バングラデシュに南アジア最大規模の空港建設計画

バングラデシュは南アジア最大の新空港の建設を検討している。 この国際空港は、新たな国際空港を建設する取り組みの一環として、首都ダッカ郊外に建設される予定だと、計画担当部が新華社通信に語った。 新空港はパドマ川の西岸に空港を建設し、エアバスA380に相当するワイドボディの航空機を着陸させることができる規模であり、AHMムスタファ・カマル計画大臣は「南アジア地域の主要空港の1つとして機能するように空港を建設したい」と述べた。ただし、まだ計画段階にあるため、プロジェクトについての詳細説明はなかった。 バングラデシュは最大のパドマ橋を中心とした多くの巨大インフラプロジェクトが進行中である。パドマ橋はバングラデシュの3大河川の一つであり、幅25メートル、長さ10キロの橋が建設中である。 引用:http://www.thefinancialexpress-bd.com/2017/05/18/70775/Bangladesh-wants-to-have-S-Asia’s-largest-airport Published : 18 May 2017 写真:The Daily Star

記事全文

ドイツが衣料品産業に対して700万ユーロの補助金を提供

 ドイツは、衣料品工場における与信工場、労働者の安全促進、環境レベルの改善を目的とした補助金として700万ユーロを提供する予定である。 これはドイツのKfWとGIZを通じて、「バングラデシュの衣料品産業における環境と労働者の安全のための再融資」プロジェクトとして実施され、金融協力(FC)と技術協力(TC)の2つの契約が締結されるとドイツ大使館は声明を出し、本日、財務省のムハンマド・アルカマ・シディーク副首相(ヨーロッパ担当)とバングラデシュ駐ドイツ大使であるトーマス・プリンツ氏が協定に署名した。 このプロジェクトの目的は、選ばれた商業銀行の融資力を強化して、衣料品工場の資金需要に的確に対処し、これまで新規設備投資や改修ができなかった工場を支援することである。 なおこのプロジェクトは、フランス、ドイツ、欧州連合(EU)による共同開発の取り組みである。 引用:http://www.observerbd.com/details.php?id=73690#sthash.8r9xQBMq.dpuf

記事全文

チッタゴンで大規模観光開発プロジェクト

ラシュド・カーン・メノン(Rashed Khan Menon)民間航空・観光大臣は、バングラデシュ政府が、景色が美しいパテンガ海とコックスバザールのビーチを中心とした巨大観光開発プロジェクトに乗り出すと発表した。 「シェイク・ハシナ首相は全ての人々が雇用されることを夢見ており、この夢が観光産業を通じて実現することができる」と同氏はハサンヌ・ハク・インュ情報大臣との共同記者会見で語った。 記者会見は、国連世界貿易機関(UNWTO)の港湾都市会議の開幕前夜にチッタゴン・サーキット・ハウスで行われた。 観光大臣は、バングラデシュのParjatan Corporation(BPC)が、Anowara upazila地区のParky Beachに5つ星のホテルを建設するためのイニシアチブを取ったと語った。 バングラデシュの14の5つ星ホテルと多くの国際チェーンホテルが、バングラデシュの観光を促進するためにサービスとビジネスを拡張するために登録され、外国人観光客向けの観光村がコックスバザールに建設されると付け加えた。 第29回UNWTO東アジア委員会とUNWTO南アジア委員会(CAP-CSA)UNWTO危機管理地域フォーラムは、都市のHotel Radisson Bluで開催されている。 観光産業はどの国の経済にとっても主要な牽引力であり、109の産業に影響を与えていることから、この観光産業の重要性を鑑みると、バングラデシュ銀行はCSR方針に観光産業を含むべきであると観光大臣は述べた。 さらに国際的な報告書を引用して、2015年にバングラデシュにおいて、直接雇用機会が113万8,500人、間接雇用機会が234万6,000人であり、これは総雇用の4.1%であると述べた。 記者会見で、ハサヌル・ハク・インュ(Hasanul Haq Inu)情報大臣は、武装勢力とテロが観光部門の最大の敵であるが、この2つのハードルにもかかわらず、政府がバングラデシュを観光友好国とすることを決心することで、バングラデシュは観光分野で多くの進歩を遂げるだろうと大臣は語った。 閣僚は、その後、BPCと映画庁(DFP)が共同で発表したチッタゴンの観光本をBPCと映画庁(DFP)が共同で出版することを発表した。 この会合は、2017年の持続可能な開発のため、国連総会の宣言に合わせて開催されており、バングラデシュ観光局長ナシール・ウディン(Nasir Uddin)最高執行責任者(SM Golam Faruk)民間航空観光幹事、Aktaruzzaman Khan Kabir会長、ムハンマド・イムラン(Mohammad Imran)副長官が出席した。バングラデシュで初めて開催された世界レベルの観光会合であることから、同国の観光産業のランドマークとなるであろう。 引用 BSS / NS – 詳細はhttp://www.observerbd.com/details.php?id=73686#sthash.kd4Slfjb.dpufをご覧ください。

記事全文

アジア開発銀行がバングラデシュへの支援を倍増

アジア開発銀行は、バングラデシュ経済の急速な成長と勢いを維持するために、より高い投資が必要であると判断し、バングラデシュ経済への支援を倍増させることを示唆した。 東アジアモデルのようにADBを機能させるため、当行は今年のバングラデシュへの資金供給を約20億米ドルに増強する見込みである。 これはアジア開発銀行の南アジア地域局長である金ハン(ハン・キム)事務総長が日曜日の朝、日本の横浜で開催されたADB総会の第50回年次総会でのメディアブリーフィングで話したものである。 このアジア開発金融銀行の年次総会は日本が主催する5回目の年次総会であった。会議のテーマは「アジアの繁栄を築く」。 金氏は、「バングラデシュは新興国であり、さらなる投資が必要だ」と述べ、「バングラデシュへの貸付は現在10億ドルだが、20億ドルまで増強する」と付け加えた。 昨年、ADBはバングラデシュに10件のプロジェクトを承認し、総額は11億ドル、技術援助は780万ドルであった。金氏はこれまでの政策立案と開発 – プロジェクトの実施が正しい方向にあると考えている。またバングラデシュは、経済が急速に成長している今、まったく別の国になっている、とも言った。 しかし、金氏は、バングラデシュは7.0%の成長率を維持し、長期的に8%に達するためには事業実施能力を改善しなければならないとも指摘した。 バングラデシュの国内総生産(GDP)成長率は前年度の7.11%から今年度の目標は7.20%となった。しかし、ADBの年間見通しは、今年の6.9%の成長を予測している。 ADBの南アジア部の上級職員は、バングラデシュにとってバングラデシュは3つの大きな課題を抱えていると指摘した。それはバングラデシュが物流の地域拠点となること、エネルギー安全保障、製造業の成長である。 同氏は、東アジア開発モデルを用いて、現在の経済発展の現状を模索している。 「唯一の違いは、バングラデシュの多くの熟練労働者が東アジアに供給されていることだ」と述べた。このためADBは、労働者と労働者の技能と資質を訓練し改善するためにバングラデシュに協力していると述べた。 金氏はまた、バングラデシュへの外国人投資はGDPのわずか1.0%にすぎないとしている。 バングラデシュ銀行による最新の見通しによると、昨年のFDIの純流入は23億3000万ドルであった。 金氏は、バングラデシュとスリランカは、ADBの資本増強の最大の受益国であると述べた。 ADBの民間部門貸付の状況について質問した上で、金融機関は官民パートナーシップ(PPP)を推進するために政府の運輸部門との交渉を進めていると述べた。 ADBの同じ部門の副総裁Diwesh N Sharanは、現在、同銀行はバングラデシュと南アジアの3つの広い分野(輸送、エネルギー、経済回廊)に焦点を当てていると述べた。 バングラデシュは1973年にADBに加入した.2016年12月31日現在、ADBのバングラデシュ累積貸付金は、269件の融資で183億ドル、422件の技術支援プロジェクトで2億2,640万ドル、35件のグラントで7億7810万ドルだった。 2017年3月31日現在、バングラデシュのADB支援プロジェクトには、90件、合計76億ドルのの貸付金、 2858万ドル、32件の技術支援プロジェクトが含まれている。 The Financial Express Bangladesh – May 8, 2017 https://goo.gl/TunQHI

記事全文

世界銀行がチッタゴン港に民間部門の参加を勧告

世界銀行は、バングラデシュと南アジアの近隣諸国が港湾運営に民間参加を促すべきだと提言している。 日曜日に発行されたプレスリリースによると、民間の参加がガバナンスを改善し、国際貿易のより大きなシェアを獲得し、より多くの雇用を創出するために競争を促進すると述べた。 南アジアのコンテナ港の競争力に関する世界銀行の新しい報告書には、地域の港湾の非効率性が進展を妨げ、東アジアのような他の地域との競争に勝てないと警告している。 なお報告書によると、インド亜大陸の中でバングラデシュだけがコンテナ港湾部門において民間部門が機能していない唯一の国であるとしている。 チッタゴン港はバングラデシュのコンテナ輸送量の90%以上を占めているが、設備投資の不足により、アパレル製品以外に活用する余力は少ない。このため同港は貨物の積み卸しや燃料補給の効率が悪く、再出港までに非常に長い時間がかかることが問題となっていると、同報告書は伝えている。 なお世界銀行の報告によると、インド、パキスタン、スリランカのコンテナ港は、改革や民間投資を通じて比較的高い水準の運営・経済パフォーマンスを達成している。 バングラデシュはアパレルなどの労働集約型産業が中国からシフトしているため、成長する世界市場を獲得できる可能性があるほか、バングラデシュのコンテナ港の効率を改善することは、貿易を増やし、増加する労働力のための新たな雇用を創出するための重要な一歩となるだろう、と世界銀行のQimiao Fan氏は述べている。   バングラデシュ NEWAGE Buissiness Apr 30,2017 http://www.newagebd.net/article/14642/world-bank-recommends-private-sector-participation-in-ctg-port#sthash.9qdogDlS.dpuf

記事全文

中国がダッカに4000台の電気バスを提供

banglanews24.com更新:2017-04-27 中国の上海テクノロジーは、ダッカ市内に4,000台の電気バスを提供することを提案した。 この提案は、木曜日(4月27日)のモチェイエル地区のFBCCI講堂で、バングラデシュ商工会議所連盟(FBCCI)と全中華商工連盟(ACFIC)のビジネスミーティングで提起された。 ACFICの公式華李氏は、「まず実験的にいくつかのバスを提供する。それがうまくいけば、合計4000台のバスを提供する」と語った。 FBCCIのAbdul Matlub Ahmed大統領は、同社がバングラデシュとの合弁企業で最新設備を備えたバス運行に関心を示していると述べた。

記事全文

2015年のEU向けアパレル輸出

バングラデシュ、中国、インド、モロッコ、ミャンマー、トルコの6つの縫製国の生産原価指数(PCI)に基づいて、小売業界を対象とした世界有数の戦略コンサルティング会社であるKurt Salmonが2005年から2015年の間に6か国の衣料品輸入データを分析した。 この調査によると、バングラデシュは、価格競争力および高品質の製品を供給する能力があるため、欧州の小売業者にとって6カ国の中で最も評価が高かった。 なお中国は生産コストの高さと熟練労働者の不足のために第2位となった。 インドは第3位、モロッコは4位、ミャンマーは5位、トルコは6位。 欧州の衣料品購買者グループの調達コンサルタントによれば、現時点でバングラデシュに替わる世界的な縫製業の受け皿はなく、バングラデシュのビジネスは成長し続けるだろう。しかし基本衣料品から高付加価値品に生産を移す必要がある、とのこと。 なおバングラデシュの2016年の輸出額に占めるアパレル製品の割合はほぼ85%。世界のアパレル市場でのシェアは約6%となった。 ソース:http://www.thedailystar.net/business/watch-out-myanmar-1397599

記事全文

【記事紹介】バングラデシュ、先進国入り目指し直接投資誘致強化

【記事紹介】バングラデシュ、先進国入り目指し直接投資誘致強化

バングラデシュは、国外直接投資(FDI)の誘致活動を強化する方針だ。バングラデシュ中央銀行によると、2015年のFDI流入額は27億ドル(約2,941億円)で、前年比31%増となった。政府は2041年までの先進国入りを目指し、規制緩和などを推進して投資の呼び込みに注力する。現地紙デイリー・スターなどが報じた。 15年のFDIの内訳は、再投資が同15%増の11億4,000万ドル、企業・グループ内融資が倍増の7億9,500万ドルだった。一方、新規投資は7億5,800万ドルで1.2%減少した。分野別ではアパレルが5億8,900万ドルでトップ、以下、銀行が3億7,700万ドル、エネルギーが3億5,000万ドルで続いた。 バングラデシュはここ6年の年間平均成長率が6.4%、1人当たり国民総所得(GNI)増加率が9.4%を記録するなど、堅調な経済成長が続いている。アブドル財務相は、国として41年までに先進国入りを目指すとの意向を表明し、「野心的な目標なのは承知しているが、過去6年の成長を振り返れば不可能ではない」と述べた。 全文:【SankeiBiz】2016年5月16日付記事

記事全文

“Business meet on ICT”、5月21日よりダッカで開催

“Business meet on ICT”、5月21日よりダッカで開催

バングラデシュ政府は、バングラデシュにおけるソフトウェアおよびICTサービスの利用を後押しするため、5月21日より首都ダッカで2日間のB2B会議を開催する。 バングラデシュICT省とバングラデシュ・ソフトウェア情報サービス協会(BASIS)は共同でこのイベントを開催する。会場はダッカのパンパシフィック・ショナルガオンホテルだ。 「銀行・金融・教育・健康の4つの分野の各専門家が論文を発表し、各分野のデジタル化がこれらの産業の成長をどのように促進することができるかについての視点を提供する」。バングラデシュ郵便電気通信情報技術省ICT担当相、ズナイド・アーメド・パラク氏は、ダッカのバンガバンドゥ国際会議センターで開かれた記者会見で声明を発表した。 バングラデシュ政府は、ICT及びソフトウェアの地場産業が、2021年には50億ドルに市場収益を増大することを目標として、展示会を手配する、と同氏は語る。 「政府の主要なステークホルダーと民間セクタが​​、異なる観点からICT部門に関連するさまざまな問題を議論する予定だ」とパラク氏は述べている。 BASIS会長のシャミーム・アサン氏は、「企業のソリューション・プロバイダーの展示会では、訪問者に最先端のICTサービスについて知ってもらうため、サービスプロバイダーとの1対1のミーティングを行う場も設ける」と語っている。 バングラデシュ・コンピューター・カウンシルのエクゼクティブ・ダイレクター、S.M.アシュラフル・イスラム氏、および総理府情報プロジェクトの専門家、ナイムズマン・ムクタ氏も会見に参加した。 出典:【The Daily Star】2016年5月9日付記事

記事全文

バングラデシュの輸出売上高、かろうじて目標値に到達

バングラデシュの輸出売上高、かろうじて目標値に到達

バングラデシュの輸出売上高は、衣料品、皮革及び皮革製品、ジュート及びジュート製品、エンジニアリング製品の出荷量の増加を背景に、先月4月に26億8,000万ドルに達し、前年比で11.82%上昇した。 バングラデシュ輸出振興局(EPB)のデータによると、4月の輸出売上高は約26億8,000万ドルと、3月の28億3,000万ドルに比べてやや低下した。 先月4月の売上利益を合計すると、2016年度(FY16)の10ヶ月間の輸出売上高は、前年度より9.25%アップして276億4,000万ドルに達した。2015年7月から2016年4月の輸出目標は、271億1,000万ドルであった。 バングラデシュの昨年度の輸出額は31億2,000万ドル。2015年-16年では、33億5,000万ドルに達する勢いだ。 国の輸出収入の約8割を占める衣料品は、先月で2億2,300万ドル、前年比で14.95%となった。 「バングラデシュの衣料品輸出は成長し続ける」。バングラデシュ縫製品製造業・輸出業協会の副会長、ファルク・ハッサン氏は語る。 「我々の成長見通しは計り知れないが、機会を最大限に活用するためには、生産能力を更に向上させる必要がある」とハッサン氏は付け加えた。 衣料品以外の分野では、皮革及び皮革製品が、本会計年度の7月〜4月の間に9,203万ドルと前年比で0.7%増。 とある業界関係者によると、ジュート材及びジュート製品の輸出は、中東諸国のビジネス環境の改善による天然繊維の新たな需要を背景に、福兆の兆しを見せている。 2015年7月〜2016年4月の期間中、ジュート及びジュート製品は、7億2,987万ドルとなった。 テリータオルの輸出は$ 459.01百万128.09パーセント$ 116.28百万エンジニアリング製品17.19パーセントに$ 40.79百万頭装備やキャップに20.18パーセント増加しました。 家具の輸出は19.35%増加して6,824万ドル、医薬品は15.33%増加の3,843万ドルとなった。 出典:【The Daily Star】2016年5月6日付記事

記事全文
1 2 3 6