バングラデシュの教育について

バングラデシュの教育について

●概要 バングラデシュの教育制度は5・5・2・2~3制 義務教育期間は5歳~9歳(1学年~5学年)。 教育概要・特色: 1990年に小学校の義務教育化が法律で定められ、1992年に68の市で実験的に始められたのち、1994年には全国的に確立しました。ちなみにバングラデシュの現在の小学校の就学率は80%に達している。今もボランティア団体などが、まだ教育を受けられていない子たちを減らそうと尽力しています。 学校年度は1月に始まり、12月に終わる。公立校は2学期制をとっているが、私立校は3学期制のところもあります。 1学期:1月~4月 2学期:5月~8月 3学期:9月~12月 初等教育(Primary School:1年生~5年生)、中等教育(Secondary School:6年生~10年生)を基礎としており、いずれも毎年行われる学年末試験に合格しないと進級できません。 8年生を修了すると文科系と理科系に進路が振り分けられます。また10年生を修了した者は1回目の国家統一試験SSC(Secondary School Certificate)が受験でき、合格すると高等教育(Intermediate College)への入学資格が取得できます。ここで2年間教育を受け、修了した者は、2回目の国家統一試験HSC(Higher Secondary School Certificate)を受験でき、これに合格すると大学入学資格が取得できます。 ●現地の学校段階別教育の概況 就学前教育 幼稚園などの施設は大都市のみにあり、就園の義務はありません。対象年齢は3歳~4歳。 義務教育 義務教育は小学校のみ。Food for Educationのプログラムにより全国に5年間の義務教育制度が完成しました。このプログラムは、働いている子ども1人につき12kg、2人につき16kgの米を配給し、学校に登校させるシステムで、これにより就学率は向上しました。なお、義務教育は無償です。 授業での使用言語はベンガル語。小学校から英語で教育する私立の現地校も数校あります(ミディアムイングリッシュスクールなど)。 出席率が75%を切ると卒業できず、病欠の場合は家族による証明が必要です。試験は4月、8月、12月の年3回。制服は学校により異なるが、ない学校が多い。クラブ活動はほとんどの学校で行われておらず、PTAという組織もありません。SMC(School Management Committe)がPTAの役割を果たすべく設置されています。学習用具以外のものを学校に持ってくることは禁止されています。 義務教育以降 学校段階・種類 中等教育(Secondary school):10歳~、6年生~10年生 国家統一試験SSC(Secondary School Certificate):10年終了時 高等教育(Intermediate College):2年間 国家統一試験HSC(Higher Secondary School Certificate) 進学状況 中学校への進学率は約50%、大学への進学率は18%程度。 ●現地の学校への日本人の就学状況 日本人の就学状況……現地校に通う日本人子女は、殆どが父又は母のどちらかがバングラデシュ人です。 外国人に対しての特別な学費負担:なし 外国人の就学義務:なし 外国人に対する言語特別指導:なし。ベンガル語が必須(授業はベンガル語で実施)

記事全文

バングラデシュの観光スポットについて

バングラデシュの観光スポットについて

はじめに、バングラデシュを観光しよう! と考えている方々のために、大きく二つのアドバイスを。   ●バングラデシュは、世界で最も人口密度の高い国です。 →タイムスケジュールには余裕を持ち、目的地を絞りましょう。 特に首都ダッカではいたるところで渋滞が発生しており、何処へ行くにも移動時間が掛かります。   ●ベンガル語ガイドを雇いましょう。 現地の言葉(ベンガル語)がある程度話せる方なら大丈夫だと思いますが、不安の方などは現地のバングラ人ガイドをつけることをオススメします。 現地の街中にいるバングラデシュ人は、英語がまともに話せる方が少ないうえに、外国人だからとお金を多く言ってくる可能性が高いからです。 店の人だけではなく、バングラデシュの主な移動手段リキシャでも同じことが言えます。 勿論治安に深刻な問題のある国ではありませんが、より良い旅行にしていただくためにも、出発する前にじっくりと考えましょう。       ココだけは訪れておきたいバングラデシュの人気のスポット ダッカ(+Old Dhaka)エリア: スター・モスジッド Star Masjid ムガール朝時代に建てられたモスジッド。百近くの星や月の装飾をもつ5つのドームがあり、その美しさは見ての通り。 白いセメントに陶磁器が埋め込まれています。外観も美しいですが、中はもっと美しい寺院です。 スターモスクは、旧ダッカ、アルメニア教会の約350メートル北にArmanitolaに位置しています。オールドダッカの中で最も有名な観光スポットのひとつです。 モスクは、内側と外側の両方、モザイクで飾られていまる。ドアの間の外壁がガラス張りのタイル上の富士山をモチーフにした装飾が施されており、三日月と星のデザインは、ファサードの上部を飾っています。 青い星の数百人は、白い大理石のドーム上に作成された。すべてのモスクの上に星のモチーフが装飾を支配し、そのようにモスクはスターモスク(ベンガル語でタラマスジド)と呼ばれています。 モスクは、任意の碑文によって日付されていません。それは、その祖先ダッカに来て、Mohallaエールアブサイード(現代Armanitola)に定住していた1ミルザゴラムPirをは、建立することが知られている。 ミルザゴラムPIRが1860年に亡くなったため、モスクの建設の日付は、便利に、19世紀の前半に配置することができます。 もともとは4隅の塔で、典型的なムガール様式で建てられました。 1926年に地元のビジネスマンは、ほぼその当初の計画を変更せずにモスクの幅を倍に、日本語と英語の中国のタイル、及び新たなベランダを追加して、その改装資金を提供。 ファイブアーチはベランダの東のファサードに4つの柱に建立された。 1987年には3-ドーム型のモスクは、5-ドーム型のモスクに形質転換した。   アサン・モンジール Ahsan Manzil Museum     [ショダルガット Sadarghat] ブルゴンガ川の岸にたたずむ 1869年 ダッカの領主だったナワブ家の住宅として 建てられた宮殿。博物館として公開。 ショドル・ガット  Sadar Ghat ダッカ市内を流れるブリゴンガ川に面した船着き場。クルナ、ボリシャルへいく船はここから乗船します。 船に乗るとわかりますが、海は黒く濁っており、底は見えません。魚さえいるのかもわからないぐらい濁っているのですが、現地人の話では、魚はいるが前が見えないのでよく魚同士でぶつかっているらしいですよ。 工場廃棄物やら色々なものが混じっているようで、異臭もするので絶対に手で触れたりしないようにしてください。 ショドル・ガットではバングラデシュで有名な、ロケットスチーマーが定期的に停泊しますので、タイミングが合えば、その姿をみることができます。 船着場に入るのに入場料 5 タカを払う必要があり、大型の船を利用するには中のカウンターでお金を払う必要があります。手漕ぎボートに乗ることもできるけれども、価格の交渉が必要。 小型のボートに乗る場合は現地人で10~20タカ、外国人で 100 タカ程請求されますが交渉次第で安くなります。 ダッカ中央駅(コムラプール駅) Kamalapur Railway Station [モテジール  Motijheel] 駅はダッカ国内最大であり、バングラデシュの輸送のための最も重要な端末である。 また、アメリカの建築家が設計したダッカの中で最も近代的で印象的な建物の一つであるロバート·ボーイーの北東側に位置し、鉄道駅モテジール Motijheelは 、1960年代初頭に設立され、1969年から営業を開始した。 47ローカル列車、28急行列車と駅を通過する24都市間電車、通常は約50列車の日があります。 毎日、何千人もの人々が駅を通ってくる。 電車は除き、バングラデシュの任意の部分に行くボリサル Borisalとポチュアカリ Potuakhali 。 また駅からインドへの直接行きの列車もあります。 プラットフォームには常に混雑が考えられます。 そのため、制御するために駅の内外に警察や警備員がたくさんあり​​ます。 なんと時々、ホームレスの人々のための睡眠の場所としても使用されている 。 :外側              :内側                :プラットホーム…

記事全文

バングラデシュの文化について

バングラデシュの文化について

~バングラデシュの文化について~ ~衣~ バングラデシュでの一般的な服装は男の人の場合、ルンギと呼ばれる下記の写真のような布を下半身にはいてる人がとても多いです。それかジーパンかスーツの3パターンがほとんどです。ごく稀にオシャレなカラーパンツや半ズボンをはいてる人を見ることがありますが、そういった人は大抵、海外経験者の方でもちろん英語もしゃべれるので、見分けがつきやすい。 女性の一般的な服装はサリーと呼ばれる下記のような格好です。テレビで一度は見たことがある、黒ずくめで目以外は布で肌を隠してるような格好の人は今はバングラデシュでは少なくなってます。イスラム教のふかい信者ですとこういった格好をします。 :男性 :女性 おまけ→    また、結婚式や伝統的な式で着る服は男性の場合、やはりスーツかパンジャビ、女性の場合はサリーというインドでも同じ習慣があります。街中のアパレル関連のお店をみても必ずと言っていいほど、このパンジャビやサリーなどの伝統衣装が販売されています。日本では知らない人は いないだろう、ユニクロもバングラに何店舗かあり、そこでもバングラ人のニーズに合わせ、似たようなものが売ってるぐらいですからッ! もちろん、路上の露店でも下記の写真のような感じで安く手に入れることができます。  ~食~ インド人はごはんの際、手で食べることを皆さんも一度は聞いたことがあると思います! バングラ人も同じですがごはんの種類によって区別してるようです。ちなみに、なぜ手を使うのかというと、イスラムの宗教上、手で使って食べれるほどキレイである、という考えが根底にあるからです。それに手の方が食べやすいというのも1つの理由である。それと、バングラデシュ全体的にごはんの時間はすべて一般的な日本の12時~1時の1~2時間後なので要注意!日本人の感覚のままレストランとかに行くと12時過ぎでも、まだランチメニューが頼めない場合があります。 普段、バングラ人はどういったものを食べてるかというと朝食は主にルティかポロタ(違いが分かりにくいかもしれませんが下記の写真)というインド発祥のナンに近いものにアルバジと呼ばれるカレー風味の野菜のセットです。補足説明としてポロタのほうが油を使っていてルティはほとんど油がないのが特徴です。このアルバジはお店によって少し辛かったり入ってる具材が違ったりと、お店によって各々の味が食べれて自分の好みのものがチョイスできます。また、日によっても多少同じ店でも違ったりするので毎日まったく一緒ということはありません。 値段もお店によって多少変わるが平均で約30円でルティ又はポロタ+アルバジのセットが買うことができます。もし、お口に合わないようでしたら外のスーパーなどでパン(何十枚か入ってて100円程度)も買えます。また、日本とは違い朝から米を食べる習慣はとても少ないですので朝の時間帯でそういったライス系統は頼むことが出来ないところがほとんどです。 :ルティ  :ポロタ :アルバジ 昼や夜ご飯はその家庭によって様々なので特にコレ!とは決まっていませんが、ヌルスという麺類でしたり、私も大好き日本人好みのピラフみたいなものビリヤニ、それかお米+カレーがメジャーです。  ←ビリヤニ 牛肉(ゴルルマンショ)かヤギの肉(カシルマンショ)か鶏肉(ムルギルマンショ)か選べます。値段もそれほど変わらず140タカ(約210円)ほどで食べれます。実はこのビリヤニはおめでたい時や何か式典などの祝いの席で食べるものでしたが、人気のあまり普段のレストランでも販売するようになったといわれています。 右の写真が一般的なバングラの家庭料理の一例です → :ボッタ(白飯のおかずになるもので野菜や魚などが入ってて栄養満点!) 他にもまだまだバングラフードはありますが、日本人の私がピックアップしたオススメだけ今回は紹介します。 何個でも食べれちゃう!外はサクサクのちょいピリ辛で現地人にも大人気フチカ。 8個はいっててお値段なんと、、、たったの40タカ(60円程)。夕方から道端の露店に何店も並んでたりしてとてもにぎやかです。少数ですが、ヨーグルトがかかったドイ(ヨーグルト)・フチカというのもまた美味なのでぜひ探してみてください。←すいません。ドイ(ヨーグルト)・フチカの写真は良いのが無く載せていません。 フチカの露店は昼間はこんな感じだが夕方からはお客さんでにぎわい大変身します! 次に紹介するのはデザートとして大人気、ドイ(ヨーグルト)。 ほどよい甘さがあり食べやすく味はヤクルト?にちかくそれの固形バージョンです。 値段は大きさによって変わるが一番小さいのだと15タカ(30円未満)で買えちゃいます! バングラ人には大人気のお菓子ミスティー。砂糖のかたまりを食べてるような感覚で甘党の方には好みだと思います。種類も豊富で食べやすいミスティーもなかにはありますし、バングラのお土産の1つとしても重宝されます。 バングラの屋台もフチカの他にも種類が豊富で、1つのエリア内に何十ものお店が点在しています。 相場はおよそ5タカから50タカまで日本円で約8円~70円(揚げ物系only)でもうちょい豪華なハンバーガーやサンドイッチ、ホットドッグも売っていますが値段は100円以上になってきます。 :プリ  :シンガラ ~住~ バングラデシュは世界の中でも貧富の差が激しい国の1つです。住宅を見てもそれがはっきりと感じられます。 富裕層の家は言わなくても分かるぐらい立派な建物です。逆にスラムの人たちなどは某おとぎ話に出てくるような 藁の家に住んでたり、簡単な作りの小屋に住んでたりと窮屈な生活をしています。 バングラの経済状態や環境のせいで彼らは一般層にまで到達するのは残念ながら難しいのです。 これらがバングラにある家の一部の写真です。  バングラの田舎に行けば、右のような家ばかりしかありません。→ それと洪水が多い地域では底をあげて浸水してこないように建てられています。↓ :家の中(ほとんどが1部屋)  :一般住宅(ベランダが鉄柵などで乗り出せないようになっているのが多いです)   :一般的な家の中               :富裕層の家の中 ちなみに、ダッカの中で最も高い高級住宅はグルシャン、バナニエリアで外国人か高所得者のバングラ人しか買うことが出来ないようなレベルで、最近ウットラの地域の物件も上がってきています。空港からのアクセスもそれほど苦ではないというのが理由の1つとして挙げられるでしょう。 もしバングラで家を見つけたいという方は周囲の環境、室内の設備などをよく確認するべきです。 周囲の環境で重要な点としては、勤務地やお店・スーパーまでの距離や利便性、騒音、道路の整備状況、 土地の高低(大洪水が発生した場合の影響)、近くにモスクの有無(礼拝の音が気になる人もいる)などです。 また、エレベーターの有無、セキュリティーや管理人の勤務態勢、大家さんやその家のセキュリティーの人柄なども重要な点に含まれます。また、来客用駐車場の有無や、停電に備えて自家発電機が設置されているかどうかも確認したほうがいいです。 家具付き物件と家具なし物件が存在するので必要なものは自分で買ってくる可能性もあります。 それと、物件を購入する際、この国では大家さんとの交渉はとても重要になってきます。 なぜかというと、その交渉により多少値段が下がったり必要最低限のちょっとした家具や食糧支援などがもらえる可能性があるからです。 話は少しズレますが、外で買い物するにしてもリキシャのお金を払うにしてもバングラでは交渉が必要不可欠だということです。したがって物件も交渉の大事な場面です。 交渉がうまくいかず、お金をバングラ人に多く取られないように気をつけましょう。 物件が決まった後。。。 通常、契約期間は 2~3 年であるが、それ以外でも交渉に応じる場合が多い。契約時もしくは入居時に、家賃 1 年分の前払いを求められることが多く、その場合は、通常、契約後 45 日以内に支払う必要があります。前払金が残っている期間内に退去する場合、原状回復等に関し返金額の交渉が難航する事例が考えられるため、基本的には 1 年間は転居しないことを前提に物件を選ぶといいでしょう。 契約書は、大家さんが政府発行の印紙のついたものを用意します。 古い物件には、給排水、電気配線などに問題のあるものが多いので注意しましょう。また、故障してもすぐに修理に対応しない場合が多いです。入居前に修理を完了させるとともに、入居後に故障した場合の修理についても、契約書に明記しておくことが必要です。 また、前居住者の公共料金の未払いがないかも確認しておくことが賢明です。 ガス、水道などの手続きと管理については。。。 各種公共料金は借り手側が支払う。バングラでは、発電所が整っていないため昼夜を問わず頻繁に停電が起きます。特に、暑さの厳しい日や雨季は頻度が高くなるので、ロウソクなどを備えておきましょう。 自家発電機を設定しているアパートが多いが、自家発電機による電力供給中は一部電源への電力供給にとどまることが多いです。 電気料金はメーター制で、請求書を持って指定された銀行で支払うが、管理人が集金に来るアパートも多い。断水は地域により状況が大きく異なり、外国人居住区ではその頻度は少ないが、万一に備えてミネラルウオーターの買い置きをおすすめします。 水道料金は、毎月送付される請求書を持って指定の銀行で支払うが、共益費に含まれることが多いです。 ダッカでは、天然ガスが一般的な熱源である。各種ガス器具は現地で購入できます。コンロは電気式とガス式の 2 種類あるが、電気料金が高く電圧が不安定なため、ガス式のほうが安全かつ経済的である。ガス料金はメーター制ではなく、定額を支払うかたちです。月額で1口バーナーが400タカ(約600円)、2口バーナーが450タカである(約675円)。 なお、口数やコンロの型により追加料金がかかる場合があります。また、地区によっても多少異なる。…

記事全文

バングラデシュの基本情報

バングラデシュの基本情報

基本情報 正式名称:バングラデシュ人民共和国 গণপ্রজাতন্ত্রী বাংলাদেশ(ベンガル語: ラテン文字転写は、Gônoprojatontri Bangladesh)。 国旗:     国章: 実際に日本の日の丸を参考にしたらしく、このバングラデシュの国旗は”緑の大地に革命の血”という意味らしい。   通称バングラデシュは、南アジアにある約90%イスラム教徒の国(イスラム教徒89.7%、ヒンドゥー教徒9.2%、仏教徒0.7%、キリスト教徒0.3%)で、イギリス連邦加盟国である。首都はダッカで、使用通貨はタカ(Tk)。 為替レート: 1米ドル=79.10タカ(2012年度平均、バングラデシュ中央銀行) インドの東側に位置し、インド洋に面する。南東部のごく一部をミャンマーと接するほかは、インドと国境を接している。隣接するインドの西ベンガル州とともにベンガル語圏に属す。 ベンガル湾に注ぐ大河ガンジス川を有する。豊富な水資源から米やジュートの生産に適し、かつて「黄金のベンガル」と称された豊かな地域であったが、インフラの未整備や行政の非能率から、現在はアジアの最貧国に属する。近年は労働力の豊富さ、アジア最低水準の労働コストの低廉さに注目した、多国籍製造業の進出が著しい。 バングラデシュはベンガル語で「ベンガル人の国」という意味。世界で7番目に人口が多い国であり、都市国家を除くと世界で最も人口密度が高い。さらに現在も増加中。 人口: 1億5,250万人(2013年3月、バングラデシュ統計局) 年平均人口増加率: 1.37%(2011年3月、バングラデシュ統計局) 面積: 14万4千平方キロメートル(日本の約4割) 人口密度: 1,127人/km²(ちなみに2位は台湾の637人/km²) 元首: MD. アブドゥル・ハミド大統領 議会: 一院制(総議席350) 政府: (1)首相:シェイク・ハシナ (2)外相:アブル・ハサン・マームード・アリ 略歴 ●18世紀末、イギリスの東インド会社により植民地化  ※この時期、絹織物やコメを輸出したことにより大量の銀が流入し「黄金のベンガル」と讃えられ繁栄を築く。 ●1947年8月14日  パキスタンの一部(東パキスタン)として独立 ●1971年12月16日  独立国家 バングラデシュ人民共和国が成立 外交に関して 軍事力(The Military Balance 2013): (1)予算: 1,284.6億タカ(対経常予算比6.7%)(2012/2013年度) (2)兵役: 志願制 (3)兵力: 陸軍126,150人、海軍16,900人、空軍14,000人(The Military Balance 2010) 経済に関して 主要産業:   衣料品・縫製品産業,農業 実質GDP:   1,156億ドル(2013年、バングラデシュ中央銀行) 一人当たりGDP:   960ドル(2013年度、バングラデシュ統計局) ※ バングラデシュの会計年度は7月~翌年6月末。2013年度は、2012年7月から2013年6月末まで。以下、同様。 経済成長率(GDP):   6.18%(2013年度、バングラデシュ統計局) 消費者物価指数上昇率:   7.97%(2012年度、バングラデシュ中央銀行) 労働人口市場(2010年度、バングラデシュ財務省):   5,370万人 農業(48.1%)、サービス業(37.4%)、鉱工業(14.6%) GDP内訳(2012年度暫定値、バングラデシュ中央銀行): サービス業(49.5%)、工業・建設業(31.3%)、農林水産業(19.3%) 総貿易額(2013年度、バングラデシュ中央銀行): (1)輸出 266億ドル (2)輸入 336億ドル…

記事全文