スペルミスで発覚、バングラデシュ中銀での不正送金被害 総裁は辞任

スペルミスで発覚、バングラデシュ中銀での不正送金被害 総裁は辞任

バングラデシュ中央銀行のアティウル・ラーマン総裁は、今回の不正送金被害を受け、15日ハシナ首相に辞表を提出し、受理された。 当事件は2月5日に発生したが、同総裁は1か月の間、当局に報告していなかったことが明らかになった。ラーマン総裁はムヒト財務相の指示を受け、辞任を決意したという。 銀行当局者によると、先月に発生した米ニューヨーク連邦準備銀行(FED)にあるバングラデシュ中央銀行の口座からのハッカーによる現金盗難は、送金先の名前のスペルが間違っていたことが被害の発覚につながった。送金がすべて行われていれば被害総額は10億ドル(約1,138億円)に上ったという。 それでもハッカーらは約8,000万ドルを盗むことに成功。これは、明るみになった銀行強盗の中でも最大規模の被害額となる。犯人は拘束されていない。 バングラデシュ中銀の当局者2人によると、ハッカーは中銀のシステムに不正侵入し、送金手続きに必要な認証情報を入手。その後、口座を管理する米ニューヨーク連銀に対し、フィリピンとスリランカの組織への送金依頼を30回以上行った。 このうち4回の送金が実施され、フィリピンに計約8,100万ドルが送られた。しかし5回目の依頼では、ハッカーが送金先であるスリランカの非政府組織(NGO)「シャリカ・ファンデーション」の名前のスペルを間違えたことから、経由銀行のドイツ銀行が不審に感じ、バングラデシュ中銀に照会。送金は中止されたという。 ハッカーは「ファンデーション」のスペルを、正しくは「foundation」であるところを「fandation」とつづっていた。 スリランカで登録されたNGOのリストには「シャリカ・ファンデーション」という組織は含まれていない。 また当局者によると、ニューヨーク連銀も、通常よりはるかに多い依頼回数や送金先が銀行ではなく民間組織だったことに疑いを抱き、バングラデシュ側に通知したという。 著名な経済学者・銀行家であると同時に、教授でもあるラーマン元総裁は、2009年5月1日に総裁に就任。以来バングラデシュ中央銀行の舵を取り続けてきた。ラーマン元総裁のリーダーシップの下、バングラデシュ中銀は低所得世層のための多数の信用制度の促進措置を講じてきた。また、銀行の各関連セクタに最新技術を搭載した決済システムの導入を行うなど、同氏が残した功績は非常に大きい。 一方で今回の事件発生後、国際通貨基金(IMF)のイベント出席のため、ニューデリーへの旅行費用を調達したことには批判が集中している。 バングラデシュ政府では現在、後任人事を進めている。 出典:【The Daily Star】2016年3月16日付記事 出典:【REUTERS】2016年3月15日付記事

記事全文

バングラデシュ中央銀行、アパレル・皮革産業に2億ドルの貸付金

バングラデシュ中央銀行、アパレル・皮革産業に2億ドルの貸付金

バングラデシュ中央銀行は、アパレル・皮革産業において、環境に配慮した生産を行うため、低価格の貸付金として2億ドルの資金提供を決めた。 「我々は世界に、バングラデシュが環境に配慮した衣服や皮革製品を製造していることを知ってもらいたいのです。『グリーン・バングラデシュ』として、この国を印象付けたい」と、バングラデシュ中央銀行アティウル・ラーマン総裁は昨日発言した。 ラーマン総裁は、首都ダッカのショナルガオンホテルで行われたBSREA(バングラデシュ太陽光・再生可能エネルギー協会)主催の会議「持続可能な開発のためのグリーン金融」の開会の挨拶において、上記のコメントを発表した。 「現在欧米では、環境配慮型製品の開発が主流であり、今回の措置はこの傾向に配慮したもの。繊維・皮革産業から始め、他の産業にも徐々に低コストの貸付金の幅を広げていきたい」とラーマン総裁は語った。 出典:【The Daily Star】2016年1月13日付記事

記事全文

ADB、バングラデシュへの融資を倍増

ADB、バングラデシュへの融資を倍増

アジア開発銀行は、インド、ネパール、ブータン各国を結ぶ接続のプロジェクトに優先順位を取り付け、今後3年間でバングラデシュへの融資を倍増する。 バングラデシュは2013~2015年の26.8億ドルに加え、2016~2018年の間に59億ドルを受け取る可能性がある。決定は関連省庁の上級職員及び、経済関連の政府高官・ADBカントリーディレクターとの一カ月間の議論を経て、昨日決議された。 議論の中で、ADBは、5つの道路や鉄道など、いくつかのプロジェクトに調印した。 ADBは南アジアサブ地域経済協力(SASEC)プログラムを通じて、4カ国のそれぞれにおいて進行中の道路の接続プロジェクトを支援する。 出典:【The Daily Star】2015年6月23日付記事

記事全文

銀行利益、わずかに上昇

今年上半期、政情不安や貸出金利の引き下げにもかかわらず、バングラデシュのほとんどの民間銀行の売上利益は増加傾向を記録。政情が安定していけば、年末には更なる利益の増加が望める。 統計途中のデータではあるが、民間銀行の最大手イスラム銀行の利益は1〜6月でTk840ルピー(前年比1.45%)に増加。 Pubali銀行は2.94%増加した。 銀行関係者によると、1〜3月間の政情不安が貿易取引に影響を与えたと述べた。大手信託銀行マネージングディレクター、アニス・A·カーン氏は、「銀行は損失の回復に努めており、売上利益は今後6ヶ月で更に上昇する可能性がある」と述べた。 出典:【デイリースター】2015年7月2日付記事

記事全文

Baidu、32億ドルを投資

中国のトップインターネット検索エンジンBaidu社は、Nuomiなどのオンライン·オフラインサービスに今後3年間で200億元(32.2億ドル)を投資すると発表した。「今Baiduは帳簿上現金で500億元以上持っている」と、CEOのロビンリーは新聞にコメントしている。 出典:【REUTERS】2015年6月30日付記事

記事全文

中国主導のAIIBに50カ国が参加

中国主導の*AIIB(アジアインフラ投資銀行)設立に向けて、バングラデシュを含む50ヶ国は、月曜日に北京で画期的な契約を締結した。設立協定の調印式は、バングラデシュ時間午前7時(中国では午前9時)に北京市の人民大会堂で開催され、バングラデシュ代表としてMAマンナン財務相が契約書にサインした。創設メンバー57か国のうち、フィリピン、デンマーク、クウェート、マレーシア、ポーランド、南アフリカ、タイ王国の7か国は、調印署名を見送った。 中国財政省が公表したAIIB設立協定によると、資本金1000億ドルのうち、中国は約29.8%の298億ドルを拠出し、インド8.4%、ロシア6.5%。ドイツ4.5%がそれに続く出資比率となった。重要事項の決定は75%以上の賛成が必要となるため、中国が単独で拒否権を握ったことになる。 AIIBは、世界銀行やアジア開発銀行の将来のライバルとして目されている。創立メンバーには、中東、南米、アジアの多くの開発途上国が含まれる。日米は参加を見送った。業務開始は2016年1月中旬を予定している。 *アジアインフラ投資銀行(Asian Infrastructure Investment Bank, AIIB)……中華人民共和国の提唱・主導の元発足された、アジア向けの国際開発金融機関。2015年12月25日に17ヶ国が批准したことで出資比率が50%を超え、正式に発足。参加を表明した57カ国のうち、フィリピンを除く56カ国が調印を完了した。 出典:【NEW AGE】2015年6月30日付記事

記事全文

BRAC、マイクロローンで堅実な成長を記録

BRACにおける貧困層のマイクロクレジットの支払いは、2014年、前年比で28%の増加となった。なおBRACの年次報告書によると、借り手の95パーセントが女性であった。 BRACの最高財務責任者SN カイリー氏は、『マイクロファイナンスプログラムの元で資産と現金を提供し、貧困層の雇用創造に重点を置く』と述べた。 出典:【デイリースター】2015年6月24日付記事

記事全文

マネーロンダリング追跡調査のための特別部隊の発足が決定

バングラデシュ政府は、マネーロンダリングへの取り締まりの一環として、不正な利益を受給している市民を調査するための、特別部隊の発足を取り決めた。 財務大臣AMAムヒス氏は27日、「マネーロンダリングは経済発展の上で深刻なリスクである」と議会で発言。国家委員会は、マネーロンダリングを抑制するための調査に関する国際的な情報を既に入手している。 現在、バングラデシュ政府は毎年行われているマネーロンダリングの場所を突き止めるための仕組みを持っていない。スイス国立銀行からの最新のデータによると、2014年に、前年比の36%増しである4,283万タカ(5.06億スイスフラン)が、国から流出している。ワシントンの研究組織は、バングラデシュからの資金の違法流出は国が2008年から2012年の間に受け取った政府開発援助(ODA)や外国投資を合わせて38.5パーセント程度であると述べた。2003年から2012年の間、バングラデシュから平均して、毎年13.1億ドルが流出したと見られる。 出典:【デイリースター】2015年6月28日付記事

記事全文

個人株式および主要ベンチャー企業のための新しいルール

バングラデシュ証券取引委員会は昨日、個人株主および主要なベンチャー企業が資金を共同出資し、非上場企業の株式への投資を行うことができるように、新しい規則を承認した。 個人株主および主要なベンチャー会社は、個人株式·金融のための資金を作成し、管理するための新しい投資ルールに従わなければならない。 そのルールは欧州委員会のウェブサイトに掲載され、またガゼット通知としてすぐに公開されるだろう、とBSECは声明で述べている。BSECに登録する必要がある資金管理者たちは、機関、富裕層個人と外国の資金管理者かもしれない適格な投資家たちから資金を調達する。 資金は、公共の公募等により調達することはできない。唯一、私募により調達することができるが、他の投資信託などの証券取引所で取引されることはない。 BSECは既に、投資新ルールの草案を承認し、委員会のウェブサイトに掲示し、世論を仰ぐため国内の日刊新聞に掲載済みである。 出典: the Daily Star Bangladesh; 2015.06.23

記事全文

ADB、バングラデシュへの融資倍増

アジア開発銀行(ADB)は、インド、ネパール、ブータンの国を結ぶ接続プロジェクトに優先順位を取り付け、今後3年間でバングラデシュへの融資を倍増する。 バングラデシュは2013年から2015年の間に受け取った26.8億ドルとは対照的に2016年と2018年の間に59億ドルを受け取る可能性がある。会議の中で、ADBは、5つの道路や鉄道など、いくつかの接続のプロジェクトを同定した。 6月15日、4カ国は、旅客、貨物、個人的に車の円滑な輸送のためにティンプーでの自動車協定を締結した。 ADBは南アジアサブ地域経済協力(SASEC)プログラムを通じて、4カ国のそれぞれに進行中の道路の接続プロジェクトを支援する。プロジェクトが進むにつれて、SAARC通路4と8をカバーする完全な輸送ルート、およびアクセス道路、ドライポート(内陸の複合一貫輸送のための載せ替えターミナルであり、道路・鉄道と港湾をつなげて、船荷を積み替えて内陸の目的地に運ぶための拠点)や陸地の税関局などの国境を越えた活動を強化するための施設が含まれる。 SASEC加盟国は、増加傾向の地域の物理的な接続を構築し、続行するための具体的な計画を策定中で、今後5年間、30の優先道路事業は合計80億ドルでBBINエリア内の重要な接続を舗装し、アップグレードするために同定される。 しかし、適切な輸送の円滑化措置を実施する4カ国は、増加した接続性のメリットを最大化するためには重要だ。34の地域プロジェクトでは、ADBのデータによると、バングラデシュは17のプロジェクトに27.2億ドルを受け取っており、銀行は65.1億ドルを提供した。 「南アジアと東南アジアの接続」の研究では、マニラの貸し手は、バングラデシュでは、道路、鉄道、港を介して円滑な接続性を確保するために合計137.6億ドル必要になる、と述べた。 一方、今後3年間のために国家戦略のADBは、今後3年間のプログラムや大規模なプロジェクトを拡大していきたいと述べた。銀行は、エネルギー、電力、農村インフラなどの主要分野に焦点を当て、地域の接続を開発するために鉄道と道路交通ネットワークをサポートしていくだろう。 出典: The Daily Star Bangladesh; 2015.06.23.

記事全文
1 2