UAEへの人材輸出3ヶ月以内に再開

引用元:FEオンラインレポート|公開日:2018年4月23日17:39:54 アラブ首長国連邦(UAE)は、今後3カ月以内にバングラデシュ人労働者を募集すると、月曜日にヌール・イスラム外国福祉大臣が発表した。 彼は、ダッカとアブダビの間で締結された最近の取引について、市のプラバシ・カラン・バンバンでの記者会見の席で述べた。 契約によれば、アラブ首長国連邦(UAE)は19のカテゴリーで国内の補助部門の労働者を雇用する。 カテゴリーとしては、家庭教師、民間船員、警備員、羊飼い、運転手、鷹匠、家政婦、料理人、乳母、家庭労働者、農家、庭師、私的コーチ、農家、私的看護師、駐車場労働者等がある。 ヌール・イスラム氏はまた、湾岸諸国は、資格のある人材採用者を選び、彼らの国に労働者を連れて行くと述べた。 しかし、閣僚は、労働者の送付プロセス、移住費用およびその他の関連問題を確定するために、すぐに共同作業委員会が結成されると述べた。 「政府からの発表の前に、労働者は人材採用担当者と契約を交わすべきではない」と彼は指導者に助言した。 2012年以降、アラブ首長国連邦はバングラデシュの人材派遣を中止したが、政府はアラブ諸国の権威と交渉し、今回再開の運びとなった。 バングラデシュ政府代表として署名した外国福祉長官ノミタ・ハルダーは、一部のバングラデシュ人労働者がUAEの犯罪活動に関与していると報道した。 アラブ首長国連邦(UAE)は、違法行為を理由にバングラデシュから労働者を派遣することを遅らせている、と彼女は言った。 人材雇用訓練局(BMET)によると、230万人以上のバングラデシュ人民が、1976年から2018年3月までの間、石油で潤う国の雇用に恵まれた。 BMETのサリム・レザ(Salim Reza)長官は、ブリーフィング中に他の高官の中にいた。

記事全文

バングラデシュセミナーのご案内

JBBCグループでは、今年3月にダッカにおいてコーヒーショップ「Creme de la Creme」をオープンしました。 また昨年は、日本車販売・修理の「バロガリ」事業を立ち上げました。 これらの進出事例を絡めて、現状のバングラデシュ進出の状況についてのセミナーを開催します。         日時:2018年4月27日(金)17:00〜18:30 会場:東京都豊島区東池袋1−20−2 池袋ホワイトハウスビル3階会議室 会費:お一人様3,000円 ご参加お待ちしております!

記事全文

2018年度のバングラデシュ経済は7.0%成長:ADB

引用元:FEオンラインレポート 公開日:2018年4月11日 アジア開発銀行(ADB)が最新の予測(ADO-2018)を発表した。 同予測によると、バングラデシュ経済は今年度(2018年度)7.0%成長する見通しだ。 マニラを拠点とする国際的なレンダー(貸し手)組織も、18年度に年率6.10%のインフレ率に達する可能性があると予測した。  労働者送金は回復しているが、消費需要が鈍化しているため、2018年度のGDP成長率は7.0%程度になると予想されている。 「送金受取人は、近年送金が減少した際に発生した借金を返済し、支出に慎重になる可能性が高い」と付け加えた。 バングラデシュ統計局(BBS)からはこの2週間に、GDPが今年度の7.65%増加するとの仮推定が示された。しかし、世界銀行は、BBSの推計と大きく異なり、成長率は6.50%になると予想している。 ADBは、現在のバングラデシュ経済の動向を分析すると、民間投資は緩和的な信用政策の支援を受け、公共投資は当局がインフラ・プロジェクトの実施をスピードアップするために拡大するだろうと指摘した。 また、ADBは、バングラデシュのGDP成長率を来年度(FY19)に7.2%と予測している。

記事全文

大統領がパドマ橋建設現場を訪問

引用元:The Financial Express 公開日:2018年4月2日20:20:30 |最終更新日:2018年4月2日21時36分56秒 アブドゥル・ハミド大統領は、月曜日にムンシガンジとシャリアットプルのパドマ多目的橋梁プロジェクトの建設現場を訪問した。 UNBによると、大統領は国土交通省のカンドカ アナワル イスラム橋梁部門上級書記からブリーフィングを受け、現在の政府によって資金を調達されたこのメガプロジェクトの様々な活動について知った。 この待望のプロジェクトが、今年3月末までに全体の53%がすでに完了していると聞いて満足している。また、すべての関係者に感謝し、国の感情、夢と可能性が待望のパドマ多目的橋と密接に混合していると述べた。 この橋はまた、地域貿易を促進し、産業および商業活動を促進し、経済的および雇用機会を増やすだろう、と彼は付け加えた。 オバイドル・クアダー大臣、サグフタ・ヤスミン・エミリー議員、クンティ・ダス議長、B.M.アワミ連盟のAKMエナムル・ハケ・シャミムのムザンメル・ハケ、および上級官僚がハミド大統領に同行した。

記事全文

パイロットがネパール空港から「間違った信号」を受け取った:US-Bangla CEO

引用元: FEオンラインデスク|公開日:2018年3月12日21:01:45 | USバングラ航空のイムラン・アシフ最高経営責任者(CEO)は、トリブバン国際空港の航空管制塔からの「間違った信号」が飛行機の墜落につながった可能性があると疑っている。 同氏は、12日の夜、飛行機事故の被害者の身元について、ダッカのメディアに説明をしながら、この声明を出した。 報道によると、約50人が死亡した。 bdnews24.comによると、カトマンズでの治療を受けている16人の生存者を特定できると同氏は述べた。 同氏は、パイロットと空港の航空管制官(ATC)との会話で、ATCがパイロットに「間違った信号」を送ったことが示された。 「今は誰も告訴していない。我々はそれがクラッシュにつながった可能性があると考えている」と彼は言った。同氏はまた、会話はYouTubeで利用可能だと述べ、クラッシュ前に何が起こったのかを聞かせるようメディアに促した。  

記事全文

ネパールでUSバングラ機が墜落、50人が死亡

引用元:The dailyobserver 公開日:2018年3月13日(火曜日)12:00 AM 71人を乗せたUSバングラ航空機がネパール・カトマンズのトリブバン空港で墜落、炎上し、バングラデシュ人とネパール人を中心とする少なくとも50人が死亡した 「我々の情報によると、乗客乗員のうち45人が死亡、10人が行方不明になっていると、外交問題担当国務長官Shahriar Alamがジャーナリストに語った。 しかし、ロイターとAFPは、犠牲者数をそれぞれ50と49とし、Bombardier Dash Q400シリーズ航空機の燃え尽きた残骸から数人が救助されたと伝えた。 「これまでに50名の遺体を回収した」クル・バンダルリ軍報道官はが述べたとロイター通信は伝え、AFPは40人が現地で死亡、9人がカトマンズの2つの病院で死亡し、22人が病院で治療を受けていると伝えた。 ネパール当局は現場での救助活動のために軍隊を派遣したが、彼らの広報担当者は、「飛行機がひどく燃えていたため、救出活動は困難であった」と述べた。 飛行追跡ウェブサイトFlightRadar24は、飛行機が着陸中に滑走路から外れ、トリブバン国際空港の滑走路の東にあるサッカー場に、現地時間2:20(2:50BST)、飛行機が墜落したと伝えた。 The Sweden-based monitorは、この飛行機は機齢17年のBombardier Dash 8 Q400ターボプロップだと伝えた。 テレビでは、黒煙が立ち上る墜落現場へ救急車が向かう映像が流され、ネパールのメディアは、ネパールの唯一の国際空港に出入りするすべての便が事故後何時間も欠航を余儀なくされたと報じた。 一方、ネパールのバングラデシュ大使館は、墜落した飛行機の負傷者17人がネパールの異なる病院で治療を受けており、ホットラインが開設され、いかなる情報でも2人の大使館担当者と連絡ができると付け加えた。 担当者はカウンセラーのMohammad Al Alamul Emamと、第一秘書であるAsit Baran Sarkerであり、携帯電話+9779810100401と+9779861467422を持っている。 ダッカのUSバングラ関係者によると、同機はは67人の乗客と4人の乗組員が乗り、ダッカからカトマンズへ向かっていた。33人がネパール人で、36人がバングラデシュ人であった。残りは一人がモルディブ人で、もう一人が中国人である。 バングラデシュのゼネラルマネージャー、カムルール・イスラム氏によれば、同社は8つの航空機を持ち、7つの国際空港に就航するバングラデシュ最大の民間航空会社であると述べた。 USバングラ航空のイムラン・アシフ最高経営責任者(CEO)は、事故原因を調べる上で最も重要な装備となるフライトレコーダーやブラックボックスが回収されたと述べた。 バングラデシュの民間航空局(CAAB)の副大臣M ナイム ハッサンは、メディアブリーフィングで、医師を含む3人の調査委員会を構成したと報じた。「ネパールの民間航空局と常に連絡を取り合っている」と述べ、バングラデシュの軍隊、海軍および空軍は、カトマンズの救助活動に必要とされる場合、いつでも派遣する用意があると付け加えた。 一方、カトマンズの空港当局は、飛行機が着陸する滑走路の上で、航空管制官とパイロットとの間に混乱が生じた可能性があると述べた 。 トリブバン空港のゼネラルマネージャー、ラジ クマール シェトリは、飛行機が着陸する許可を受けた後、操縦士は北方向に行きたいと言った。コントロールタワーから何か問題があるのかとの問いかけに対し、彼は否定的に答えた。 その後、飛行機は北東方向に2周回していたとシェトリ氏は話した。交通管制官は、状況が良かったかどうかパイロットに再度尋ね、彼は「はい」と答えた。 コントロールタワーはパイロットに位置が正しくないと言ったが、返事はなかった、とシェトリ氏は言った。 しかし、USバングラ航空のCEOは、コントロールタワーからの混乱した指示がクラッシュを引き起こした可能性があると疑っている。 一方、航空事務所のブリーフィングで、災害管理大臣のムハザル ホセイン チョードリー マヤは、パイロットアビド サルタンが危機を乗り切って生き残ったと述べた。 「バングラデシュは、ネパール当局にすべての協力を拡大して調査を実施している。その調査により事故原因が私たちの一部(USバングラ航空会社)かネパールの航空局にあったか分かるだろう」とマヤ氏は言った。 生存者の1人、ネパールの旅行代理店バサンタ ボホラは病院のベッドから、ダッカからの通常の離陸の後に彼が経験したことを述べたが、飛行機はカトマンズに近づくにつれて不思議な行動を起こし始めた。 ボホラはカトマンズポストデイリーに語った。「急に飛行機が激しく揺れ、大きな音がした。窓の近くに座っていたので、窓から飛び出すことができた。 一方、国際メディア報道によれば、近年、ネパールでは数多くの航空災害が発生し、主に不適切なメンテナンス、経験の浅いパイロット、標準以下の管理など、航空安全性の弱さが観光業界に打撃を与えている。 1992年にはタイ航空機がカトマンズで着陸事故を起こし、全員が死亡。その2年後にはツイン・オッターのターボプロップ機がネパールの山岳地帯に墜落し、23人全員が死亡した。 その2日後、小さな旅客機が丘の中腹に墜落し、2人のパイロットが死亡した。

記事全文

イスラム金融の預金14.15%増

引用元:the Financial Express  FEオンラインレポート|公開日:2018年2月21日13:26:50 バングラデシュ銀行の最新統計によると、同国のイスラム金融の総預金残高は前年に14.15%増加した。 これはイスラム金融専門銀行および通常銀行のイスラム金融支店、イスラム金融窓口にあるイスラム金融全体の預金残高であり、2016年12月末には1兆8,764億タカであった。それが2017年12月末には2兆1,425億タカとなった。 現在、バングラデシュのイスラム金融は、8つのイスラム金融専門銀行、9つの通常銀行の中で19のイスラム金融支店、25のイスラム金融窓口で構成されている。 バングラデシュ銀行のデータによれば、the Islami Bank Bangladesh Limitedが2017年末において預金シェア35%と、最大シェアを占めている。続いてFirst Security Islami Bank(14%)、 Al-Arafah Islami Bank(12%)、Exim Bank(11.90%)、Social Islami Bank(9.40%)、Shahjalal Islami Bank(6.80%)、Union Bank(5.32%)となっている。 さらに、全銀行の中で、イスラム金融支店は、業界全体の預金総額の2.74%を占め、イスラム銀行窓口(2.20%)とICBイスラム銀行(0.53%)が続いた。

記事全文

イスラム開発銀行がローコスト住宅向けに94.7百万ユーロを融資

引用元:The financial Express 公開日:2018年2月20日13:41:30   イスラム開発銀行(IDB)は最近開催された取締役会で、バングラデシュ郊外向け融資を承認したと、経済関係部門の関係者がbdnews24.comに語った。 「我々は首相からIDBとの合意を確定するための許可を求めた。合意に至るとすぐに調印される」「この契約は、4月1日~5日のチュニジアで開催されるIDBの年次会議で署名される可能性がある」と彼は述べた。 1月7日、IDBはアマ・ムヒス(AMA Muhith)財務大臣に対し、2件のプロジェクトについて約束した1億7550万ドルの借入金の撤回についての書面を送った。 2件のプロジェクトとは、前払い計量システムプロジェクト1億5550万ドル、低所得都市コミュニティプロジェクト2,000万ドルである。撤回の理由は、銀行のAAA信用格付けを維持するためであり、各プロジェクトの実施に予想以上の時間がかかっているため、決定が下されたと述べた。 IDBは、ローン撤回を理由に書簡を送った後に開催された第1回理事会で、バングラデシュに融資を付与したとERD関係者は述べた。 この9,470万ユーロのプロジェクトは、郊外や地方の低所得者のための住居施設を建設し、生活水準を向上させることを目的としている。 政府は2%の利率で18年以内に8510万ユーロを返済する必要がある。それには2年間の猶予期間があある。残りの9.33百万ユーロは25年1.35%の利率で、7年間の猶予期間がある。

記事全文

バングラデシュは4G時代に

引用元:the dailyobserver 公開日:2018年2月19日(月曜日)午後10時17分         3つの携帯電話事業者が2月19日の夜から同国で4G携帯電話サービスを展開したため、バングラデシュはデジタル接続の時代に入った。  彼らはバングラデシュの電気通信規制委員会(BTRC)からライセンスを取得した直後に、ダッカ、チッタゴン、クルナ、シルデットの都市で4Gサービスを開始した。シャジャハン・マフムド(Shahjahan Mahmood)BTRC会長から、携帯電話事業社4社(グラミンフォン、ロビ、バングラリンク、テレトーク)の最高経営責任者に対して、ダッカ・クラブのバングラデシュ移動体通信事業者協会(AMTOB)で、ライセンスが渡された。4事業者はまた、技術中立性と無線通信装置のライセンスも受け取った。携帯電話会社は、他の主要都市や都市でも高速インターネットサービスを開始する。  ムスタファ・ジャバル(Mustafa Jabbar)氏は、4Gサービスの立ち上げがこの国にとって画期的なものであると指摘し、政府のサービスは携帯電話を通じて人々の玄関口になると語った。また人々が4Gサービスで恩恵を受けることができるように携帯電話事業者にサービスを改善するよう促し、彼はBTRCに4G SIM交換のためのTk 110の課金が妥当であるかどうかを調べるよう指示した。BTRCの会長は、4Gサービスの立ち上げは画期的なステップであり、インターネットのスピードが大きく向上すると述べた。  BTRCは2月13日より、移動通信事業者に新しい周波数帯域を割り当てるための入札を実施した。この入札により政府は526億タカの収入を得た。バングラリンクは、異なる2つのバンド(2100と1800)から10.6 MHz帯域を獲得し、255億タカで購入、グラミンフォンは1800バンドから5MHzを128億タカで購入した。ロビはそれと同じ帯域を購入せず、エアテルを統合した。テレトークはすでに4Gサービスを開始するのに十分な帯域を持っていた。  政府はまた、グラミンフォン、バングラリンクとロビの3つの事業者から技術中立料金として別に85億タカを徴収した。そして全体の付加価値税として 528億タカの収入があった。  なお入札にはテレトーク、シティセル、バングラリンク、グラミンフォン、ロビが参加したが、 シティセルはオペレータライセンスを失ったため許可されなかった。 UNB / SU

記事全文

ホンダ、今年バングラデシュでバイクを製造

引用元:The Financial Express 公開日:2018年2月13日18:43:03 ホンダ・モーター・カンパニー(Honda Motor Company)は、国営バングラデシュ・スチールアンドエンジニアリング・コーポレーション(BSEC)とのジョイント・ベンチャーで、今年オートバイを生産する予定である。 合弁会社「バングラデシュホンダプライベートリミテッド」は、同国にオートバイの組立工場と製造工場を設立している。 アミール・ホセイン・アム(Amir Hossain Amu)産業大臣は、「オートバイのスペアパーツは、共同出資や産業省の工場で生産される」と述べた。大臣はダッカの省庁事務所でバングラデシュのホンダプライベートリミテッドの代表団と会談し、火曜日にプレスリリースした。 「政府は、特に現代の技術を基盤とした工業を中心に、製造業を育成するためのあらゆる種類の政策支援を拡大する」「それゆえにバイク業界に対しても、税制優遇措置を含むすべての便宜を受けることができる」と述べた。 この会談にはホンダ・モーター・カンパニー・リミテッドのムハマド・アブドラ最高経営責任者(CEO)、ホンダ執行役員安部典明氏、アジア・大洋州本部地域事業企画部長村山朗氏、バングラデシュホンダ社長石井祐一朗氏らが出席した。 会談では、オートバイ業界の発展のための政策支援や二輪車のスペアパーツ生産を含む多くの問題について話し合われた。計画では、初年度に100万台のオートバイを生産する予定であり、 5年目には、生産を300万台に増やしたいと考えている。

記事全文
1 2 3 19