マレーシアの法的外国人労働者1,788万人のうちバングラデシュは3番目

マレーシア国営通信会社であるベルナマは、630日現在におけるマレーシアの法的外国人労働者は約178万人(1,781,598人)であると報じた。

 

移民局の記録によると、そのうちインドネシアの労働者は728,870人で、次いでネパール(405,898人)、バングラデシュ人(221,089人)、ミャンマー国民(127,705人)の順でトップ3を占めた。以下、インド114,455人、パキスタン(59,281人)、フィリピン(56,153人)、ベトナム(29,039人)、中国(15,399)、タイ(12,603人)、スリランカ(5,964人)、カンボジア(5,103人)、ラオス (39人)と続く。

引用元:Financial Express,Tue,01 Aug 2017

カテゴリ記事