OIC、2019年の観光都市にダッカを選定

70~80古代ダッカの古いモスクを改装  イスラム協力組織(OIC)加盟国の観光大臣が集まる会議は、ダッカが2019年の「観光都市」として選出した。この宣言は、バングラデシュの首都で行われた第10回イスラム閣僚会議(ICTM)の閉会時に行われ、シャハハハン・カマル民生航空観光相により、火曜日、市内ホテルでの最終セッションの後、記者会見で発表した。大臣は「ダッカがOIC加盟国によって翌年の観光都市になったことを発表することを嬉しく思う」と述べた。  民間航空・観光大臣、グラム・ファルク(Ghulam Farooq)、バングラデシュ観光局(BTB)のナシール・ウッディン(Nasir Uddin)最高経営責任者(CEO)もブリーフィングで語った。  ファルク大臣は、OICのプロジェクトとしての資金援助により、ダッカ市内の70~80世紀の古代モスクを改築すると発表した。大臣は、ダッカの「観光都市」としての宣言は、バングラデシュについてOIC加盟国のムスリム観光客に大きな関心を抱かせると述べ、「ダッカを観光都市の中心として推プロモートする戦略的計画を立てる」と付け加えた。  ナシール氏はダッカが観光都市になることはバングラデシュにとって大きな成果になると語り、 “バングラデシュは、OIC加盟国の4つの他の都市に勝って観光都市に選ばれた。なお最後まで観光都市を争ったアゼルバイジャンのガバラは2020年の観光都市となった”と述べた。  25のOIC加盟国の15人の観光大臣を含む上位レベルの代表者が参加した観光会議では、世界中のイスラム遺産を保存し促進するためのダッカ宣言を採択した。  会議中に、シャハハハン・カマル氏は、バングラデシュはバングラデシュのムスリム遺産の保護と保護のため、13億タカを使うこと提案した。同氏はまた、OICから旅行とホスピタリティ分野のスキル人材を育成するための研究所を設立するための支援を求めた。  前回の第9回会合では、マディーナとイランのタブリーズ市を2017年と2018年にイスラム観光の首都と宣言した。  シェイク・ハシナ首相は今朝の会議で、この会議の議長をニジェールからバングラデシュ観光相が今後2年間の任期で引き継ぐと話した。  この会議は、57の加盟国の間で観光の可能性について話し合い、経済に貢献する方法について話し合うため、イスラム協力機構(OIC)の観光大臣がここに集まった。中核課題はイスラム文化と遺産の開発と促進であった。  会議ではまた、イスラム観光に関する共同協力に沿って実施されている各国の観光プロジェクトの進捗状況をレビューした。  50以上のイスラム教徒国と16億人以上のイスラム教徒が市場に潜在する可能性があるため、イスラム教徒に優しい観光商品やサービスの需要に応えることが望まれる。 引用元:The Financial Express 公開日:2018年2月6日21時31分44秒

記事全文

バングラデシュ政府、ミルサライに163MWの発電所建設計画

 政府はミルサライ経済ゾーン(MEZ)に163メガワット(MW)の専用発電所を建設し、そこに所在する産業や工場に電力を供給することを計画している。  具体的にはBangladesh Power Development Board(BPDB)とRural Power Company Ltd(RPCL)の2つの国有電力会社のジョイントベンチャー(JV)であるBR Powergen Ltdが発電所を建設する。この新たに建設された合弁会社は、中国の会社Sinohydro Corporation LtdとMEZに発電所プロジェクトを実施するためのエンジニアリング、調達および建設契約(EPC)を締結した。  Sinohydro社は契約額1億500万米ドル(Tk890 crore)で、発電所を今後15カ月以内にEPC請負業者として設置する予定である。 引用元:The Financial Express 公開日:2018年2月5日23時19分33秒

記事全文

政府は公害をチェックするために川岸の排水処理場を計画

「政府は、深刻な公害に直面している河岸に排水処理場(ETP)を設置する動きを検討している」「短期間にこうした計画を実行できることを願っている」とアニスル・イスラム・マフムード環境・森林大臣が木曜日に開催されたシティプログラムで述べた。  大臣は、ジャティヤプレスクラブでバングラデシュ国際自然保護連合(IUCN)が策定したセミナーで講演し、「イングランドのテムズ川とドイツのライン川も、深刻な汚染を受けていたが、人々が水を飲むことができるように、これらの川の水質を改善した」と語った。  UNB(UNITED NEWS OF BANGLADESH)は、「汚染を監視するための効果的な措置を取って、河川の水質を改善することも可能であり、時間がかかるかもしれないが、可能だ」と大臣は考えていると報じた。  また大臣は、非政府組織(NGO)が政府と並行して首都周辺の河川や湿地を汚染から救う意識を表明するうえで効果的な役割を果たすよう促し、「政府は、首都周辺の河川や湿地を守ろうと真剣に努力している。政府のイニシアチブと並んで、NGOも効果的な役割を果たすことができると私は考えている」と語った。  また河川と湿地が経済と環境と密接に関連していることを踏まえ、大臣は「環境と経済の発展のために、汚染から解放されなければならない」と述べた。 引用元:The Financial Express 公開日:2018年2月1日21時24分19秒

記事全文

バングラデシュの携帯電話加入者数は現在1億4,511万人

   現在、バングラデシュでは1億4511万人がアクティブな携帯電話加入者であり、8,048万人がインターネットユーザーである。  これはバングラデシュ電気通信規制委員会(BTRC)が2017年12月に更新した統計データを公開したものである。  その中でもグラミンホン(Grameenphone)は65,327,000人のユーザーを持つ最大の事業者である。  UNB(United News Bangladesh)によると、インターネットデータ、音声通話、またはショートメッセージサービス(SMS)を90日以内に使用したユーザーが、アクティブとみなされた。 引用元:The Financial Express 公開日:2018年1月29日21時32分20秒

記事全文

メトロレールの脚部が間もなく現れる

 バングラデシュ初となるメトロレール(モノレール)の建設は、首都ダッカのウットラ第3工区からアガーガアン地区の工事が進んでいる。  公式筋によると、メトロレール6号機(MRT-6)の最初のレール積み上げ作業は、地質調査、試験杭打ち、ボーリング調査が完了し、12月25日に始まり、すでに50本以上の杭工事が完成している。また、ウットラ地区からアガルガオン地区まで、建造物の橋脚部分の場所で工事が始まり、モノレールプロジェクトの全貌が見え始めた。  この工事は昨年5月3日にダッカ・マス・トランジット・カンパニー・リミテッド(DMTCL)が20.1キロメートルのMRT-6の半分をイタリア・タイ開発PLCに与え、8月2日にウットラ第3工区ーアガーガアン間の工事が始まった。情報筋によると、この工事期間に2,000回以上の掘削が完了するとの見通しを示した。さらに、駅舎の建設も数ヶ月以内に始まるとのことである。    DMTCLは残りのモーテヒールまでの10.1kmのMRT-6建設工事をまだ実施する予定ではないが、プロジェクトの第1段階はウェブサイトの情報によると、開始日から1,127日間で完了する予定である。  MRT-6の建設作業は、公式には2015年にウットラ地区の発着点の土地開発作業から始まった。しかし、上部の建設が始まってなかったため、形が見えなかった。DMTCLはこれまでに8つのプロジェクトのうち6つのプロジェクトに着工している。DMTCLによると、MRT-6の橋梁は数ヶ月で見え、インフラ整備作業全体は2019年6月までに終了する予定であるとのこと。  しかし、主な建設工事が始まったことで、路線に沿った道路の交通渋滞は悪化した。このため、ミルプールロードとロケヤサラニにおいては、両方の車線のスペースの半分以上が占有されている。パラビとミルプールから来る通勤者は、ミルプール-アガーガアン地区の数キロの道路は、毎日2時間渋滞に詰まったままでいなければならないと話した。交通警察官が不足しているため、ミルプール12からアガーガアンまで数百の乗り物が交差点や転回点で孤立していると付け加えた。  DMTCLのマネージングディレクターのM N N シディクは、彼らは交通の移動を助けるための自由なスペースを確保しようと努力していると語った。彼は、DMTCLは、通勤者や歩行者が多く苦しんでいたモグバザール–マリバグ–モウチャク 高架道路の建設作業中に学んだ教訓を受けて、人々の苦しみを軽減するためのあらゆる対策を講じていると語った。MDは、MRT-6の杭打ち作業は、作業の第1段階の迅速な完了のために、すべての工事箇所で深夜の作業員の数を増やすとも述べている。 引用元:The Financial Express 公開日:2018年1月25日10:48:28

記事全文

bKash、MTBが国際送金サービスを開始

 バングラデシュ最大のモバイル金融サービスプロバイダーであるbKashとMutualTrust Bank Limited(MTB)は、bkash口座に直接送金するための国際送金サービスを開始した。  ICT担当大臣であるズナイド・アメド・パラク氏、バングラデシュ銀行決済システム部長のリラ・ラヒム氏、bKashの最高財務責任者、カマル・クアジル氏(相互信託銀行マネージングディレクター兼チーフ)とともに、ウェスティンダッカホテルでサービス開始を発表した。  新しく開設されたサービスにより、世界中のバングラデシュ人は、MTBの取引交換所と提携送金事業者を介して、いつでもbKashを海外に送金することができる。 bKashは約3,000万の利用者がおり、その数は増えている。利用者は人から人への送金、携帯電話の入金、請求書の支払い、店頭での支払いを行うためにbKashを利用することができる。また、bKash口座にお金を保管し、貯蓄することもできる。  bKashのカマル・クアディール最高経営責任者(CEO)は次のように述べた。「送金のラストワンマイルを提供するための商業銀行とのモバイル・ファイナンシャル・サービスの統合は、特に銀行支店の存在が限られている農村部や遠隔地では正規送金を増やすことになる。」 同氏は、新たに開始されたMTBのサービスが、商業銀行のさらなる進出を促し、MFSプロバイダーとのパートナーシップを構築し、効率的で安全かつ迅速な方法で送金できるようになることを望んでいる。 引用元:the dailyobserver 公開日:2018年1月17日(水曜日)12:00 AM

記事全文

衣料業界労働者のための新しい賃金委員会

     バングラデシュ政府は、衣料縫製(RMG)産業労働者の既存の賃金を見直す新しい賃金委員会を結成したとムジブル・ハーク・チュンヌ労働大臣が日曜日に発表した。    国営バングラデシュ通信(BSS)によれば、「委員会は現在の衣料業界労働者の給与構造を精査した上で、今後6ヶ月以内に勧告を提出する。最低賃金は来年12月までに発表される」と同氏が記者会見で伝えた。  以前は、バングラデシュのRMG製造業者および輸出業者協会(BGMEA)が賃金委員会の構成を要求していた。BGMEAのシディクル・ラーマン会長がオーナー側の代表として賃金委員会に含まれており、バングラデシュの全国労働組合連盟であるJatiya Sramik League 女性問題担当のシャムスナハ・ブイヤンは4人の常任理事とともに労働者代表となっているという。   政府は、女性労働者がRMG業界の全労働者の70-75%を占めているため、新しい賃金委員会に女性労働者の代表を含めると述べた。さらに、賃金委員会の女性労働者代表も他の労働者の利益に目を向けるとムジブル氏は付け加えた。   この記者会見にはアフロザ・カーン労働雇用省長官、AKアザド元FBCCI元会長が出席した。政府は最低賃金を5,300 Tkに固定して、2013年にRMG労働者の最後の最低賃金を宣言した。 引用元:The Dailyobserver 公開日:2018年1月14日日曜日午後8時49分

記事全文

世界銀行、バングラデシュのGDP上昇を示唆

世界銀行(WB)は水曜日、2018年のバングラデシュのGDP予想成長率は6.7%で、2017年の予想6.4%から上昇すると発表した。 ワシントンで発表された世界経済見通は、支援財政政策、安定した政治情勢、効果的な開発イニシアチブへの進展により、バングラデシュ経済の見通しを改善した。 最も高い予測はインド(7.3%)、最も低いのはアフガニスタン(3.4%)であり。バングラデシュはSAARC諸国の中で3番目に高いと国営バングラデシュ通信(BSS)は報告している。 しかし、WBの保守的な予測は、2016~17年度(FY17)にすでに達成したGDP成長率よりも低い。 バングラデシュ統計局(BBS)によると、今年度(2017~18年(FY18))の成長率目標をの7.4%に引き上げた(前年度のGDP成長率は7.28%)。 水曜日に発表された報告書「世界経済見通し」は、2018年の世界経済の見通しと課題を描いたものである。 WBは、2017年が予想を大幅に上回った流れで、投資、製造、貿易の回復が続き2018年に世界経済成長率は3.1%になると予測している。 また「先進国の成長率は、中央銀行が徐々に危機対応策を減らし、投資成長上昇が安定する中で、2018年には2.2%程度になると予想している」と付け加えた。 国際援助機関は、新興市場および途上国の成長は、2018年に4.5%まで引き上げられると予想している。 なおアフガニスタンのGDP成長率は3.4%、ブータンは6.9%、モルディブは4.9%、ネパールは4.5%、パキスタンは5.8%、スリランカは5%と、インドは7.3%の予想となっている。 引用元:The dailyobserver 公開日:2018年1月10日水曜日9:43

記事全文

バングラデシュ中央銀行、Bitcoin問題に警告

バングラデシュ中央銀行は、Bitcoinを始めとする仮想通貨の取引について警告を出した。 Bitcoin、Ethereum、RippleまたはLitecoinのような仮想通貨について、世界中の国において法的枠組みがないと言って、そのようなオンラインベースの通貨または暗号通貨の取引を控えるように関係者全員に要請した。 水曜日、バングラデシュ銀行(BB)は、Bitcoinのようなバーチャル暗号化通貨をウェブサイトに公開することで、注意と取引抑制を求めた。通知は、 “バーチャル通貨はどの国でも合法ではないため、誰も通貨による取引に対していかなる権力に対しても財政的要求をすることはできない。”という内容だった。 バングラデシュ中央銀行は、外貨規制法(1947年)、反テロリズム法(2009年)、マネーロンダリング防止法(2012年)において、そのような通貨は許可されておらず、サポートされていないと述べた。したがって、そのような通貨の取引は、既存のマネーロンダリング防止法またはテロ資金規制の意図しない違反に抵触する可能性があるので注意が必要だ。 引用元:The Financial Express Published:  December 27, 2017 20:44:59

記事全文

バングラデシュは現在、職場安全のモデル:ILO(国際労働機関)

外遊中のILOのカントリーディレクターSrinivas B Reddy氏は、多くの国々がバングラデシュの職場安全モデルを再現しようとしていると述べた。 彼は水曜日にILOダッカ事務所で選ばれたグループのジャーナリストと話をしながら発言した。 「アコード、アライアンス、国家イニシアチブによる衣服工場検査の完了と、これらの取り組みの作業を調和させる努力は大きなマイルストーンだった」と彼は語った。 バングラデシュの衣服産業は、アコード、アライアンス、地方自治体による職場の安全向上を活用すべきだと、彼は述べた。 これまで既製服飾部門の問題を解決するための大きな努力が進められており、「バングラデシュのRMG産業は、他のセクターや輸出国の模範と見なされるべきだ」と述べた。 しかし、彼は、これまでの進展が継続されるように、残りの修復活動の完了と政府の強力なモニタリングを行うべきだと強調した。 これに関連して、彼は、修復協調室(RCC)を政府により信頼できる規制当局に格上げすることを主張した。世界のアパレル購入者に自信をもたらすためにこれが必要だと述べた。 引用元:The Financial Express 公開日:2017年12月13日

記事全文
1 2 3 4 19