NBRの動きでオートバイアセンブラへ打撃

バングラデシュ国家歳入庁(NBR)は30%から45%にオートバイ関連部品の補足税を引き上げることを決定した。 バングラデシュホンダ(BHL)の水谷氏は、塗装には高度な能力と技術を必要とするとして、自動二輪車の塗装されていない部品を輸入するための今回の税制引き上げは不当であると述べた。いっぽう当局関係者たちは、この二重対策がオートバイ部品の現地生産を奨励するために課せられたと述べた。 水谷氏は、オートバイの価格は、15,000タカから25,000タカに上昇し、売上減少は避けられないと述べた。 出典:【デイリースター】2015年6月25日付記事

記事全文

インターネットユーザーを2倍にする4Gの展開: Huawei

インターネットユーザーを2倍にする4Gの展開: Huawei

中国有数のICTソリューション·プロバイダー『Huawei』は昨日、モバイルデータ技術の第四世代の展開がバングラデシュでのモバイルインターネットユーザーの数を急速に2倍にする可能性があると述べた。 バングラデシュは、携帯電話やデータ端末用の高速データの無線通信の規格であるLTE、一般的に4GやLTE(ロングタームエボリューション)が浸透するための準備が既に整いつつある。 54の商用LTEのTDDネットワークの中で、Huawei社は、中国、日本、インド、イギリス、イタリア、カナダ、ブラジル、サウジアラビア、南アフリカを含めた、26カ国40箇所をサポートしてきた。アジア太平洋地域は、LTE接続の47%を占めており、これまでで最速のモバイル通信技術開発の現場となっている。 LTE市場の上位国は現在、米国、中国、日本、韓国、イギリスなどである。 業界関係者によると、バングラデシュでは人口の18%しかインターネットを利用していない。しかし、現在活動してるインターネット接続の実数はほぼ倍の数であると示しすデータもある。インターネットデータ消費量は2008年末にわずか2.33Gbpsに過ぎなかったが、2014年12月には毎秒69ギガビット(Gbps)となっています。 ともあれ人口の約82パーセントは、インターネットをまだ体験していない。世界銀行の知識経済指数でのバングラデシュの位置づけは、146カ国中137カ国である。 Huawei社のICT製品は170を超える国と地域で使用され、バングラデシュ国内でも著しい市場シェアを獲得している。 2014年には、Huawei社のキャリア事業の売上高は、モバイルブロードバンドネットワークのロールアウトからの強い貢献により、310億ドルで、全体で16.4%増加した。 出典:【デイリースター】2015年6月26日付記事

記事全文
関連カテゴリ IT

2014年のFDI、4.5%以上ダウン

2014年のFDI、4.5%以上ダウン

国連貿易開発会議(UNCTAD)の2015年世界投資報告書からの報告によると、2014年の外国直接投資(FDI)のバングラデシュ投資額は、15.26億ドルに達したものの、昨年比で4.74パーセントの減少となった。 2013年の15.99億ドルに比べて4.7%以上の減少である、と報告書は述べている。なお投資委員会は、この報告書を既に公開済みである。 出典:【デイリースター】2015年6月24日付記事

記事全文

中国企業、カルナプリトンネル建設作業の実効力を取得中

中国企業、カルナプリトンネル建設作業の実効力を取得中

中国の通信建設会社はカルナプリ川の下に2車線のトンネル建設を実行できるよう取り決めている。中国の建設業者は、そのサービスにより7.06億タカの収益を獲得する見込みだ。 架橋部門では、今日の内閣委員会の経済情勢会議で、会社との商業契約に署名する案を提案。プロジェクトの総支出は、カナダ、日本、中国でのトンネル構築費用より低い、10億ドルほどになる。 カルナプリトンネルを構築するコストは、3つの独立した専門家によって研究された提案によれば、1億367万ドルに到達するだろうといわれている。ちなみに1キロ当たりの総工費用は、カナダのオタワトンネルは143.50万ドル、日本の東京湾アクアラインは3.61億ドル、中国の煙台-大連間トンネルは1.46億ドルだ。 5月23日に行われたハイレベル会合では、価格を始めとする他の問題についても議論され、価格見積りは合意に達した。2011年以前には、チャイナコミュニケーションとそのパートナー、オベアラップ&パートナーズ香港カルナプリトンネルの実現可能性調査も実施された。 トンネルは4年ほどで完成する。政府の調査によれば、トンネルの完成は大幅に交通を円滑化し、交通圧力の既存の橋梁を緩和し、地域の経済成長を促進する。また、計画中の深海港への快適な輸送も実現されるだろう。 バングラデシュでは初めての試みであるトンネルは、ダッカ – チッタゴン、コックスバザールの高速道路網を改善するだろう。将来的にはミャンマー、インドにも延長され、アジアハイウェイ計画にもリンクされる予定である。 出典:【デイリースター】2015年6月24日付記事

記事全文

日本食レストラン いずみ

日本食レストラン いずみ

日本レストラン「いずみ」は、人気のグルシャン(Gulshan)の地域に位置しているにもかかわらず、賑やかで元気のあるダッカ内の静かなオアシスです。 「泉」は、日本語で【噴水】や【春】を意味し、エレガントでモダンなこのレストランでは、ゲストが自宅で食事をすることができる美しい中庭があります。美しい盆栽や、地元の芸術家アシュラフル ハサンさんによる外壁の装飾、岩石庭園 や滝は、本格的な日本スタイルの泉を楽しむことが出来ます。レストランの内部は広々としており、柔らかな照明の元常連客は、寿司、刺身や天ぷらといった馴染みのあるメニューから、串焼きされたホタテや、甘いタレで焼いた新鮮なウナギのような、バングラデシュでは中々食べることのできないメニューまで、様々な日本料理を楽しむことができます。お肉が大好きな方々は、野菜、米、ディッピングソース添えオーストラリア和牛200グラムの、鉄板焼きステーキ和牛をご注文してみては如何でしょうか。 住所: Izumi, House 24C, Road 113, Gulshan 2, Dhaka-1212, Bangladesh お電話:+880 1762 635083 【紹介記事】Bangladesh’s 10 Best Cultural Restaurants: A World of Inspiration Facebook: https://www.facebook.com/izumiBD

記事全文

廃棄物管理設備の改善

2003年以降、日本はいわゆる『クリーンダッカ』を実現するために、ダッカノースシティコーポレーション(DNCC)とダッカサウスシティーコーポレーション(DSCC)が日本の支援を受けて実施された『クリーンダッカマスタープラン』に基づき、廃棄物管理サービスを継続的に改善している。 マチュアリとアミンのバザールの衛生埋立処分場を開発したことで、112台の廃棄物収集車が提供された。また日本は、技術支援を通じてDNCCとDSCC職員のキャパシティ·ビルディングを支援し、あわせてJICAのボランティアが地域社会や学生のための環境教育に従事している。これらの協力を得て、ダッカでの廃棄物の収集量は、1400トン/日(2004)から3300トン日(2014年)に大幅に増加し、同地の衛生環境を改善している。 このたび日本政府は、ダッカ・チッタゴン両都市で150台の廃棄物収集車を展開するため、14億8,600万円にのぼる助成金の支援を提供する。廃棄物の量は、ダッカで1日あたり5,100トン(2014年)から5,700トン(2019年)、チッタゴンでは1,600トンから1,900トンに増加すると推定されている。このプロジェクトは、1日あたり1,800トンの廃棄物収集能力を可能にし、廃棄物の回収率は65%(ダッカ、2014年)から80%(2019年)に、75%(チッタゴン、2014年)から98%(2019年)に上昇することになる。 出典:日本大使館及びJICAバングラデシュ事務所(2015)

記事全文

日本政府のODA提供について

日本政府は、バングラデシュ政府によって行われた要求に基づいて、政府開発援助(ODA)を提供する。日本のODAは、無償資金協力、技術協力及び円借款援助の3種類に分類される。バングラデシュが未だ発展途上国(LLDC)であるという事実を鑑み、日本による援助は基本的に無償資金協力であり、技術協力がこれに付与される。 参考資料:【日本外務省】日本のODAプロジェクト – バングラデシュ無償資金協力案件概要

記事全文

ADB、バングラデシュへの融資倍増

アジア開発銀行(ADB)は、インド、ネパール、ブータンの国を結ぶ接続プロジェクトに優先順位を取り付け、今後3年間でバングラデシュへの融資を倍増する。 バングラデシュは2013年から2015年の間に受け取った26.8億ドルとは対照的に2016年と2018年の間に59億ドルを受け取る可能性がある。会議の中で、ADBは、5つの道路や鉄道など、いくつかの接続のプロジェクトを同定した。 6月15日、4カ国は、旅客、貨物、個人的に車の円滑な輸送のためにティンプーでの自動車協定を締結した。 ADBは南アジアサブ地域経済協力(SASEC)プログラムを通じて、4カ国のそれぞれに進行中の道路の接続プロジェクトを支援する。プロジェクトが進むにつれて、SAARC通路4と8をカバーする完全な輸送ルート、およびアクセス道路、ドライポート(内陸の複合一貫輸送のための載せ替えターミナルであり、道路・鉄道と港湾をつなげて、船荷を積み替えて内陸の目的地に運ぶための拠点)や陸地の税関局などの国境を越えた活動を強化するための施設が含まれる。 SASEC加盟国は、増加傾向の地域の物理的な接続を構築し、続行するための具体的な計画を策定中で、今後5年間、30の優先道路事業は合計80億ドルでBBINエリア内の重要な接続を舗装し、アップグレードするために同定される。 しかし、適切な輸送の円滑化措置を実施する4カ国は、増加した接続性のメリットを最大化するためには重要だ。34の地域プロジェクトでは、ADBのデータによると、バングラデシュは17のプロジェクトに27.2億ドルを受け取っており、銀行は65.1億ドルを提供した。 「南アジアと東南アジアの接続」の研究では、マニラの貸し手は、バングラデシュでは、道路、鉄道、港を介して円滑な接続性を確保するために合計137.6億ドル必要になる、と述べた。 一方、今後3年間のために国家戦略のADBは、今後3年間のプログラムや大規模なプロジェクトを拡大していきたいと述べた。銀行は、エネルギー、電力、農村インフラなどの主要分野に焦点を当て、地域の接続を開発するために鉄道と道路交通ネットワークをサポートしていくだろう。 出典: The Daily Star Bangladesh; 2015.06.23.

記事全文

バングラデシュ鉄道( BR )、336億タカに及ぶ48のプロジェクトを実施

ムディブル・ハク バングラデシュ鉄道大臣は、バングラデシュ鉄道(BR)は現在、同国の鉄道通信システムの更なる発展のため、336億タカに及ぶ48のプロジェクトを実施しており、345億タカは今年度中に改訂年次開発計画における48のスキームのために割り当てられていると述べました。 ムディブル大臣はまた、政府が適した時間を割り当て、その容量を増加させることにより、安全で費用対効果の高い、環境に優しく乗客サービス指向の公共輸送媒体を構築するために、バングラデシュ鉄道に最も高い重要性を与えていると述べた。 出典:【デイリースターバングラデシュ】2015年6月23日付記事

記事全文

バングラデシュ観光業界の可能性

バングラデシュは現在、観光事業からの収益が非常に少ない国です。バングラデシュの観光旅行部門の最新データの不足は、同国の観光旅行の需要状況と可能性の見通しを困難なものにしていますが、次の3つの市場で成長の可能性を見ることはできます。即ち①外国人旅行者の誘致、②自国の中間〜富裕層、そして③海外駐在員です。 2013年の旅行・観光がGDPに占める総額は4,603億タカ(GDPの4.4%)であり、年間6.5%ずつ上昇した場合、2024年には9,355億タカ(GDPの4.7%)に達する見込みです。 2013年の報告書によると、バングラデシュの旅行·観光部門は13あり、28,500の雇用を創出しました。これは総雇用の1.8%で、2015年には4%上昇すると予想されます。 バングラデシュでは、 2013年の旅行·観光部門への投資は1.5%(405億タカ)でした。2014年には更に3.4%上昇する必要があります。 また報告書は、外国人観光客による支出は2014年には7%の成長が期待されていると述べました。2024年は155億タカ、即ち年間5.7%(8.9億タカ)ずつの上昇が見込めるとのことです。 報告書は、ビジネス旅行支出が110.7タカに、2014年には8.6%の成長が予想されると述べ、2024年には1,884億タカ(年間5.5%)の上昇との見通しもあります。 2013年の観光事業のGDPは、外国人観光客の2.2%と比較して、国内旅行が97.8%を占めています。国内旅行の支出は、2014年には7%(3967億タカ)の成長により5.8%上昇し、2024年には更に年間6999億タカに達する見込みです。

記事全文
1 12 13 14 15 16