米国、バングラデシュが先駆的役割モデルになることを期待

米国務次官補のアリス・ウェルズは、バングラデシュが発展の先駆的な役割モデルになることを期待し、近い将来、米国からの投資を強化するだろうと、首相のエネルギーアドバイザー、タウフィク・エ・エラヒ・チョウドリーに電話した際に述べた。

「彼女はバングラデシュを適度なイスラム国家として賞賛し、開発分野における先駆的な役割モデルとなることを期待している」と首相顧問との会談に精通している関係者は述べた。

同関係者は、ウェルズ氏は、「ドナルド・トランプ大統領がインド洋沿岸諸国との関係を強化する意思がある」としながら、近い将来バングラデシュへの米国の投資拡大が二国間関係を拡大することを望んでいると述べた。

国務省の南アジア・中央アジア問題担当者であるウェルズ氏は、同地域訪問の一環として、ダッカに初めて訪れた時に、首相室の顧問を呼び寄せ、バングラデシュのエネルギー分野における実績が特に評価され、この進展によりゼネラルエレクトリック社のような米国の企業は電力分野への投資に関心を示していると述べた。

一方、チョードリー氏はウェルズ氏の協力を得て、米国Accelerate Energy社は海外からのLNGガスを供給するために浮遊式ステーションの設置を完成させようとした。

チョードリー氏は、ウェルズ氏に、シェイク・ハシナ首相の下で、バングラデシュはすべての開発指数で成功を収め続けたが、2009年に就任して以来、エネルギー部門だけで発電能力を3倍にしたと語った。これにより2009年には人口の40%しか電力供給を受けていなかったが、80%となった。

引用:the dailyobserver,29,Aug,2017

カテゴリ記事