グラミン銀行の利益増加、金利は低下

 グラミン銀行は、当行の最新データによると、貸出金利を引き下げたにもかかわらず、ここ数ヶ月間で収益は増加している。主に貧困層向けである当銀行は、2016年の年間利益13.9億タカに対して、今年上半期は10億2,000万タカの利益を上げたとBSSは報告している。  一方で、当銀行は現在、低所得層に対する貸出金利を引き下げている。同銀行のラタン・クマール・ナグ マネージングディレクターは、「マイクロクレジット規制当局(MRA)が27.0%の利子上限を設定しているにもかかわらず、当行は最高利率を20.0%に設定している。バングラデシュのマイクロクレジット機関の中では最低の金利だ」と主張した。さらに利率は様々な目的でさらに低くなっていおり、例えば、教育ローンの金利は5.0%、住宅取得目的では8.0%に抑えられている」「また、グラミン銀行は、乞食を更生するためや、より良い生活のために苦労している人々を支援するため、無利子ローンも提供している」とも述べた。  また同銀行上層部によれば、金利を引き下げることとは別に、同銀行はより多くの人々のために貸し出すことができるように新しい分野を模索し始めたという。これまでも高等教育を受けた卒業生が農村部に病院を設立し、貧しい人々により良い医療サービスを提供するための融資など、今までに52,000人の学生に融資を行っている」とナグ氏は述べた。その他既存の事業を拡大するための資金援助を必要とする農村起業家にも融資を行っているとも述べた。 さらに「ローンオペレーションの拡大とその支払いと回収の効率的なモニタリングは、低所得顧客の改善のために金利を引き下げながら、銀行が利益を増やすことを可能とした。このために現場のモニタリングを強化し、地域管理者や現場担当者とのコミュニケーションを増やすためにSkypeを利用し始めた」と付け加えた。 同氏によると、2010年の融資回収率は97.37%に対し、2016年には99.05%まで改善した。なお昨年の融資残高は1857億4000万タカであった。銀行の顧客または融資利用者​人数は、2010年の834万人から2016年の890万人に増加したが、延滞債権は2015年の2%、2016年の0.55%から、今年6月は0.41%まで改善したようだ。 「利益、ローンの支払いと回収、受益者の数を含むすべての銀行の指標は、現在、着実に上昇している」「またバングラデシュのすべての村ですでに運営している」と付け加えた。 引用:The Financial Express ,15 Aug 2017

記事全文

送金流入が再び回復

バングラデシュ銀行(BB)によれば、最近数ヶ月間低迷していた海外からの送金が、5月に入ってから19日間で、前年同期比1億1,576万ドル増となる8億777万ドルとなった。なお前月19日までのBB集計では6億9200万ドルであった。BBの主席広報担当であるスバンカ・シャー氏は「最近の送金の流れは徐々に増加しており、この傾向は今後数ヶ月にわたって続く可能性が高い」とBBSに語った。  BBによると、2017年1月の送金額は10億947万ドル、同2月は9億4,075万ドルだったが、3月は10億7,752万ドル、4月は10億9,264万ドルと3月以降緩やかに増加している。これは非公式チャネルによる送金に対しての政府およびバングラデシュ銀行、モバイルバンキングの措置が効果を出しているようだ。  「送金流入が好調に転じているのは良い兆候だ」と中央銀行のエグゼクティブ・ディレクター、シャー氏は語った。一部の出稼ぎ労働者がモバイルバンキングを含む非公式チャンネルを使って家に送金しており、その上、バングラディシュの出稼ぎ労働者の多くが働く中東諸国の収入はドル安と原油価格の低迷によって打撃を受けているため、バングラデシュへの送金流入が低迷していたからだ。  BBの2つの調査チームは、3月にサウジアラビア、シンガポール、マレーシアを訪問し、送金流入の減少傾向の理由を調べた。この結果、手続きの簡素化や手続き上のコストの削減など、さまざまな理由により、非公式のチャネルを使って送金を行っていることがわかった。また「送金の流入の減少に対して、モバイルバンキングだけで50%を占めていると思われる」と同チームは分析している。  シャー氏によると、BBはバングラデシュの在外公館に対して、送金流入低迷の原因の一つと考えられる bKashやRocket agentsなどの電子マネー等による非公式チャネルでの送金活動をやめさせる指示を出している。同氏はまた、モバイルバンキング事業者が、違法代理店を停止させる弁護士を任命しているとも述べている。  シャー氏は、違法労働者が正式なチャンネルを通じて彼らのお金を家に送金することはできない、と述べる一方、バングラデシュ政府は、同国の経済にとってセクターの活力を高めるための送金手順を緩和する計画を立てているとも述べた。 引用:Observer Online Desk Sunday, 28 May, 2017

記事全文

ドイツが衣料品産業に対して700万ユーロの補助金を提供

 ドイツは、衣料品工場における与信工場、労働者の安全促進、環境レベルの改善を目的とした補助金として700万ユーロを提供する予定である。 これはドイツのKfWとGIZを通じて、「バングラデシュの衣料品産業における環境と労働者の安全のための再融資」プロジェクトとして実施され、金融協力(FC)と技術協力(TC)の2つの契約が締結されるとドイツ大使館は声明を出し、本日、財務省のムハンマド・アルカマ・シディーク副首相(ヨーロッパ担当)とバングラデシュ駐ドイツ大使であるトーマス・プリンツ氏が協定に署名した。 このプロジェクトの目的は、選ばれた商業銀行の融資力を強化して、衣料品工場の資金需要に的確に対処し、これまで新規設備投資や改修ができなかった工場を支援することである。 なおこのプロジェクトは、フランス、ドイツ、欧州連合(EU)による共同開発の取り組みである。 引用:http://www.observerbd.com/details.php?id=73690#sthash.8r9xQBMq.dpuf

記事全文

国際銀行間通信協会(SWIFT)、ハッキング対策の緊急アップデート

国際銀行間通信協会(SWIFT)、ハッキング対策の緊急アップデート

バングラデシュ中央銀行から8千万ドルを盗んだ犯人は、グローバル金融システムの心臓部である国際銀行間通信協会(SWIFT・スウィフト)のソフトウェアにハッキングした疑いがある、と英国のセキュリティ業者 BAE Systems のセキュリティ専門家が指摘している。 ロイターによれば、SWIFTに所属する3,000あまりの金融機関のクライアントソフトウェアをターゲットにしたマルウェアの存在が、既に確認されているという。スポークスマンは、「SWIF​​Tはセキュリティ処理の精査のため、金融機関向けの注意喚起と共に、マルウェアを阻止するためのソフトウェアアップデートをリリースした」と述べた。 前例のないサイバー強盗の糸口となったのは、最近の修正パッチにおいて、攻撃者がSWIFTのクライアントソフトウエアを修正することを可能にする脆弱性が存在したためであるという。 いっぽう、バングラデシュ警察の犯罪捜査部門、Forensic Training Instituteの責任者シャハ・アラム氏がロイターに明かしたところによると、バングラデシュ中央銀行のコンピュータシステムにはファイアウォールと呼べるものが存在せず、世界中の銀行や金融機関との取引に用いられるSWIFTシステムとの接続には、中古の安価なスイッチが使用されていたという。 SWIFTが発表したコメントには、「顧客のセキュリティ強化を支援するファシリティを用意したが、こうした攻撃シナリオに最も有効な対策は、依然として、ユーザーがローカル環境に適切なセキュリティ対策を導入することだ」と書かれている。 出典:【Prothom Alo】2016年4月26日付記事 参照:【BAE Systems】2016年4月25日付記事

記事全文

独ZEW景気期待指数、「4.3」ポイント

独ZEW景気期待指数、「4.3」ポイント

ドイツ投資家の景況感はこの3月でわずかに上昇したものの、新興国経済、原油価格、そしてユーロ相場の見通しは依然として不透明であり、投資家の多くは景気の先行きに警戒を要すると認識していることが、大手調査機関の22日(火)の発表で明らかになった。 ZEW(欧州経済研究センター・ドイツ)により算出された3月の景況感指数の概要によると、投資家の景気期待指数は前月比で3.3ポイント上昇し、4.3ポイントに達した。 アナリストたちは当初、今月の期待指数の予想値を5.0ポイントとしていたが、結果は大方の予想を下回る形となった。 ZEWの国際金融・財務管理部門代表、サシャ・シュテフェン氏は、「新興国の経済発展と原油価格の上昇、ユーロ相場の高騰といった不確定要素は、今後とも注意を要する」と語る。 シュテフェン氏は「見たところ、金融政策を緩和するための欧州中央銀行の新たな動きは、景況感に大きく影響を与えなかったようだ」と述べ、「主要金利をカットし、既知の資産購入プログラムを拡大するECBの最近の決定を参照した」と付け加えている。 出典:【The Daily Star】2016年3月23日付記事 参照:【ZEW】公式サイト

記事全文

バングラデシュ中銀、次期総裁はファズル・カビール氏

バングラデシュ中銀、次期総裁はファズル・カビール氏

国営ソナリ銀行の会長兼財務省元秘書であるファズル・カビール氏が、バングラデシュ中央銀行の次期総裁として任命されたことを、財務相が明らかにした。 バングラデシュ中銀では、先月5日に発生したニューヨーク連邦準備銀行における不正送金被害を受け、先日アティウル・ラーマン総裁が引責辞任したばかりだ。 カビール氏は1980年、バングラデシュ市民サービスの下、バングラデシュ鉄道のアシスタント交通監督に就任。ソナリ銀行のウェブサイトによれば、三年後に管理サービス部に移動した。 カビール氏は34年間、市民官僚として、様々な省庁や異なるフィールドの重要ポストを歴任してきた。2012年に財政秘書として活躍する以前は、キショアガンジの副委員と地区行政長官、教育省の共同秘書、全国アカデミーの理事長、開発・BCS管理アカデミーの理事長、および鉄道省の秘書として勤務した。 チッタゴン大学において、経済学の修士号をBA(優等)で取得したカビール氏。2008年〜2010年、及び2012年〜2014年にかけては、人民銀行とバングラデシュ銀行で取締役を務めた。 出典:【BANGLA APPAREL.COM】2016年3月16日付記事

記事全文

スペルミスで発覚、バングラデシュ中銀での不正送金被害 総裁は辞任

スペルミスで発覚、バングラデシュ中銀での不正送金被害 総裁は辞任

バングラデシュ中央銀行のアティウル・ラーマン総裁は、今回の不正送金被害を受け、15日ハシナ首相に辞表を提出し、受理された。 当事件は2月5日に発生したが、同総裁は1か月の間、当局に報告していなかったことが明らかになった。ラーマン総裁はムヒト財務相の指示を受け、辞任を決意したという。 銀行当局者によると、先月に発生した米ニューヨーク連邦準備銀行(FED)にあるバングラデシュ中央銀行の口座からのハッカーによる現金盗難は、送金先の名前のスペルが間違っていたことが被害の発覚につながった。送金がすべて行われていれば被害総額は10億ドル(約1,138億円)に上ったという。 それでもハッカーらは約8,000万ドルを盗むことに成功。これは、明るみになった銀行強盗の中でも最大規模の被害額となる。犯人は拘束されていない。 バングラデシュ中銀の当局者2人によると、ハッカーは中銀のシステムに不正侵入し、送金手続きに必要な認証情報を入手。その後、口座を管理する米ニューヨーク連銀に対し、フィリピンとスリランカの組織への送金依頼を30回以上行った。 このうち4回の送金が実施され、フィリピンに計約8,100万ドルが送られた。しかし5回目の依頼では、ハッカーが送金先であるスリランカの非政府組織(NGO)「シャリカ・ファンデーション」の名前のスペルを間違えたことから、経由銀行のドイツ銀行が不審に感じ、バングラデシュ中銀に照会。送金は中止されたという。 ハッカーは「ファンデーション」のスペルを、正しくは「foundation」であるところを「fandation」とつづっていた。 スリランカで登録されたNGOのリストには「シャリカ・ファンデーション」という組織は含まれていない。 また当局者によると、ニューヨーク連銀も、通常よりはるかに多い依頼回数や送金先が銀行ではなく民間組織だったことに疑いを抱き、バングラデシュ側に通知したという。 著名な経済学者・銀行家であると同時に、教授でもあるラーマン元総裁は、2009年5月1日に総裁に就任。以来バングラデシュ中央銀行の舵を取り続けてきた。ラーマン元総裁のリーダーシップの下、バングラデシュ中銀は低所得世層のための多数の信用制度の促進措置を講じてきた。また、銀行の各関連セクタに最新技術を搭載した決済システムの導入を行うなど、同氏が残した功績は非常に大きい。 一方で今回の事件発生後、国際通貨基金(IMF)のイベント出席のため、ニューデリーへの旅行費用を調達したことには批判が集中している。 バングラデシュ政府では現在、後任人事を進めている。 出典:【The Daily Star】2016年3月16日付記事 出典:【REUTERS】2016年3月15日付記事

記事全文

バングラデシュ中央銀行、アパレル・皮革産業に2億ドルの貸付金

バングラデシュ中央銀行、アパレル・皮革産業に2億ドルの貸付金

バングラデシュ中央銀行は、アパレル・皮革産業において、環境に配慮した生産を行うため、低価格の貸付金として2億ドルの資金提供を決めた。 「我々は世界に、バングラデシュが環境に配慮した衣服や皮革製品を製造していることを知ってもらいたいのです。『グリーン・バングラデシュ』として、この国を印象付けたい」と、バングラデシュ中央銀行アティウル・ラーマン総裁は昨日発言した。 ラーマン総裁は、首都ダッカのショナルガオンホテルで行われたBSREA(バングラデシュ太陽光・再生可能エネルギー協会)主催の会議「持続可能な開発のためのグリーン金融」の開会の挨拶において、上記のコメントを発表した。 「現在欧米では、環境配慮型製品の開発が主流であり、今回の措置はこの傾向に配慮したもの。繊維・皮革産業から始め、他の産業にも徐々に低コストの貸付金の幅を広げていきたい」とラーマン総裁は語った。 出典:【The Daily Star】2016年1月13日付記事

記事全文

ADB、バングラデシュへの融資を倍増

ADB、バングラデシュへの融資を倍増

アジア開発銀行は、インド、ネパール、ブータン各国を結ぶ接続のプロジェクトに優先順位を取り付け、今後3年間でバングラデシュへの融資を倍増する。 バングラデシュは2013~2015年の26.8億ドルに加え、2016~2018年の間に59億ドルを受け取る可能性がある。決定は関連省庁の上級職員及び、経済関連の政府高官・ADBカントリーディレクターとの一カ月間の議論を経て、昨日決議された。 議論の中で、ADBは、5つの道路や鉄道など、いくつかのプロジェクトに調印した。 ADBは南アジアサブ地域経済協力(SASEC)プログラムを通じて、4カ国のそれぞれにおいて進行中の道路の接続プロジェクトを支援する。 出典:【The Daily Star】2015年6月23日付記事

記事全文

銀行利益、わずかに上昇

今年上半期、政情不安や貸出金利の引き下げにもかかわらず、バングラデシュのほとんどの民間銀行の売上利益は増加傾向を記録。政情が安定していけば、年末には更なる利益の増加が望める。 統計途中のデータではあるが、民間銀行の最大手イスラム銀行の利益は1〜6月でTk840ルピー(前年比1.45%)に増加。 Pubali銀行は2.94%増加した。 銀行関係者によると、1〜3月間の政情不安が貿易取引に影響を与えたと述べた。大手信託銀行マネージングディレクター、アニス・A·カーン氏は、「銀行は損失の回復に努めており、売上利益は今後6ヶ月で更に上昇する可能性がある」と述べた。 出典:【デイリースター】2015年7月2日付記事

記事全文
1 2