バングラデシュの観光スポット

庭園と公園 庭園や公園は、観光客のことを考慮しています。観光客は庭園や公園の自然の美しさを楽しむことができます。 Suhrawardy Uddayan:以前はダッカ大学、国立詩人Kazi Nazrulイスラム廟、国立博物館、ダッカShishuパーク、高等裁判所と最高裁判所、バングラデシュShishuアカデミー、カーゾンホールの技術者協会に囲まれたとして知られていますまた、街の魅力的な観光アトラクションであるバングラアカデミーなど。 国立公園:Bhawal国立公園は40キロ離れたダッカの北に土地の16,000エーカーの面積でGazipur地区に位置しています。公園内釣りやボート競技施設を持つ1000メートル長い蛇行人造湖があります。この休養林の主な植物はGarjan(アッサムサル)や動物は小さいトラ、ヒョウ、小さなクマ、サル、ヤマアラシ、キツネやニシキヘビ、トカゲ、多くの地元の鳥を含んでいます。開発されたサービスやレクリエーション設備を備えた環境共生として有望なものが開発されるように、首都から公園の近さは公園にもたらします。 Modhupur国立公園: 1962年に設立され8436ヘクタールの面積の土地を有しタンガイル地区に位置しています。むかし公園は象、水牛、トラ、ヒョウ、クジャクなど哺乳動物の21種、鳥類140種と29爬虫類の残りの部分と今、絶滅危惧種の野生動物が非常に豊富でした。公園は、そのユニークな生物多様性、地元の部族社会の文化遺産や公園の荒野があることで将来の環境共生に対する観光客に非常に適した目標地点のようです。 Kaptai国立公園:ランガマティヒル地区に位置しており、土地の5464ヘクタールの総面積で1999年に設立。緑の丘、広大なKaptai湖、部族文化博物館、Rajbonビハール州、観光複合体の橋が隣接吊るす、Soubolng、Kaptai水力発電プロジェクト、多数のバネならびに部族の人々のユニークなライフスタイル、鹿、象、ジャングルのような野生生物猫、公園でサルなどは、バングラデシュの観光地の一つとして、それを作ったことで、観光客の膨大な数を集めています。 Ramnaパーク:ダッカ最大の公園でレクリエーションする人たちのための木、花、庭園、ウォーキング、ボート、レストラン施設をRamnaグリーンとして知られていて人気があります。植物や樹木の先住民族と外国品種の多くは公園でご利用いただけます。 Himchari国立公園:Himchariに位置していて、コックスバザールの土地の1729ヘクタールの面積で1980年に設立。エバーグリーン、半常に緑の熱帯林は生物種の数が多いと、この地域で発見されています。緑の丘、巨大な海の青波の景色の美しさを備えたユニークな場所と一緒に大きな滝は観光客の膨大な数を引き付ける観光客の天国であると考えられます。 Ramsagar国立公園:約8キロ離れディナージプルの南に、土地の200169.16エーカー以上に拡張されたTejpurでの土地の27.76ヘクタールの面積を持つ有名な観光スポット。それは基本的に国家遺産のいくつかの例外的な歴史的なイベントを負うバングラデシュの最大の人工の水タンクです。タンクはPalashiの戦いの前夜に、それを発掘ラジャラムナスの名にちなんで名付けられました。冬の間の渡り鳥の膨大な数は、訪問者のいくつかのレクリエーションの魅力を追加したこの湖を訪れます。 Baldhaガーデン:ダッカのワリで1909年にザーミンダールナレンドラナラヤンロイチョードリー氏によって設立されたインド亜大陸の部分で最古の植物園の一つ。これは約1500先住民や庭のなかに672種と87科のエキゾチックな植物があります。これらの植物のいくつかは、最後の1世紀の間に、さまざまな国から収集されました。庭は、その植物相や珍しい、エキゾチックな植物種の膨大なコレクションのために有名です。 国立植物園:1961年に設立され、84ヘクタールの総面積でMirpurの国立動物園の東側に位置しています。庭には、ローカルおよび外国の植物約100種のコレクションがあります。約100品種のバラは、100品種にもおよぶ竹の竹藪のなかにあり、ビャクダン(白檀)の品種が異なる希少でエキゾチックな植物の約60種と一緒に庭のいくつかの注目すべきアトラクションがあります。 Sitakunda植物園とエコパーク:808ヘクタールの総面積でチッタゴンのSitakunda、で歴史的に有名なChandranath丘のふもとに1998年に設立、ユニークな自然の美しさ保安林地帯。これは、野生動植物の生息地の開発エコツーリズムを開花し、国内外の科学者のための研究と教育を開発するための有望な敷地です。 Madhabkundaエコ公園: 265.68ヘクタールの総面積で2001年に設立し、MoulavibazarのMadhabkundaにあります。公園はMadhabkundaの滝と地域におけるエコツーリズム、生物多様性の保全と教育と研究の発展を開発する新しいファセット(ハッキリした面)を広げていく周辺の生物多様性を保全するためのエコ公園として宣言されています。 Dulahazraサファリパーク:600ヘクタールの総面積で1999年に設立され、Chakaria近くに位置するエコツーリズムのための有望な公園。訪問者が大きな領域で自由に移動する自然状態の動物を見ることができる素晴らしい公園。 出典:【ASSIGNMENT POINT】

記事全文

歴史的な場所、ショナルガオン

南アジアにおける歴史的に重要であり、多くの観光客がこれらの場所に魅了され、バングラデシュのいくつかの場所があります。ショナルガオンはそのうちの一つです。これは、ベンガルの最古の首都の一つです。この場所はまた、民俗芸術と工芸美術館、Panjpirsとシャーアリアの神社やスルタンGiasuddin(1399から1499 AD)その領域の無傷のまま古代のモニュメントの一つの墓のために有名です。バングラ文学の最初の近代的な詩人 – もう一つはNatore、Dighapatiya、Sagordari、ジェッソールのマハラジャの古いシート、および詩人マイケルModhusudan Duttaさんの出生地です。 Mujibnagar記念、Meherpur – バングラデシュの解放戦争の間に、ここで1971年4月14日に宣言されたバングラデシュの最初の革命政府に捧げ美しい記念。 Trishal、マイメンシン – 私たちの国民詩人カジNazrulイスラムの無数の少年時代の思い出が周りに発見された場所。ノアーカーリでJayagでガンジーASRAMは1946から47のその場所にマハトマ·ガンジーの歴史的訪問のメモリ内に構築され、偉大な魂のユニークな思い出に彼の思想と深い敬意を捧げました。 出典:【ASSIGNMENT POINT】

記事全文

ハシナ首相、バングラデシュの貧困問題について語る

1日、シェイク・ハシナ首相は、バングラデシュの貧困問題について、官公庁をはじめあらゆる団体の努力で目標を達成することを誓った。 ハシナ首相は、「私たちは飢餓と貧困のないバングラデシュを作る必要があります。国の現在の最低貧困率は7.9%である一方、貧困率は22.7%に下がっています。バングラデシュにおいて、貧困からの解放の過去が長すぎたとは思いません。我々は適切に職務を果たしており、またこの問題の解決は私の信念でもあります。我々はすぐに目標を達成することができるようになるでしょう」とバングラデシュのユナイテッドニュースに語った。 ハシナ首相はまた、「私たちがかつてパキスタン共和国の支配下に置かれていたことを忘れてはなりません。我々は国と国民の利益を維持し、その義務を履行しなければならないのです」と述べる一方、現政権の主要な公約の一つは民主化と地方分権の確立であることに言及し、「公務員がさらに改善された市民サービスの提供を通じ、人々の信頼を強化するために誠実に作業を続けることを望んでいる」と述べた。 出典:【NEW AGE】2015年7月1日付記事

記事全文

ADB、バングラデシュへの融資を倍増

ADB、バングラデシュへの融資を倍増

アジア開発銀行は、インド、ネパール、ブータン各国を結ぶ接続のプロジェクトに優先順位を取り付け、今後3年間でバングラデシュへの融資を倍増する。 バングラデシュは2013~2015年の26.8億ドルに加え、2016~2018年の間に59億ドルを受け取る可能性がある。決定は関連省庁の上級職員及び、経済関連の政府高官・ADBカントリーディレクターとの一カ月間の議論を経て、昨日決議された。 議論の中で、ADBは、5つの道路や鉄道など、いくつかのプロジェクトに調印した。 ADBは南アジアサブ地域経済協力(SASEC)プログラムを通じて、4カ国のそれぞれにおいて進行中の道路の接続プロジェクトを支援する。 出典:【The Daily Star】2015年6月23日付記事

記事全文

銀行利益、わずかに上昇

今年上半期、政情不安や貸出金利の引き下げにもかかわらず、バングラデシュのほとんどの民間銀行の売上利益は増加傾向を記録。政情が安定していけば、年末には更なる利益の増加が望める。 統計途中のデータではあるが、民間銀行の最大手イスラム銀行の利益は1〜6月でTk840ルピー(前年比1.45%)に増加。 Pubali銀行は2.94%増加した。 銀行関係者によると、1〜3月間の政情不安が貿易取引に影響を与えたと述べた。大手信託銀行マネージングディレクター、アニス・A·カーン氏は、「銀行は損失の回復に努めており、売上利益は今後6ヶ月で更に上昇する可能性がある」と述べた。 出典:【デイリースター】2015年7月2日付記事

記事全文

ギリシャ危機の影響、バングラデシュ移民にも

ギリシャの国際通貨基金(IMF)への債務延滞が連日新聞の見出しを飾っている。ギリシャ政府は、7月6日まで、すべての銀行を閉鎖していたが、火曜深夜の支払い期限が失効する前に、IMFへの16億ユーロの借金を返済することは叶わなかった。ギリシャ人は衝動買いに走り、スーパーマーケットやガソリンスタンドを空にし始めている。この日も食料品備蓄等の様々な理由で、銀行のATMから60ユーロを引き出すため、人々は行列をつくっていた。 アジアの労働者のうち、バングラデシュ人はギリシャで多数働いている。現在ギリシャには約20,000人のバングラデシュ人が滞在しており、今回の金融危機の影響は免れない。 出典:【The Financial Express】2015年7月1日付記事

記事全文

Baidu、32億ドルを投資

中国のトップインターネット検索エンジンBaidu社は、Nuomiなどのオンライン·オフラインサービスに今後3年間で200億元(32.2億ドル)を投資すると発表した。「今Baiduは帳簿上現金で500億元以上持っている」と、CEOのロビンリーは新聞にコメントしている。 出典:【REUTERS】2015年6月30日付記事

記事全文

原子力発電プロジェクト、初期コスト倍増か

2015年11月に予定されている契約締結を前に、ラプール原子力発電所の初期投資の見積り額が倍増する可能性がある。関係者によれば、ロシアのアトムストロイエクスポルト*側からの請求により、一次工事の費用は契約初期の5億ドルから、2倍の9.55億ドルまで跳ね上がるおそれがある、と懸念されている。 2013年1月に国家輸出信用契約に署名した後、一次工事のコストは推定5億ドルから5500万ドル増加した。アトムストロイエクスポルト側が5億ドルで全体の主要な作業を仕上げることになっていたが、パーブナにあるプロジェクト用地を開発するため、更に4億ドルの要求がなされた。 *アトムストロイエクスポルト……ロシアにおける主要原子力発電所建設企業のひとつ。1998年核関連機材の輸出サービスに関する独占企業として、「アトムエネルゴエクスポルト」社と「ザルベージュアトムエネルゴストロイ」社を合併・編成される形で創設された。 出典:【NEWAGE】2015年7月1日付記事

記事全文

モバイルユーザー、5月に1億2500万人に到達

携帯電話の新規利用者は、5月だけで12万以上増加し、バングラデシュ国内での携帯電話加入者は1億2,500万人に到達した。 バングラデシュ電気通信規制委員会の最新のデータによると、5月に全携帯電話加入者は1億2,590万に達した。大手携帯電話事業者グラミンフォンの総加入者数は5,280万で、多い月では一ヶ月に最大48万5,000件の新規加入者を得た。バングラリンク社*の加入者数は3,210万人、Robi社は2,710万人、Airtel社は85万人に達している。国営企業Teletalk社は41万6千の総加入者数を誇り、ひと月に平均65,000人の新規利用者を獲得している。Citycellは2万3千人の顧客数マイナス。 バングラデシュ携帯電話市場は2003年に急速に成長し始め、モバイルユーザー・携帯電話ユーザーの数は、2009年に5千万人にのぼり、2013年4月には1億に到達した。 バングラリンク社……1989年設立、バングラデシュ業界2位の携帯通信サービス会社。 出典:【NEW AGE】2015年3月30日付記事

記事全文
関連カテゴリ IT

バングラデシュのスラム、17年間で4倍に増加

農村部の人々が都市部への移住を余儀なくされていることに伴い、バングラデシュのスラムの数はここ17年間で4倍以上に拡大している。 バングラデシュ統計局の最新の人口調査レポートによると、スラムの数は、1997年の2,991件から、13,943件に増加しており、国勢調査報告書によると、居住者数は4倍に増加している。 スラム居住者は、国の都市人口比率の6.33%を占めている。ダッカ南部及び北部のスラムの数は、1997年に1,579から3,399に上昇しており、これは主に、自然災害を受けた農村部の住民の耕作地の放棄や、居住地移転のためである、と国勢調査の報告書は記述している。 報告書によると、国のスラム居住者の87%は、住む場所を持たず、スラム街に避難している。4月に行われた国勢調査は、農村部の人々の都市への移行と、スラム街に避難の背後にある、主な6つの理由を特定した。 全体の約半数にあたる50.96%は「求職が目的」であり、「貧困によりやむを得ず移住した」が28.76%。また「河食被害」が7.04%、「生活不安」が2.15%、「大規模自然災害」0.84%。その他の理由は約9.41%だった。 国勢調査報告書はまた、多くのスラム居住女性の背後にある主要な要因が、離婚問題であると指摘している。 出典:【NEW AGE】2015年6月30日付記事

記事全文
1 12 13 14 15 16 19