事業の推進に役立てるため、バングラデシュの情報通信技術部門への投資に関心を示している。 松下新平総務副大臣は、5月11日東京ビックサイトで開催された「クラウドコンピューティングEXPO 春」の関連ミーティングを行い、バングラデシュ郵便電気通信情報技術省ICT担当大臣のパラク氏と、バングラデシュのIT分野の改善点を議論した。 「近い将来、日本から巨額の投資がバングラデシュ市場に上陸する」と、ナイムザマン・ムクタ氏(バングラデシュ総理府傘下、a2iプログラムのパースペクティブ専門家)は、Facebookに投稿した。 ムクタ氏は現在、ICTビジネスに関連した政府高官、企業代表者等とともに、3日間にわたって開催される同イベントのために日本に滞在中。日本はバングラデシュのソフトウェアのトップ輸入国のひとつである。 パレクITC担当相は昨日、12のバングラデシュICT関連企業が自社製品を初めとする様々なソリューションを展示しているトレードショー内で、バングラデシュ・パビリオンをオープンした。 バングラデシュ・パビリオンでは、バングラデシュIT企業DataSoftが開発し、現在日産社の乗用車に搭載中のモバイルアプリケーションなどが展示中である。 出典:【The Daily Star】2016年5月12日付記事

記事全文

ジャガーランドローバー、ハイテクベンチャー立ち上げ

ジャガーランドローバー(JLR)が、このたび新たなハイテクベンチャーを立ち上げた。地球に優しい燃料を研究し、カーシェアリングサービスのためのアプリを開発するテクノロジーサービス、InMotionだ。 InMotionは、公開テストの前に、来月から北アメリカ、ヨーロッパ、そしてアジアでカーシェアリングのための製品のテストを始める。 自動車メーカーは、車を購入する可能性が低く、Zipcarなどのカーシェアリングサービスに魅力を感じている、世界の主要都市の若い消費者にアピールしようとしている。 英国ベースのJLR(インドのタタ・モーターズが所有〉は、この新しい完全子会社が、新しい顧客を引き入れることを期待している。 グループ戦略ディレクター、エイドリアン・ホールマーク氏は、「新しいアプリとオンデマンドサービスの開発によって、InMotionは、新規・既存顧客の双方に、魅力的な、そして測り知れないほど貴重な経験を、グローバルな範囲で提供するだろう」と語っている。 出典:【The Daily Star】2016年4月12日付記事

記事全文

女性起業家、活躍中

女性起業家、活躍中

オンラインサービスのMaya(maya.com.bd)は、ここ一年間で10万のクエリに応答し、法務、社会、健康に関するあらゆる問題に解決策を与えている。 昨年3月に発足したこのローカル企業は、アンドロイド用携帯アプリとウェブサイトを通じて、製品を提供している。同社のAPP『Maya Apa』は、ユーザーの質問に答え、彼らの問題解決に手を差し伸べる。 マヤ、そしてDohatec(ドハテック)New Media、Healthprior21、Amar Desh Amar Gram、Windmill Infotech Ltd、SME Foundation、 Punoh and Thengamara Mohila Sabuj Sanghaを初めとする企業は、6日ダッカで行われた1DAYイベントで自社製品やサービスを展示した。 バングラデシュ・ウーマン・イン・テクノロジー(BWIT)およびマイクロソフトバングラデシュは、3月7日の国際女性デーを前に、レイクショアホテルでイベントを開催した。 「我々は、妊婦の健康は重要な問題であり、多くの女性が様々な問題を抱えていることを知っています」 Maya.com.bdの創設者アイビー・ハク・ラッセル氏は、同イベントでスピーチを行った。 「ですから我々は、人々が音声とテキストフォーマットでサポートを得るのを助けるために、Mayaのパッケージを開発しました」 20人以上の女性起業家が、Mayaのプログラムに参加した。 大手オンラインチケット販売のShohoz.comも、イベントで自社製品を展示した。 Shohoz.comは2年前から、バスや電車の切符販売だけでなく、ホテルの予約販売、映画のチケット販売、オンラインビジネスの新しい広告作成などのビジネスを展開している。 「顧客が完全にオンライン販売を信用し、使用するには、市場の準備がまだ不十分だ」とShohoz.comのマリハ・M・クァディールマネージングディレクターは述べている。 BWITのルナ・シャムスドハ社長は、マイクロソフトバングラデシュのマネージングディレクター及びBWIT副社長、ソニア・バシル・カビール氏と行った就任イベントにおいて、議長を務めた。 「私たちはマイクロソフトを通じて、この国の1億5千万人の人々に、当社のサービスをお届けしたいです。そのミッションを持って、我々は自分たちの生活のデジタル化を実現するためのイニシアチブを取得しています」とソニア副社長は語った。 ドハテック・ニューメディアのルナ・シャムスドハ会長(BWIT社長)は、「現在多くの女性は、日常生活のためにIT技術を使用していますが、新しいIT製品の開発に携わっている女性の割合はまだまだ低い」と述べました。 プログラムでは、女性起業家連盟のロキア・アフジャル・ラーマン会長は、女性起業家の強力なネットワークを構築する必要性を強調しました。 同イベントには在ダッカスリランカ高等弁務官ヤソジャ・グナセケラ氏、国連ウィメンのバングラデシュ代表クリスティン・ハンター氏、およびバングラデシュコールセンター&アウトソーシング、アハマダル・HOQ・ボビー会長も出席した。 出典:【The Daily Star】2016年3月7日付記事 Maya Website

記事全文

BTCL、インターネット使用料金を33%カット

バングラデシュテレコミュニケーションズカンパニー株式会社(BTCL)は、インターネット使用料金を約33%削減し、データ容量の制限を解除した。 国有企業がボリュームベースの費用請求から、回線速度に基づく費用請求へと舵を切った。 今回のBTCLの月額基本料金の値下げを受け、インターネットサービスプロバイダBcubeは、“Infinity 256(容量無制限256Kbps)”のパッケージを450タカから350タカに値下げする予定。 同社の他の提供プランのうち、“Infinity 512(同512Kbps)”は500タカ、“Infinity 1,000(同1,000K – 1Mbps)”は700タカ、“Infinity 1,500(同1.5Mbps)”は1,000タカになる予定。 出典:【The Daily Star】2016年2月22日付記事

記事全文
関連カテゴリ IT

「電子商取引を信頼」、86%に

「電子商取引を信頼」、86%に

調査会社の報告書によると、ダッカ、チッタゴンおよびシレットに住む中間層の人々のうち、約18%が毎日通販を利用している。 今回調査を行ったのは、ビジネス分析サービスを行う、ライトキャッスル・パートナーズ。同社が実施した、電子商取引をめぐる消費者の実態調査に対し、3つの主要都市の450人が回答した。 回答者のうち、「(電子商取引は)信頼性ない」と回答したのは3%、「どちらともいえない」が11%だった。 調査対象は、20〜40歳、月収251〜650ドルの若中年層を中心に行われた。「調査結果は、バングラデシュにおけるオンライン取引の有用性と、富裕層の優位性を明らかにしている」とライトキャッスル・パートナーズのビジョン・イスラム代表は述べた。 現在バングラデシュ国内では、インターネットを通じて行われる食品の配達サービスが、電子商取引の約四分の一を占めている。 また、回答者のうち21%は、すでにオンラインで衣類やアクセサリー類の購入経験があり、32%が今後一年以内にそれらを購入する予定であることがわかった。 一方、家電・食料品は、購入経験のある層はまだ少ないものの、「今後インターネットを通じて購入予定」と回答した割合がいずれも20%を超えており、今後一年間で大幅な需要増が予想されている。 出典:【The Daily Star】2016年1月22日付記事

記事全文
1 2