バングラデシュ、本格的な夏到来に備えたスキンケアTips

バングラデシュ、本格的な夏到来に備えたスキンケアTips

日本では新緑の季節ですが、バングラデシュはこの一週間の平均気温が32.5度と、既に本格的な真夏の季節です。 今年のラマダンは6月初旬開始。また、モンスーンの到来も6月頃からです。 バングラデシュの女性たちは、この厳しい時期をどうやって乗り越えているのでしょう? 彼女たちの美容ケアについて、『The Daily Star』に興味深い記事を発見しましたので、ご紹介いたします。 【The Daily Star】 ベンガル暦新年から一ヶ月。冷蔵庫の中の冷えたミネラルウォーターや、夏のフルーツがありがたい季節になりました。同時に厳しい季節の到来でもあります。私たちは、肌という、私たちの身体の中で最も重要のケアを忘れてしまいがちです。漂白剤やエステといった手っ取り早い解決策は、素早いフィックスアップを可能にしてくれますが、こういったケアを長期に継続して行うのは、中々難しいものです。しかしここでは、あなたの家にあるもので簡単に行えるスキンケアを紹介いたします。 ■出来る限りお肌をカバーしましょう 灼熱の太陽光は美肌の大敵です。私たちの肌は、表面積が大きく、塵やホコリががすぐ蓄積してしまいます。長時間外出する際は、長袖を着用してください。首をカバーすることも非常に重要です。つま先まで隠れる靴は、長時間の外出には不可欠です。日焼け止めの使用も有効ですが、長時間の使用は毛穴をブロックし、にきびにつながることがあるので注意しましょう。 ■ダイエット 夏は、身体が乾燥し、多くの水分を失って、肌荒れの原因になります。失われた水分を取り戻すために、スイカ、レモン、梨、マンゴーといったジューシーな果実を積極的に摂取しましょう。母なる自然からの贈り物の果物は、消化によく、体内の循環をよくし、カロリーも少なめです。食べる前には、化学物質を取り除くために、きれいな水に浸けて5分間ほど待ちましょう。着色料の多く含まれた飲み物を避け、ココナッツジュースに切り替えてはいかがでしょうか。また、油っぽい食品や、皮革製品など、肌の表面に油性のものが接するのは避けましょう。吹き出物の発生を防ぐためです。最後に、一時間ごとに規則的に水を飲むよう心がけてください。忘れないよう、アラームを設定しておくのもよいでしょう。 ■日焼けした肌のケア 夏の間、日焼けはどうしても避けることができません。特に顔、首、足には、ハッキリとした日焼け跡が残ってしまいがちです。氷水を使って日焼けした部分を冷やすと同時に、キュウリやレモンといった、天然由来の漂白成分を含む食品を併用すると効果が高まるでしょう。ウコンやトマトペーストも含まれます。ハチミツを継続的に患部に塗ると、日焼け跡(ヨーグルトとミルクには、高い保湿効果が期待できます)を自然に、効果的に取り除くことができるでしょう。 ■シャワーを浴びましょう お肌の新陳代謝を高めるために、古い角質を除去するケアを行いましょう。シャワーの後、清潔なタオルでお肌の乾燥した部分を軽くなでてください。肌がまだ湿っている間に、保湿剤をまんべんなく塗りましょう。水虫防止のため、足の指の間をよく拭くことも忘れないようにしましょう。 ■バッグの中の持ち物を確認! 財布ではなく、バッグです。過酷な夏をあなたのお肌が乗り切るためには、デイリーユースなアイテムを今一度チェックしてください。ミネラルウォーターのボトル、木綿のハンカチ、リップクリームは、どこに行くにも必須アイテムです。この他、フェイスパウダー、洗顔料、そして日傘も必要でしょう。フェイスパウダーにタルカムパウダーを混ぜると、長時間効果が持続します。あなたはしばらくの間日本の舞妓のように見えるかもしれませんが、日中何度も行う必要があるメイク直しの手間を大幅に節約し、あなたの顔に吹き出物が発生するのを防ぎます。 私たちバングラデシュ人は、太陽の恵みの下、繁栄するために生まれてきたと、Nanijaan氏は言っています。肌の状態は見た目の印象を大きく左右します。暑い夏も適切なケアを行うよう、心がけたいですね。 出典:【The Daily Star】2016年5月3日付記事

記事全文

新年を迎えるバングラデシュ

新年を迎えるバングラデシュ

2016年4月14日(木)はベンガル暦1423年の新年(Pohela Boishakh/ポヘラ・ボイシャック)に当たる。新年のあいさつは「Shuvo Noboborsho」。この日はバングラデシュのみならず、海外のバングラデシュ・コミュニティでも盛大なセレモニーが催される。 熱狂するダッカ市民は、セキュリティ上の問題から屋外での催事行為に規制が行われているにもかかわらず、新年を祝う祭りに多くが参加している。 バングラデシュの人々は昨日、ベンガル暦の大晦日(Chaitra)に酷暑に見舞われながら、新年初日を迎えるための準備に追われた。 近年ボイシャキの服装を取り扱ったショウケースに人気が高まっており、特にイド・アル=フィトル(ラマダン後祝祭日)後は、衣服の中で最も高い売上を誇っている。 紅白の人気の「ボイシャキ・カラー」を含む衣類は、衣料品店に大量に投入されている。 食料品店では、グリーン・マンゴーや生鮮野菜の需要が高い。 ここ数週間で価格が急騰したHilsa*1(ベンガル暦新年に欠かせない魚)は、殆どの店頭から姿を消している。 文化団体Chhayanautは、毎年恒例の、ラモナボトムール*2での夜明けの演奏会を行う。 *1 Hilsa……インドヒラとも。ベンガル料理に欠かせない魚で、インドとバングラデシュのベンガル人が非常に好む、銀色の白身魚。近年乱獲により数が減少し続けている。 *2 ラモナボトムール……ダッカ大学構内にある、大きなベンガル菩提樹に囲まれた有名なラモナ公園の前。 出典:【The Daily Star】2016年4月14日付記事

記事全文

伝統工芸を主体にした女性用ブランド「リディア・メイ」、ダッカ上陸

伝統工芸を主体にした女性用ブランド「リディア・メイ」、ダッカ上陸

「リディア・メイ」は、アメリカ人デザイナーであり社会起業家でもあるメイ・ヤンによって作成された、デザイナーブランドだ。彼女は代表作はバッグで、作品モチーフとして南アジアの豊かな文化や、伝統工芸品の遺産を組み込んでいる。 メイ・ヤンの受注体制の基本はオーダーメード。そこに使用されている技術は、伝統的な高級工芸品への広範な研究の成果だ。 「リディア・メイ」は、原材料のサプライヤーと協力して、生態学的に中性のなめし革技術を開発するなど、環境への影響に配慮している。また同ブランドは、ダッカのスラム街において、70人あまりの学生および未熟練女性を対象、市場性のある職業スキルの教育を行っている、非営利団体「リディア・ホープ・センター・トラスト」をサポートしている。 「リディア・メイ」は、リディア・ホープセンター・トラストの支援のため、その収益の一部を還元することを誓約している。 出典:【The Daily Star】2016年3月29日付記事

記事全文

タレス・アレーニア、人工衛星バンガバンドゥの設計を開始

タレス・アレーニア、人工衛星バンガバンドゥの設計を開始

タレス・アレーニア・スペース(仏)*1は、 3ヶ月で主な作業を終えることを目指し、 バンガバンドゥ衛星の設計作業を開始した。「バングラデシュ初の人工衛星のデザインは、BRTC*2によって審査される」とシャジャハン・マフムード会長は語った。BTRC役員は今月、本事業に関わる様々な課題を議論するため、フランスで開かれた宇宙通信のミーティングに出席した。 BTRCは、商業用の放送衛星を開始するため、先月11日にタレスと2億4,800万USドルの契約にサインしたばかりだ。 「我々は新しい会社の設立と、衛星打ち上げに関わる作業スタッフの訓練を予定している」とマフムード会長は語った。プロジェクト担当者によると、スペクトルエンジニア株式会社〈バングラデシュ国内でのタレスの事業パートナー〉は、契約書へのサイン後、すでにガジプールとラーンガーマーティにおいて地上支援のための作業を開始している。 マフムード会長によると、バングラデシュ政府はこのビッグプロジェクトの周知を図るため、全国規模で広報活動を行う予定。 *1 タレス・アレーニア・スペース……タレス・グループ(仏)が、アルカテル・アレーニア・スペース(仏)とテレスパーツィオ(伊)のアルカテル出資分を買い取り、残りの出資者であるフィンメッカニカ(伊)との合弁で誕生した、ヨーロッパ最大の人工衛星開発企業。 *2 BRTC……バングラデシュ電気通信規制委員会。 出典:【The Daily Star】2015年12月17日付記事 参考:【thalesgroup.com】2015年11月12日付記事

記事全文

バングラデシュ代表、SAFFのU-19選手権でベスト4に

バングラデシュ代表、SAFFのU-19選手権でベスト4に

バングラデシュナショナルチームは、ネパールサッカー協会(ANFA)組織下のSAFF(南アジアサッカー連盟)主催・U-19選手権の準決勝でインドに敗退した。 試合はフルタイムの末タイブレークに突入し、双方は最初の5つのPK戦で3ゴールを決めたものの、その後、バングラデシュが得点に失敗し、決着がついた。 バングラデシュのU-16チームは、数週間前にタイブレークの末インドを破って2015年SAFF U-16選手権に優勝したが、今回U-19ではベスト4に留まった。 出典:【The New Nation】2015年8月27日付記事

記事全文

日本食レストラン いずみ

日本食レストラン いずみ

日本レストラン「いずみ」は、人気のグルシャン(Gulshan)の地域に位置しているにもかかわらず、賑やかで元気のあるダッカ内の静かなオアシスです。 「泉」は、日本語で【噴水】や【春】を意味し、エレガントでモダンなこのレストランでは、ゲストが自宅で食事をすることができる美しい中庭があります。美しい盆栽や、地元の芸術家アシュラフル ハサンさんによる外壁の装飾、岩石庭園 や滝は、本格的な日本スタイルの泉を楽しむことが出来ます。レストランの内部は広々としており、柔らかな照明の元常連客は、寿司、刺身や天ぷらといった馴染みのあるメニューから、串焼きされたホタテや、甘いタレで焼いた新鮮なウナギのような、バングラデシュでは中々食べることのできないメニューまで、様々な日本料理を楽しむことができます。お肉が大好きな方々は、野菜、米、ディッピングソース添えオーストラリア和牛200グラムの、鉄板焼きステーキ和牛をご注文してみては如何でしょうか。 住所: Izumi, House 24C, Road 113, Gulshan 2, Dhaka-1212, Bangladesh お電話:+880 1762 635083 【紹介記事】Bangladesh’s 10 Best Cultural Restaurants: A World of Inspiration Facebook: https://www.facebook.com/izumiBD

記事全文

バングラデシュの文化について

バングラデシュの文化について

~バングラデシュの文化について~ ~衣~ バングラデシュでの一般的な服装は男の人の場合、ルンギと呼ばれる下記の写真のような布を下半身にはいてる人がとても多いです。それかジーパンかスーツの3パターンがほとんどです。ごく稀にオシャレなカラーパンツや半ズボンをはいてる人を見ることがありますが、そういった人は大抵、海外経験者の方でもちろん英語もしゃべれるので、見分けがつきやすい。 女性の一般的な服装はサリーと呼ばれる下記のような格好です。テレビで一度は見たことがある、黒ずくめで目以外は布で肌を隠してるような格好の人は今はバングラデシュでは少なくなってます。イスラム教のふかい信者ですとこういった格好をします。 :男性 :女性 おまけ→    また、結婚式や伝統的な式で着る服は男性の場合、やはりスーツかパンジャビ、女性の場合はサリーというインドでも同じ習慣があります。街中のアパレル関連のお店をみても必ずと言っていいほど、このパンジャビやサリーなどの伝統衣装が販売されています。日本では知らない人は いないだろう、ユニクロもバングラに何店舗かあり、そこでもバングラ人のニーズに合わせ、似たようなものが売ってるぐらいですからッ! もちろん、路上の露店でも下記の写真のような感じで安く手に入れることができます。  ~食~ インド人はごはんの際、手で食べることを皆さんも一度は聞いたことがあると思います! バングラ人も同じですがごはんの種類によって区別してるようです。ちなみに、なぜ手を使うのかというと、イスラムの宗教上、手で使って食べれるほどキレイである、という考えが根底にあるからです。それに手の方が食べやすいというのも1つの理由である。それと、バングラデシュ全体的にごはんの時間はすべて一般的な日本の12時~1時の1~2時間後なので要注意!日本人の感覚のままレストランとかに行くと12時過ぎでも、まだランチメニューが頼めない場合があります。 普段、バングラ人はどういったものを食べてるかというと朝食は主にルティかポロタ(違いが分かりにくいかもしれませんが下記の写真)というインド発祥のナンに近いものにアルバジと呼ばれるカレー風味の野菜のセットです。補足説明としてポロタのほうが油を使っていてルティはほとんど油がないのが特徴です。このアルバジはお店によって少し辛かったり入ってる具材が違ったりと、お店によって各々の味が食べれて自分の好みのものがチョイスできます。また、日によっても多少同じ店でも違ったりするので毎日まったく一緒ということはありません。 値段もお店によって多少変わるが平均で約30円でルティ又はポロタ+アルバジのセットが買うことができます。もし、お口に合わないようでしたら外のスーパーなどでパン(何十枚か入ってて100円程度)も買えます。また、日本とは違い朝から米を食べる習慣はとても少ないですので朝の時間帯でそういったライス系統は頼むことが出来ないところがほとんどです。 :ルティ  :ポロタ :アルバジ 昼や夜ご飯はその家庭によって様々なので特にコレ!とは決まっていませんが、ヌルスという麺類でしたり、私も大好き日本人好みのピラフみたいなものビリヤニ、それかお米+カレーがメジャーです。  ←ビリヤニ 牛肉(ゴルルマンショ)かヤギの肉(カシルマンショ)か鶏肉(ムルギルマンショ)か選べます。値段もそれほど変わらず140タカ(約210円)ほどで食べれます。実はこのビリヤニはおめでたい時や何か式典などの祝いの席で食べるものでしたが、人気のあまり普段のレストランでも販売するようになったといわれています。 右の写真が一般的なバングラの家庭料理の一例です → :ボッタ(白飯のおかずになるもので野菜や魚などが入ってて栄養満点!) 他にもまだまだバングラフードはありますが、日本人の私がピックアップしたオススメだけ今回は紹介します。 何個でも食べれちゃう!外はサクサクのちょいピリ辛で現地人にも大人気フチカ。 8個はいっててお値段なんと、、、たったの40タカ(60円程)。夕方から道端の露店に何店も並んでたりしてとてもにぎやかです。少数ですが、ヨーグルトがかかったドイ(ヨーグルト)・フチカというのもまた美味なのでぜひ探してみてください。←すいません。ドイ(ヨーグルト)・フチカの写真は良いのが無く載せていません。 フチカの露店は昼間はこんな感じだが夕方からはお客さんでにぎわい大変身します! 次に紹介するのはデザートとして大人気、ドイ(ヨーグルト)。 ほどよい甘さがあり食べやすく味はヤクルト?にちかくそれの固形バージョンです。 値段は大きさによって変わるが一番小さいのだと15タカ(30円未満)で買えちゃいます! バングラ人には大人気のお菓子ミスティー。砂糖のかたまりを食べてるような感覚で甘党の方には好みだと思います。種類も豊富で食べやすいミスティーもなかにはありますし、バングラのお土産の1つとしても重宝されます。 バングラの屋台もフチカの他にも種類が豊富で、1つのエリア内に何十ものお店が点在しています。 相場はおよそ5タカから50タカまで日本円で約8円~70円(揚げ物系only)でもうちょい豪華なハンバーガーやサンドイッチ、ホットドッグも売っていますが値段は100円以上になってきます。 :プリ  :シンガラ ~住~ バングラデシュは世界の中でも貧富の差が激しい国の1つです。住宅を見てもそれがはっきりと感じられます。 富裕層の家は言わなくても分かるぐらい立派な建物です。逆にスラムの人たちなどは某おとぎ話に出てくるような 藁の家に住んでたり、簡単な作りの小屋に住んでたりと窮屈な生活をしています。 バングラの経済状態や環境のせいで彼らは一般層にまで到達するのは残念ながら難しいのです。 これらがバングラにある家の一部の写真です。  バングラの田舎に行けば、右のような家ばかりしかありません。→ それと洪水が多い地域では底をあげて浸水してこないように建てられています。↓ :家の中(ほとんどが1部屋)  :一般住宅(ベランダが鉄柵などで乗り出せないようになっているのが多いです)   :一般的な家の中               :富裕層の家の中 ちなみに、ダッカの中で最も高い高級住宅はグルシャン、バナニエリアで外国人か高所得者のバングラ人しか買うことが出来ないようなレベルで、最近ウットラの地域の物件も上がってきています。空港からのアクセスもそれほど苦ではないというのが理由の1つとして挙げられるでしょう。 もしバングラで家を見つけたいという方は周囲の環境、室内の設備などをよく確認するべきです。 周囲の環境で重要な点としては、勤務地やお店・スーパーまでの距離や利便性、騒音、道路の整備状況、 土地の高低(大洪水が発生した場合の影響)、近くにモスクの有無(礼拝の音が気になる人もいる)などです。 また、エレベーターの有無、セキュリティーや管理人の勤務態勢、大家さんやその家のセキュリティーの人柄なども重要な点に含まれます。また、来客用駐車場の有無や、停電に備えて自家発電機が設置されているかどうかも確認したほうがいいです。 家具付き物件と家具なし物件が存在するので必要なものは自分で買ってくる可能性もあります。 それと、物件を購入する際、この国では大家さんとの交渉はとても重要になってきます。 なぜかというと、その交渉により多少値段が下がったり必要最低限のちょっとした家具や食糧支援などがもらえる可能性があるからです。 話は少しズレますが、外で買い物するにしてもリキシャのお金を払うにしてもバングラでは交渉が必要不可欠だということです。したがって物件も交渉の大事な場面です。 交渉がうまくいかず、お金をバングラ人に多く取られないように気をつけましょう。 物件が決まった後。。。 通常、契約期間は 2~3 年であるが、それ以外でも交渉に応じる場合が多い。契約時もしくは入居時に、家賃 1 年分の前払いを求められることが多く、その場合は、通常、契約後 45 日以内に支払う必要があります。前払金が残っている期間内に退去する場合、原状回復等に関し返金額の交渉が難航する事例が考えられるため、基本的には 1 年間は転居しないことを前提に物件を選ぶといいでしょう。 契約書は、大家さんが政府発行の印紙のついたものを用意します。 古い物件には、給排水、電気配線などに問題のあるものが多いので注意しましょう。また、故障してもすぐに修理に対応しない場合が多いです。入居前に修理を完了させるとともに、入居後に故障した場合の修理についても、契約書に明記しておくことが必要です。 また、前居住者の公共料金の未払いがないかも確認しておくことが賢明です。 ガス、水道などの手続きと管理については。。。 各種公共料金は借り手側が支払う。バングラでは、発電所が整っていないため昼夜を問わず頻繁に停電が起きます。特に、暑さの厳しい日や雨季は頻度が高くなるので、ロウソクなどを備えておきましょう。 自家発電機を設定しているアパートが多いが、自家発電機による電力供給中は一部電源への電力供給にとどまることが多いです。 電気料金はメーター制で、請求書を持って指定された銀行で支払うが、管理人が集金に来るアパートも多い。断水は地域により状況が大きく異なり、外国人居住区ではその頻度は少ないが、万一に備えてミネラルウオーターの買い置きをおすすめします。 水道料金は、毎月送付される請求書を持って指定の銀行で支払うが、共益費に含まれることが多いです。 ダッカでは、天然ガスが一般的な熱源である。各種ガス器具は現地で購入できます。コンロは電気式とガス式の 2 種類あるが、電気料金が高く電圧が不安定なため、ガス式のほうが安全かつ経済的である。ガス料金はメーター制ではなく、定額を支払うかたちです。月額で1口バーナーが400タカ(約600円)、2口バーナーが450タカである(約675円)。 なお、口数やコンロの型により追加料金がかかる場合があります。また、地区によっても多少異なる。…

記事全文

バングラデシュサッカーナショナルチームの動静

バングラデシュサッカーナショナルチームの動静

FIFAランキング165位(2015年1月8日現在)のバングラデシュナショナルチームは、バンガバンドゥ・ナショナル・スタジアムにて、今季の目標を達成するためすでに練習を開始している。 本会場は2011年のワールドカップ予選のときに、レバノンを2-0で打ち負かした彼らの歴史的勝利の舞台になった会場だ。しかしそれ以来、日本のU-21チームとの親善試合を除いて、彼らがこの会場で競った試合をしたことはない、と地元紙は述べている。 彼らはシレットで行われたバンガバンドゥゴールドカップのマレーシア戦で0-1と敗北を期し、難しい局面に立たされたものの、士気を下げることはなく、ビッグボウルに参加した12,000人と全国の数百万人のファンにとっては、満足のいく試合内容となった。また、前半40分のMFのヘマンタ・ヴィンセント・ビスワスによるセンタリングからの素晴らしいボレーは、準決勝進出という結果に大いに貢献した。 残念なことに、バングラデシュのサッカーナショナルチームは十分な練習環境を与えられておらず、FIFAランキングでも下位の状態(公式FIFAランキング:2015年8月6日時点で170位)が続いている。だが、ファンと彼らの努力はいつか必ず報われることだろう。 近い将来、ワールドカップの舞台でも、緑のサムライたちが活躍している姿を見ることができるかもしれない。

記事全文